おのえ椅子製作所 onoechairのblog

兵庫県加古川市でオリジナル家具、オーダーメイド家具、椅子のデザイン、制作をしています。お客様のご希望に合わせて、デザインから設計、製造まで全ての工程をやっております。 ペーパーコード の張り替えはYチェア12000円(税別) J.L.moller社製は18000円(税別) 修理は5000円から。過去の事例はタグ→リペアもしくは修理からご覧頂けます。 機械では決して作れない人の手でしか生み出せない美しい有機的なラインの家具を、魂を込めて一つ一つ作っております。 リンク先のおのえ椅子製作所のホームページは現在新しく改装中。 もう暫しのお待ちを 作品、価格は、ブログのカテゴリ→商品一覧、商品等で閲覧できます。 製作工程はfbでもご覧いただけます。 ご予算に合わせて、デザインから設計から一貫して制作いたします。 商品や、見積もり、工房見学等のお問い合わせは eisukeonoe@gmail.com または onoe@onoechair.comにご連絡ください。

2018年05月

仕上げはドイツのミツロウ

IMG_4985

塗装は2度塗り

IMG_5033

その上に3度目はコーティーング系の塗装。
IMG_5034

仕上げにやっとミツロウ。
IMG_5041
IMG_5048
IMG_5054
IMG_5056
IMG_5057
IMG_5064
IMG_5065
IMG_5067
IMG_5068
IMG_5069
IMG_5075
IMG_5076

いつもは納品にお伺いすることが多いんですが、はるばる明石から引き取りに来てくださいました。

小柄な奥様と、旦那様にもフィットするようにヘッドレスト含め設計してあります。


サイズw660 d685 sh350 h1050  

素材たも、杉、座面イチョウ。

価格178000円(税別)

揺れ具合の動画はこちらその1(塗装1回目なのでまだ色薄め) その2
IMG_5077

複雑難解な図面も見納め。設計は得意なのです。
IMG_5078IMG_4723
IMG_4722
IMG_4721


所用あり市役所の紫陽花。もう紫陽花の季節。三木の金剛寺が紫陽花の名所。
IMG_5079

珍しい、ソテツの花。
IMG_5080




2回目の塗装



IMG_4933

完璧な仕上がり。

IMG_4936

IMG_4937

IMG_4939


IMG_4941
IMG_4942
IMG_4943

設計の参考にお借りしてたロッキングチェア返却するため積み込み。
IMG_4944

セカンドシート倒れるのです。
IMG_4945

IMG_4947


神戸新聞さんが再来訪。写真のためだけにまた来てくださり、いろいろ撮ってくださいました。来月掲載予定。
IMG_4948
IMG_4949
IMG_4950



IMG_4951
IMG_4954

椅子返却後、着色を定着させるためと、コーティング用に3度目の塗装。2液性。
IMG_4955
IMG_4956
IMG_4957
IMG_4959
IMG_4960

今回のロッキングチェアはシンプル。
IMG_4962
IMG_4963
IMG_4964
IMG_4965

一切の妥協なし。
IMG_4966

天然系の成分がメインですが、しばらく臭いが残るので、明日の納品のためにお香で臭い消し。白檀系の香り。
IMG_4967

インドのお香。
IMG_4968

明日ミツロウ塗ってやっと完成です。
IMG_4970
IMG_4971

自分へのご褒美に温泉へ。鍬渓神社横の鍬渓(くわたに)温泉
IMG_4972
IMG_4974

駐車場は建物横は狭いので、道の反対側のこちらが良いです。
IMG_4976

温泉ソムリエくらい、いっぱい温泉行ってる私。
IMG_4977

リニューアルし、再オープンした温泉。以前はボロボロ、昭和レトロな、あしたのジョー的な世界観の温泉で、しょっぱく、トタン屋根、蛇口がある、濁った金泉系だったけど、今回のはいざ?
IMG_4978
IMG_4979

建物入った瞬間、ヒノキの良い香りします。中は5人くらいで一杯になるくらいの浴槽。シャワーはなんと2つ。でも内装は良いです。
壁、天井ヒノキ使ってるし、鉄平石もふんだん、桶も、椅子もヒノキ。露天はないですが、窓から、もみじと、前の山を借景として取り入れてます。お湯は以前の方がよかったかな?おそらく循環式。透明、無味なお湯。姫路から来たお孫さんとおじいさんとお話ししたりと、自然と会話が生まれるような昔の銭湯のような温泉ですね。
IMG_4981
IMG_4982

