おのえ椅子製作所 onoechairのblog

兵庫県加古川市でオリジナル家具、椅子のデザイン、制作をしています。 機械では決して作れない人の手でしか生み出せない美しい有機的なラインの家具を、魂を込めて一つ一つ作っております。 リンク先のおのえ椅子製作所のホームページは現在新しく改装中。 もう暫しのお待ちを 作品は、ブログの商品、worksカテゴリー、タグ、FB等で閲覧できます。 ご予算に合わせて制作いたします。 商品や、見積もり、工房見学等のお問い合わせは eisukeonoe@gmail.com までお願いします。

カテゴリ: カフェ


別府のスタバにて事務仕事。カフェモカ美味しい。テイスティングのケーキとコーヒーも美味しい。

いつも持ってきてくれる、店員さんありがとう!
IMG_1913IMG_1914

お昼はロージーカフェさん。ロージマダム由美子さんが心配してたトネリコも元気。

鉢が小さいので、葉が自ら落として、バランス取るのです。根巻きしたのを、移植したての時も、よく葉が弱ってるように見えるのも同じ。
IMG_1915



IMG_1917


ランチどれも美味しい。今日は豆腐のハンバーグかな?グラタンに、茶碗蒸し、野菜のおひたしが特に美味しい。おばあちゃんの味思い出す。
fullsizeoutput_9bf

コーヒーオリジナルブレンドでひきたてなので美味しい。コーヒーとケーキ付きで950円!!安すぎです。スプーンにpeaceの文字が、、、

IMG_1919


某個人住宅のリノベーション用の仕込み。
IMG_1922
IMG_1924

お客様のご希望で、濃いめの塗装。
IMG_1926IMG_1925


キャンドルボックスの仕上げ。オイル塗装。
IMG_1928

この中に、キャンドルが入ります。タモと、ウォールナットのツートン。
IMG_1930

IMG_1932
IMG_1933
IMG_1934


小野のとある場所にて、u cafe碓氷さん(かえもんさんのコーヒの焙煎は全てここ)によるコーヒセミナー。参加者は、大工さん、塾もうすぐオープンされる方、僕の3名。

美味しいコーヒーの淹れ方を丁寧に教えて下さいました。

まずは、焙煎済みのコーヒー、(今回はコロンビア)を13グラム、ミルで中挽きします。

その後ペーパーに移し、軽くドリッパーを振ってコナの表面を均一にします。
20cc均一に含ませそのまま約20秒。そうすると、コーヒーに含まれるガスが放出され、ふっくら膨らんできます。膨らむのが、新鮮な証なんだとか。

IMG_1904

そのご100ccを小さな螺旋を描くように注ぎ、1/3ほどになったら30cc,また1/3ほどになると20cc注ぎます。酸味、苦味、えぐみの順に出るらしく、湯の勢いを大きくして、抽出時間を早くすると、苦味は抑えれスッキリした味わいになったりと、色々な抽出のやり方で飲み比べしました。

IMG_1906

IMG_1905

帰りにいただいた、ひきたてのコーヒーを早速家でドリップ。

かえもんさんの小豆のスコーンと、リンゴの焼き菓子で美味しくいただきました。
小豆のスコーン、驚きの美味さ!リンゴもファンタスティックな美味しさ。

IMG_1907


久々の小野の素敵なカフェ かえもんさんへ。

おー!マスターのお友達のフィアット、チンクェチェントがあるではないですか!!!

グランブルーのジャンレノとルパン三世でおなじみ。

マスターのタイプ3もかっこいい。イタリアと、ドイツ車。ほぼ同年代。60年代後半。

フィアットは明日ユーザー車検するために、確認のメンテを頼まれてるそうです。
メンテ後に試乗でうちの前通ったそうです。(図面は寒すぎなので、ぽかぽかの家で書いてるのです。寒さに弱い我。工房いたら乗れてたかも、、、)チンクェチェントはダブルクラッチだそうな(シフトチェンジする時、一度クラッチ切ってニュートラルに戻して、もう一度クラッチ踏んでギアに入れる)。故に、回転数う合わない時、ギアがなくそうな、、、明日はこのちっちゃいのに大人二人で姫路まで行くそうです。

fullsizeoutput_9bc

お気に入りのいつもの席。

IMG_1888

薪ストーブ。男の憧れ。
IMG_1889

一杯目はキリマンジャロ。芳醇な香り。
IMG_1891

2杯目はタンザニアのキゴマ。めっちゃ美味しい!いつも豆焙煎してもらってる方と一緒に試飲して、2人ともあまりの美味しさに即決で購入したんだとか、、、今まで飲んだコーヒーの中で一番美味しいかも。タンザニアでもずっと同じではないと思うので、行かれる方は是非飲んでみて下さい。酸味がないので、コーヒー苦手な方でもすっと飲めます。ここまで美味しいの飲むと、もうスタバのは飲めないくらいのレベルです。

