おのえ椅子製作所 onoechairのblog

兵庫県加古川市でオリジナル家具、椅子のデザイン、制作をしています。 機械では決して作れない人の手でしか生み出せない美しい有機的なラインの家具を、魂を込めて一つ一つ作っております。 リンク先のおのえ椅子製作所のホームページは現在新しく改装中。 もう暫しのお待ちを 作品は、ブログの商品、worksカテゴリー、タグ、FB等で閲覧できます。 ご予算に合わせて制作いたします。 商品や、見積もり、工房見学等のお問い合わせは eisukeonoe@gmail.com までお願いします。

カテゴリ: 商品

すごい人だかりだと思ったら高砂マラソン。

うちの小学校ではここがマラソン大会のコース。ほぼ毎年一位だった小学生時代。
名門荒井中陸上部出身。一つ上の先輩は、須磨学園の陸上部監督してらっしゃいます。


IMG_1021


小学生の部なのか、キッズたちが、、、。
IMG_1024

2回目の塗装後、いざ納品。ワイド900楽々、セカンドシート倒さずともこのサイズなら余裕。
IMG_1026
IMG_1027

現場見て、デザインしたので、ソファーもcoffee tableもぴったり。


IMG_1028

coffe table

シンプル。less is more.

素材タモ、w900 d510 h400 

価格 98000 +tax

sofa

素材タモ、w1600 d780 h780 sh380

価格 350000+tax 

IMG_1029
IMG_1031
IMG_1030
IMG_1032
IMG_1033
IMG_1035
IMG_1036
IMG_1037
IMG_1038
IMG_1039
IMG_1041
IMG_1042

先日お客様にいただいた、植物の植え替え。春くらいがいいんだけど、あったかいのと時間できたので問題なし。

いい匂いにの花咲くクチナシと、レモンの香りのする木。

IMG_1043

美しいものと植物に囲まれる幸せ。

IMG_1044



無事コーヒーテーブル圧着完了し、最終仕上げ。
IMG_0976


そして研磨。


IMG_0977
IMG_0978
IMG_0979
IMG_0980


今回はオイル仕上げでなく、若干ウレタン成分入ってる塗装。

テーブルなので、輪じみになりにくく、なおかつ自然な仕上がりの塗料。
IMG_0981

IMG_0983
IMG_0984
IMG_0985
IMG_0986
IMG_0987
IMG_0988
IMG_0989
IMG_0990


素材はタモ。w900 d510 h400

価格98000円

IMG_0993
IMG_0994


IMG_0995
IMG_0996
IMG_0997
IMG_0998
IMG_1001
IMG_1002
IMG_1003
IMG_1004
IMG_1005
IMG_1006

疲れた体を癒しに温泉へ。
IMG_1009

三木のネスタリゾート内にある延羽の湯 野天 閑雅山荘

人少なめでオススメです。特に平日。

IMG_1010
IMG_1011
IMG_1012

ソファーの納品にいざ出発。積むのに一苦労。腰が、、、

IMG_0914

お客様に手伝っていただき無事搬入完了!

当初キャメル色の生地でクッション作る予定が、耐久性と、シワのこと考えて、最高級のグレードの生地を選んでいただきました。実際サンプルを手で触ってみると、全く違う。

クッション内部のウレタンも既製品とは全く単価の違う経年劣化でへたらない最高級ウレタン使用。
IMG_0923
IMG_0929
IMG_0931
IMG_0934
IMG_0935
IMG_0936

お客様の指定は、この先を丸くしてほしいということ(小さなお子様がいらっしゃるので)と、コップ置ける広さのアームがほしいとのこと、ワイド、奥行きのおおよその指定のみ。
IMG_0943
IMG_0944
IMG_0945
IMG_0946
IMG_0947
IMG_0948
IMG_0949
IMG_0950

w1600 d780 h780 sh380  素材タモ。 ソフトレザー張り。

参考価格35万円。

IMG_0956


IMG_0952
IMG_0953

そして、めちゃお洒落なコーヒーテーブル作り。

IMG_0956

まるで神社の鳥居のような形。しかーし、ここから丸み帯びてきます。

IMG_0958
IMG_0960
IMG_0961
IMG_0962


 

だいぶ前から壊れてた飯田のプレーナー。

もうひとつ日立のを持ってるので、今日お別れすることになりました。

長い間、ご苦労様でした。




IMG_0626


先日、珪藻土塗って今日は、無垢の木を壁面に貼り付け。
IMG_0628

初めてにしては上手ではなかろうか?

金ゴテではなく、パテベラで仕上げました。
IMG_0629
IMG_0631
IMG_0632

お客様に木は選んでいただいて、お好きなバランスで貼り付け。あえて大きな節や、曲線のも選ばれてました。カウンターはお客様の自作で、ここも新しく後で入れます。
IMG_0633

この形が面白いからこれは絶対使いたいとのこと。
IMG_0634


うちの工房の前の看板の一部もあえて文字が出てる方にしてほしいとのこと。製作所の製の部分。

素材は、サクラ、トチ、松、イチョウ、ウォールナット、ビーチ、ウリン、たも、などなど。
IMG_0635

お客様のy chair.

何度見ても良いデザイン。y chairは日本人用のsh430のが製造中止になり、sh450サイズ、Hも20ミリ高くなる海外のサイズのみになるとのこと。
IMG_0636
IMG_0637
IMG_0638

ザ チェアー。美しい。
IMG_0639
IMG_0641
IMG_0642

紅葉も見頃。
IMG_0644
IMG_0645
IMG_0646


古い収納ダンスを2つカットにして、一つは天板を外して欲しいというご依頼。

引き出しを外した状態。
IMG_0495

真っ二つにカット。

二つに分かれた右側の天板部分(元は引き出しの受け)をコの字にカットします。
IMG_0496


両サイドはフラッシュなので空洞。
IMG_0497

目隠し、化粧。バックは薄いベニヤだけなのでベニヤの後ろ側にも補強入れてます。
IMG_0498
IMG_0499

マスキングし、塗装し完成。
IMG_0500
IMG_0501


IMG_0502







↑このページのトップヘ