もうすぐ6月なのに、遅咲きのツツジ。
IMG_4984


組み立て完了。

IMG_4914
座面を固定し、座って気になる部分を微調整。
IMG_4919

ソリの贅肉を削ぎ落とします。
IMG_4922
IMG_4923

研磨し、着色。
IMG_4924
IMG_4925

1回目の塗装完了!
IMG_4926

この後、2回目の塗装し、さらにコーティング系の塗装し、ミツロウ塗って完成。
IMG_4928

明日は神戸新聞さん再訪。楽しみです。
IMG_4930

座面の仕上げ。反り鉋でほぼ仕上げます。

IMG_4888

いよいよソリの加工
IMG_4889

きれなくなったらすぐ刃物研ぎます
IMG_4890

天然砥石
IMG_4891

脚との接合部周りは組み立て時の割れ防止のため、余裕持ってカットしてあります。
組み立て後余分な部分カット。
IMG_4900
IMG_4901

本体はほぼ鉋仕上げ。
IMG_4902
IMG_4903

IMG_4905

座面は鉋のわずかな削り跡の凹凸をそのまま意匠として使おうか悩みましたが、研磨することに。

すべすべ、銀杏の座面。
IMG_4906
IMG_4907

いよいよ本組み。失敗は許されない。一発勝負。
IMG_4908

無事完了。
IMG_4911
IMG_4912
IMG_4913

朝一はロッキングチェアの塗料買いに姫路照来塗料へ。お客様が着色希望。

塗装のことは、専門店、プロに聞けば、間違いないわけで、良い勉強になります。ここのご年配の社長さんはとても親切。


IMG_4837IMG_4838

読みたかった本を借りに図書館へ。
IMG_4839

今回のおめあては、トルストイ、この中に『人は何で生きるか』が収録されてて、それが読みたかったのです。下の、森信三さんの本も良書。アドラーはもはや説明不要。

とある整体師さんに体見てもらった時、『あなた、本好きでしょう?』

『はい。結構読みますね、オールジャンル』

体と人の性格、適職に傾向があるらしく、(野口整体のいわゆる体癖の分類)僕は学者とか、物書きに向いてる体癖らしいです。どうりで本が好きなわけです。
IMG_4879

IMG_4841

午後からは神戸新聞さんの取材。アイスコーヒーの差し入れ、ありがとうございました。
IMG_4842

IMG_4844

購入した、水性ステイン。
IMG_4845

アームの加工。
IMG_4846

背もたれの加工。ここでハプニングが、、、、

精度きっちり作りすぎて、仮組したら、スポーク一部取れないではないか!もちろんまだ接着剤入れてないです。

ゆえに、バンドソー、(いわゆる帯鋸)スポークが邪魔して、途中までしか使用できず、あとは宮大工のように、すべて手で刻みます!日本人ならできて当たり前。ただ、削りすぎるとアウト。
IMG_4847

のみであらかた落として、あとはかんな。
IMG_4848
IMG_4849

問題なし。
IMG_4850
IMG_4851

続いて、座面の彫り込み。大きくは機械で掘り込み、仕上げはすべて手仕事。
IMG_4852

一心不乱に鉋掛け。無心無我。
IMG_4853

ひたすらカンナ。
IMG_4854

ほぼつるっつる。
IMG_4855


IMG_4856

IMG_4857
IMG_4858
IMG_4859

アームと後ろ脚の接合に、鬼目ナット取り付け。

IMG_4865
IMG_4866

鬼のようにツノツノなので、鬼目ナット。非常に協力。ボルトは美しいので意匠としても使います。
IMG_4867

建築でいうアンカーボルトくらいの引き抜き強度あります。六角で締め付け。
IMG_4868
IMG_4869
IMG_4870

バッチリ。
IMG_4871

いつも使ってるサングラスが、踏んだ覚えないのに割れたので新たに購入。
今回はレイバン。シンプル。サイドのロゴがいらないくらい。

IMG_4873

IMG_4875

↑このページのトップヘ