おのえ椅子製作所 onoechairのblog

兵庫県加古川市でオリジナル家具、オーダーメイド家具、椅子のデザイン、制作をしています。お客様のご希望に合わせて、デザインから設計、製造まで全ての工程をやっております。 椅子の修理、リペア、y チェアなどのペーオコードの張替えもやっております。 機械では決して作れない人の手でしか生み出せない美しい有機的なラインの家具を、魂を込めて一つ一つ作っております。 リンク先のおのえ椅子製作所のホームページは現在新しく改装中。 もう暫しのお待ちを 作品は、ブログの商品、worksカテゴリー、タグ、FB等で閲覧できます。 ご予算に合わせて制作いたします。 商品や、見積もり、工房見学等のお問い合わせは eisukeonoe@gmail.com までお願いします。

カテゴリ: 建築




大好きな横尾忠則さんの美術館に神戸へ。
IMG_1363


その前に稲美町の古着屋さん兼、革製品や、ヴィンテージのデニムで、財布やカバンなどを作ってる荒田くんのお店、KBRへ!

財布手に製作中のアラぽんこと荒田くん。帽子も作ってます。

さすがおしゃれな古着屋さん。さりげなくパタゴニアのフリース着てる。

わかる人にはわかる。
IMG_1365

コーデュロイが欲しくて、電話すると、最近は古着は扱ってなく、ものづくりに専念してるとのこと。

お店はやってるみたいです。

古着はお店にはもう置いてないにもかかわらず、在庫から10数点出してくれました。

Leeのコーデュロイ。色はネイビー。ジャストサイズ。L eeはジーパンもシルエットが綺麗。

talon製のジッパーのもあったけど、これがジャストなのでこっち購入。
IMG_1366IMG_1367

カバンも全て彼のハンドメイド。

IMG_1368

革のバングルも彼のハンドメイド。
IMG_1370

帽子も全て手作り。
IMG_1369


一番カッコ良いのを購入。

実はこのデザインはこれしかなくて、彼の私物を、ジャイアン的に購入(笑)
IMG_1372

内側が二重になってて、ボリュームが出るようになってます。

色もツートンで、真鍮が良い感じ。
IMG_1373
IMG_1374

服買うときによくやる、その場で値札切ってもらって履いていきます。

コーデュロイは何と言っても、サラサラな肌触りが良い。

IMG_1371


先日の旋盤加工製品をいつもは取りに来ていただいてるんですが、神戸方面行くので納品がてら神戸の材木屋さん、ねんりんやさんに納品。
IMG_1346
IMG_1350

車内はヒノキの良い香りで充満。
IMG_1351

設計はあの日生劇場も手がけた巨匠、村野藤吾。


IMG_1393
IMG_1376




なんと、撮影okな珍しい美術館。クローズアップじゃなければ大丈夫とのこと。

横尾さん、天才です。高校のときから好き。IMG_1377


IMG_1378

IMG_1379

IMG_1381
IMG_1383
IMG_1382
IMG_1380
IMG_1384
IMG_1385
IMG_1386
IMG_1387
IMG_1388
IMG_1391
IMG_1389
IMG_1390

IMG_1392




ここしばらくデザインに集中してることもあり、気分転換にパッと閃き美術館へ行くことに。
IMG_0389

10代の頃から横尾忠則ファン。西脇の美術館は何度行ったかわからない。
IMG_0392

休館日だけ確認して、いざ着いてみると、なんと!!!!!!
IMG_0391

でも、お話しすると、無期限の入場券いただきました。ふふふ。ついてる。
ここは、建築界の巨匠、村野藤吾設計。元は兵庫県立近代美術館。安藤さんの兵庫県立美術館ができてほとんどの所蔵品が移り、老朽化したものを改修して横尾忠則現代美術館と、原田の森ギャラリーとしてオープンしたそうです。
IMG_0393
村野藤吾さんは、日生劇場設計した人。名作。これも見たい建築の一つ。

a-la-carte_04_img04

素晴らしい。内装はアコヤ貝使ってるそうです。

安藤さんが住吉の長屋で建築学会賞したとき、「雨の日に傘を差さなければトイレに行けないとはなんたる建築家の横暴か!」と非難多い中、「賞は、建築家でより、勇気ある施主に与えるべき。」おっしゃったそうです。
7cbed30d1c52f2c274c8373ba7563aaf
e0102445_15223838

