おのえ椅子製作所 onoechairのblog

兵庫県加古川市でオリジナル家具、オーダーメイド家具、椅子のデザイン、制作をしています。お客様のご希望に合わせて、デザインから設計、製造まで全ての工程をやっております。 ペーパーコード の張り替えはYチェア12000円 JLモラー社は、18000円 修理は5000円から。過去の事例はタグ→リペアもしくは修理からご覧頂けます。 ご予算に合わせて制作いたします。 機械では決して作れない人の手でしか生み出せない美しい有機的なラインの家具を、魂を込めて一つ一つ作っております。 作品は、ブログのカテゴリ→商品一覧、商品等で閲覧できます。 製作工程はfbでもご覧いただけます。 商品や、見積もり、工房見学等のお問い合わせは、お気軽に 🌿eisukeonoe@gmail.com にご連絡ください。 ☘️onoe@onoechair.comのメルアドは現在使えませんのでご注意を‼️‼️ アクセス 675-1224 加古川市平荘町上原27−1

2018年03月


昨日、打ち合わせで行った、納屋カフェ かえもんのマスターの101Jがあまりにも良い色落ちだったので、今日は出勤にマイ60s~70sの101Jでお出かけ。20年来の相棒。

IMG_2817

裏側と胸ポケットのタグで年代判定できます。うちのは60年代後半から70年代の移行期のもの。

IMG_2834

IMG_2835



これは東京の映画の学校に行ってた時、美術コースの友人が着てたのを格安で(確か1万くらい)譲ってもらったもの。彼は当時から洋服好きで、それから約20年後、水曜日のダウンタウンで、数珠繋ぎ6人で誰の電話番号にでもたどり着ける説で、なんとスタイリストとして出ておりました。世間は狭い。
 月亭方正やライセンスを担当してるそうな、、、

いたるところに春の訪れが。
IMG_2818

お見事!
IMG_2819
IMG_2820
IMG_2821
IMG_2822

さあ、いよいよ引き出しの加工に入ろうかと思いきや、大家さんからお花見するから一杯のみにいらっしゃいとのお誘いが、、、
IMG_2823
IMG_2825
IMG_2826

なんと贅沢な景色。
IMG_2829

桜のアーチ、ほとんど人に知られてないのかほぼ貸切状態!
IMG_2830

いっぱいだけのつもりが、どんどんビールつがれ、日本酒まで飲むことになり、今日は仕事はおやすみし、(お酒なんか飲んですると指が飛んでしまう)アルコール抜けるまで仮眠とってから帰りました。
IMG_2832
 

座っ展 2018出展します。うちからは3脚展示予定。兵庫の作家さんがそれぞれ数脚づつ出して、来場者に自由に座ってもらうイベント。


IMG_2570

庭の水仙も見頃

IMG_2771

IMG_2774

ユキヤナギも満開。
IMG_2777
IMG_2779

引き続き、引き出し収納の墨付け。シビアな作業。ほぼ設計図と同じといっても過言ではない重要な工程。

IMG_2780


うちの工房横の桜も8部咲き。花見客もちらほら。人少なくて穴場です。
IMG_2781
IMG_2782
IMG_2783
IMG_2785
IMG_2792


午後から、お客様と打ち合わせに、小野のかえもんさんへ。お尻がすでにキュートな、マスターのタイプ3。
fullsizeoutput_9e0
IMG_2797

薪ストーブと、ロッキングチェアはよく似合います。
IMG_2798

マスターに、おすすめ頼むと、今日はブラジル。とてもまろやかで飲みやすい。
お客様はコーヒーの違いがよくわからないらしい(笑)
IMG_2800

このコーヒーに合うお菓子もお任せで頼むと、この蜂蜜の焼き菓子が、、、、

確かに絶妙なハーモニー。

椅子はお客様が作家さんなので、作業に使うため、実際サンプルと、高さ調整できるように、薄く切ったベニヤ数十枚お渡しし、検討してもらうことにしました。
IMG_2801

小野の桜もほぼ満開。
IMG_2803IMG_2805

うちのご近所さん、喫茶 BASSさんの大きな桜も見事。うちの工房はこの通りの一番奥です。
うちはshopではないのですが、見学は随時可能(出てることも多いので、事前連絡いただければ確実です)

