6人展初日。いたるところで、土曜ということもあり、田植え開始。

IMG_5322IMG_5323
IMG_5324

途中立ち寄ったコンビニで、なんと、小、中、高校の同級生(中学だけ彼は転校して別)と約20年ぶりの遭遇。髪が若干薄くなってるので、頑なに写真拒否する同級生。男の価値が髪の量で決まるわけないであろうに。飲食一筋、とある飲食企業で、マネージャーになっておりました。
IMG_5326
IMG_5330

会場は多可町、加美区、山の裾野の古民家。
IMG_5332

到着、ラベンダーパークの反対側。薄い色がラベンダーパーク。
IMG_5333

単なるレプリカかと思いきや、悟空さん自ら焼いたそうです。右は信楽で焼いたそう。
IMG_5334

日蓮聖人の書。本物だそう(創価学会とは全く関係ございません)
IMG_5335

昔の家らしい縁側の広さ、低い梁、襖外すと大広間になる構造。

IMG_5336

道下さんのワイヤージュエリー。
IMG_5361

fullsizeoutput_a35
IMG_5339

この孫悟空はチェーンソーアートの世界王者の作品。全てチェーンソーで製作。リアルです。
IMG_5340

ここにも縄文土器。
IMG_5341
IMG_5342

太田さんの作品。兵庫産の木材を使ったアクセサリー。
IMG_5343

座椅子のワークショップ。急遽体調不良でキャンセルあったため編んで納品することに。

IMG_5347
IMG_5348

手前の2脚いただけることになりました。後ろはハンモックみたいでゆらゆら。
IMG_5349

北欧発祥のヒンメリ
IMG_5350

多可町は寒いので、サツキもまだ咲いてます。
IMG_5351





ガラス作家花凛さんの作品。
IMG_5345IMG_5357
IMG_5358




りんめいさんの点描アート。
IMG_5360


IMG_5364
IMG_5365
IMG_5363

IMG_5367
IMG_5368
IMG_5369
IMG_5372
IMG_5375
IMG_5373

ディフェンダーのミニカー
IMG_5376

これは国産。Noguchiサイクルって言ってたかな?
IMG_5378



IMG_5346

このバイクが気になり、聞いてみると、なんと1940年前後のmoto guzzi.
まだあるのと聞いてみると、倉庫にあるとのこと。鍵が自宅(すぐ近所)にあるとのことで後で見せていただけることに。

倉庫内。悟空さんの自転車コレクション多数。自宅にはもっと古い、フランス製と、ドイツ製の自転車あります。これは日本製をカスタムしたそう。

かっこいい!
IMG_5383

moto guzzi!!かっこいい!


IMG_5380

これはイギリス製。日本のママチャリはこれが原点だそうです。
IMG_5381

これも自ら組んだそうです。奥はイタリア製。大きい人ようだそうで、譲っても良いとの。うちにくる日も近いであろう。
IMG_5382


IMG_5385

moto guzzi。これだけ古い旧車は初めて。(イタリアのバイクメーカーの老舗)

ここが工具入れだそう。ノートンの旧車は友達が昔持ってて見たことあるけどこれは初めて。レアです。

軍用バイクとして開発されたらしく、丈夫で、デザインも骨太、無骨です。
IMG_5387

左がブレーキ、後ろに踏んで効かすそう。このエンジンを参考にホンダはカブのエンジン設計したそうです。ということは右がシフト。
IMG_5388

かっこいい。こんなの乗ってる女子見たことない!
IMG_5389

お昼におにぎりいただきました。鹿児島のカツオ味噌と昆布と、ゴマのおむすび。

美味しい!炊飯器でなく、直火炊きだそう。鹿児島のみ無農薬のお茶。
IMG_5390


マイチョイスしたインク入れとインク。ちゃんとマーキングしてくれております。

この濃紺がよろしいではないですか。螺旋状のデザインも。
IMG_5392

これも購入したガラスペン。先が切り込み入ってて、結構インク吸い上げるのです。アナログでよろしい。
IMG_5393IMG_5353

昔の扇風機。静かで驚き!
IMG_5354
IMG_5355


夕方にはわらび餅の差し入れが。
IMG_5394

向かいのラベンダーパークだけにちょうど陽が差し込んでる瞬間。
IMG_5395
IMG_5396
IMG_5398
IMG_5399
IMG_5402

いただいた椅子。
IMG_5403

今日は大阪から来た炭歌、酒井さんのお話がすごかった。梅干しは減塩する必要はないそう。3割で良質な自然塩でつけ、3年熟成させると、マクロビでいうところの極陽になるそうです。現代人はほとんどの方が陰性に傾いてるので梅干しは万能薬。24時間密閉しながら炒るとこれができるそうで、万能、即効性あるそうです。平安時代の烏梅とはこれのことかもしれないそうで、日本の食文化は奥深い。



IMG_5404fullsizeoutput_a36