名作、住吉の長屋。
Azuma_house
9b749429d1a3a498fe5957ca4c29153c
f0045776_571357


IMG_0395
IMG_0397
IMG_0398


ギャラリーで水墨画展見た後、小磯記念美術館へ。

IMG_0400

六甲アイランドの中にあります。
IMG_0405
IMG_0406
IMG_0407
IMG_0408


IMG_0409

アトリエの一部も移築されてます。静かで、人も少なくお勧め。
ルノワール、やモリディアーニなども展示されてます。
IMG_0410
IMG_0411
IMG_0412
IMG_0416
IMG_0417
IMG_0427
IMG_0428

舞子のスタバ前、淡路目の前。絶景!
IMG_0429
IMG_0433

ランクル60。シンプルで無駄のないデザイン。1番美しい車。

60_title_01

ミースのファンズワース邸

これもシンプルで美しい。見たい建築の一つ。サヴォア邸、バルセルナパビリオンなどヨーロッパの建築は結構見て回ったけど、これはアメリカなので、まだ。
o0500033011089986128
Fansworth


2705253132_25a131aeca_z-500x333
src_10606378

ハイライト

昔の日本のタバコはすばらしいデザイン多い。ショートピース。ショートホープ。エコーなど今でも色あせない。中でもハイライトは圧巻!本当に好きなデザイン。
565151ad

倉俣史朗さんのミスブランチ。安藤さんは持っているそうな、、、
Miss Branch2



安藤さんの(Hill of the buddha)真駒内滝野霊園

北海道にあります。今一番見たい建築の一つ。

0301-007
images
CrUgzBvVYAEAFrv
images
a283136cf68e1b0bc95b6f6f9858d651--tadao-ando-architecture

発想がやはりすごい。北海道なので、冬は雪で覆うわけです。
img_6048-728x546






作業前にアームチェアを自宅に避難するため車に積み込み。粉まみれになるので、、、

IMG_9240

いよいよギタースタンドの制作開始。ウォールナットなんでめっちゃかっこ良くなること間違いなし。IMG_9241
IMG_9242
IMG_9244

いちばん荷重負荷かかるところはほぞ組み。四方胴付き。上下に補強入れます。トラスが一番構造的に強いので。ドーム球場の天井など、大規模建築で長いスパン柱なしだと必ずと言っていいほど、トラス構造なってます。
IMG_9245IMG_9247

ウォールナットは色が濃いので、2トンにするとオシャレになるので(白と濃いブラウンでコントラストが映える)その予定だったけど、やっぱり全てウォールナットの方が高級感でるので、急遽変更し、全てウォールナットで行くことに。このおしゃれなギタースタンドは、フェンダーの60年代ビンテージのプレべやジャズべ、テレキャス、ストラト、モーリスのギターなんかに使って欲しい。



IMG_9246

イメージが、頭の中に入ってるので、初めての制作でもサクサク進みます。

子供の頃、プラモなんか説明書読んだことないもの。
IMG_9243

圧着完了!
IMG_9248
IMG_9249
IMG_9250

気がつけば、朝の4:00! 全く疲れない。時間があっという間に過ぎます。
人生一度きり。しかも早い。
IMG_9251

美しい後ろ姿のアームチェア。デザインは、エロくなくてはダメです。
そう、オスカーニーマイヤーのように。
IMG_9252

大好きなニテロイ美術館。

750961


louis-vuitton--Louis_Vuitton_Cruise2017_Announce_1_DI3





ここ数日は、来月開催する、ひょうごまちなみガーデンショーin明石
に出展する新作アームチェアのデザインに没頭。アームチェアは丹波の座ってんのお客様のアンケートにもあった、アームの短いタイプで、ダイニングテーブルに収まるタイプを考案中。

IMG_9001IMG_9055
IMG_9006
IMG_9010

デザインの先生はいつも自然。庭の花と、ハーブ類。
IMG_9012
IMG_9013
IMG_9014

久々の夕日を見に海へ。自転車で。途中の高砂神社の巨木。
IMG_9051

IMG_9015

エノキ。
IMG_9016
IMG_9020
IMG_9021
IMG_9025IMG_9026

IMG_9029
IMG_9038

高砂市の銭湯も最後の一つになった、梅ヶ枝湯。
この増改築繰り返した感。違法建築感が素晴らしい。

中も狭くて、昭和レトロです。ワッツタワー。沢田マンションと同じく素晴らしい名建築。
IMG_9053
IMG_9054

ワッツタワーはロスにある、サイモンロディアが一人で数十年かけて作ったもの。
21184ef2
mig
DSC_9517
32526eba7d8f98b7b3a0f92590203512

沢田マンションは、言わずと知れた四国のマンション。こちらもオーナーの自作。めっちゃかっこいい。
作り手の思いが凝縮してる。この違法建築感!圧巻。
DSC_0390
CcdjZXeXEAAHY1t


これまた昭和なコロナマーク2。
IMG_9050


↑このページのトップヘ