スコーンは、今日は初めての小豆。これまた美味しくて、家族へのお土産にも購入。小豆もマスターの自家栽培。その後、ここの全てのコーヒー焙煎してる方が来て、テイスティングでなんと3杯目までいただきました。モカのナチュラルと、ウォッシュドのブレンドだそうで、色々コーヒー豆について教えていただきました。

なんと、来年同じ小野市でカフェオープンするそうです。味はすでに保証済み。うちの工房からも近いし楽しみです。
IMG_1890

帰りは2、3分のユピカ。ここの駐車場のオリーブは見事です。松も良いのがいっぱい。造園時代、ここの松のメンテに来たことあり!
IMG_1892
IMG_1893

今日は、満月、満月を見ながらの露天風呂。しかも皆既月食。

満月の日は計画や目標立てると良いそうですよ。
IMG_1894
 

3月に加西のふく蔵さんで開催する展示会用のDM撮影。

IMG_1795

播州織のASABANさんとのコラボです。亜麻の生糸。
IMG_1797

3/13から25まで開催します。
IMG_1798
IMG_1800

染めは自然素材で全て染めてるそうです。
IMG_1806
IMG_1829
IMG_1839

無事撮影終了し、美味しいご飯といえば、楽やさん。神河町。
同じ兵庫県とは思えない一面銀世界。
IMG_1852

しかし、パートタイム四駆、スタッドレスの最強コンビなので問題なし!
IMG_1853
IMG_1855
IMG_1857

こうなることを想定し、長靴しっかり用意してる我。
IMG_1858

今日はなんと、店前で、お餅つきやってました。薪で、せいろ蒸すなんてかっこいい。
IMG_1864


私、13年来の、お辞儀できないほどの腰痛もち。最近やっと関西一であろうゴットハンドの持ち主にめぐり合い、現在治療中の身。こんなことしてる場合ではございません。

腰痛もちやって言ってるのに、、、

27497638_10212599147267862_669894427_n


叩く前に、この工程で、だいぶ仕上げておくことが大事だそうです。

IMG_1863

ASABAN修子さんも挑戦。
IMG_1869

お味噌汁にはつきたてのお餅。酵素玄米に野菜中心のこころのこもった料理。
本当に美味しい。
IMG_1871

オーナーの陽子さんはスイーツもすべて作られてて、今日は食べたことのない、中にイチゴと生クリームと、ケーキが入ってて、求肥でくるんだもの。今まで食べたのすべて美味しかったけど、これが一番美味しい。
IMG_1872

それに比べてうちのオカンの残念なこと、、、

13221613_948490998583239_1425104804023561854_n

子供の頃、あの観音菩薩のように温和な父親が、料理のことではよく怒ってたもの、、、


IMG_1875


楽やさんから、徒歩2、3分の大年神社。お参りすると、もうすでに、つきたてのお餅がお供えしてありました。なんと素敵な人たちなんでしょう。ここの2本の杉は見事です。

IMG_1877
IMG_1878
IMG_1876
IMG_1884



3月開催のギャラリー展示の打ち合わせに加西のふく蔵さんへ。

IMG_1683IMG_1685
IMG_1687
IMG_1686

2階のレストランで始めての食事。食前酒は車なので、ノンアルコール。
IMG_1689

湯葉、豆腐、天ぷらに、粕汁が特に美味しい。全席満席。
IMG_1690

今回御誘いいただき、一緒に展示会する播州織のasaban修子さんオススメのスイーツ。アイスも、麹使ったアイス。濃厚で美味。あんこに、下の赤豆が塩茹ででこれまたすっごく美味しい!楓屋のわらび餅に匹敵する美味しさ。
IMG_1691

一回がギャラリー兼ショップになってて、このスペースで展示会コラボします。
今はヤマヒロさんと丸中家具さんの展示会してます。

うちとasabannさんの展示会の開催期間は3月13日から25日まで。
IMG_1692
IMG_1695
IMG_1697
IMG_1698
IMG_1696

珍しい、ニシキギが!。なかなか庭木では珍しいのでは。幹が断面が十字になるのが特徴。

造園時代でも200件以上あるお客様の中でも数件しか見たことがないです。
IMG_1694
IMG_1699

久々のプラートカフェ。ツリーハウスが素敵。ほとんど女子ばっかり。
IMG_1700

コーヒー種類多くて、しかも美味しい!
IMG_1701


目の前鴨池。このアヒル、オーナーさんが飼ってるそうで、夕方ちゃんとお家に戻ってました。

IMG_1707
IMG_1709
IMG_1705
IMG_1710
IMG_1706IMG_1708

スタバの三木サービスエリア店。

IMG_1712
IMG_1711
IMG_1713

サービスエリアで甘党の父親へのお土産、甘さと塩と生クリームの奇跡のコラボ。
IMG_1714



↑このページのトップヘ