椅子は工房は狭いのと、木の粉が舞うため、自宅にあります。連絡いただければいつでも見ていただけます。
IMG_2806
IMG_2807

明日が満月なので、ほぼまん丸お月様。
IMG_2808

反対側は美しい瀬戸内海の夕日。
IMG_2809
IMG_2810
IMG_2811
IMG_2814


無事接着完了し、最終チェックしながら研磨。

IMG_2743

オイルはナチュラル安心なオスモ。
IMG_2742

IMG_2744

耐水ペーパー400#でオイル研ぎ。すべすべになります。
IMG_2745
今回は脚の角度をやや立て気味に設計してあります。

なぜか?お客様が小さなお子様3人。全て男の子だから。それでなくても構造的に、荷重不可一番かかる後ろ脚が一本なので、角度は立てるほど強度というよりほぞの耐久性は増します。
IMG_2746
IMG_2747
IMG_2748
IMG_2749
IMG_2750
IMG_2751
IMG_2755
IMG_2757

うちの前の桜も7部咲き。
IMG_2758
IMG_2759
IMG_2760
IMG_2761

ストップしてた4段引き出しの墨付け。なかなかシビアな寸法精度、気を使います。
IMG_2763
IMG_2764
IMG_2765

納品完了!
IMG_2767


IMG_2769






ロージーカフェにてモーニング。だいぶん焼けて来ていい感じになって来たトガの建具。吊り下げタイプなので取り付けに苦労しました。

IMG_2565IMG_2566

相変わらず美味しいです。今日はチーズサンドのモーニング。
IMG_2567

イブキヤさんから、良いのみ何かないですか?との問い合わせで、この播州三木のノミ紹介しました。
一万円弱でよく切れて、長切れします。

IMG_2568

ゴールデンウィーク、座ってん今年も出展します。兵庫の木工作家が椅子のみそれぞれ数点展示し、来場者に実際に座っていただくというもの。今年は展示だけでなく、気に入れば購入も可能にするみたいです。私、当番で最終日に1日中います。
IMG_2570

ychairの塗装も劣化してるので、オイルと蜜蝋塗っておきます。

かなり白っぽくなってるところとか、乾燥気味な箇所があり、全体に刷り込むように塗って行きます。
IMG_2571

IMG_2573

before
IMG_2532
IMG_2533

after

白っぽいところも、イブキヤさんの北欧土産のチークオイルで完全復活。メンテはサービスです。
IMG_2574

良い。新品も良いけど、オークのこの焼け具合が素晴らしい雰囲気醸し出しております。
IMG_2575

朝一で届いた、デンマーク製パーパーコード。 ychairは3ミリ。アンレースタイプ。
IMG_2576

メンテ前はシミも多い。
IMG_2577
IMG_2578


after

IMG_2579

裏側、一切の妥協なし、一本でも編み間違いあるとやり直し。
IMG_2580
IMG_2581
IMG_2582

無事納品完了。喜んでいただけてなりよりです。
IMG_2583

Yチェアは編み始めると、休憩入れない。一定の、リズム、いい程のテンポが非常に大事。

ゆえに15時すぎ、かえもんさんにて遅めの昼食。スコーン食べようと思ったら、カレーもやってたのですね。裏メニューでしょうか?美味でございます。

来るときにチンクエチェントとすれ違い、入って数分で古いミニ(今のは全然ダメ、フィアットも現行は悲しいレベル)のマスターの先輩が入って来るという、おしゃれさんが集まるお店。
IMG_2584


ファーヤーキングのカップ。なんと40年代だそうです。今だと一つ1万円以上するのだそうです。
IMG_2585

イブキヤ井上さんの北欧土産、チークオイル。今回 ychair塗装はがれと、経年劣化で焼けてる部分の色の差が激しかったので、濃い目のこのオイルがメンテにぴったり。
IMG_2586

次は4段引き出しと並行して、シューメーカーチェアの制作。今回はお客様が、sh470-490
素材はビーチを指定。
IMG_2587
IMG_2589

この穴の角度、精度が命。
IMG_2590

足は旋盤で削り出し。
IMG_2591


今日も食後は福富錦さんの冷酒。
IMG_2526

IMG_2592

↑このページのトップヘ