おのえ椅子製作所 onoechairのblog

兵庫県加古川市でオリジナル家具、オーダーメイド家具、椅子のデザイン、制作をしています。お客様のご希望に合わせて、デザインから設計、製造まで全ての工程をやっております。 椅子は6万円から スツールは25000円から ダイニングテーブルは12万円から ペーパーコード の張り替えはYチェア12000円(税別) J.L.moller社製は18000円(税別) 修理は5000円から。過去の事例はタグ→リペアもしくは修理からご覧頂けます。 機械では決して作れない人の手でしか生み出せない美しい有機的なラインの家具を、魂を込めて一つ一つ作っております。 リンク先のおのえ椅子製作所のホームページは現在新しく改装中。 もう暫しのお待ちを 作品、価格は、ブログのカテゴリ→商品一覧、商品等で閲覧できます。 製作工程はfbでもご覧いただけます。 ご予算に合わせて、デザインから設計から一貫して制作いたします。 商品や、見積もり、工房見学等のお問い合わせは 🌿eisukeonoe@gmail.com にご連絡ください。 ☘️onoe@onoechair.comのメルアドは現在使えませんのでご注意を‼️‼️ アクセス 675-1224 加古川市平荘町上原27−1

カテゴリ: works

無事接着完了し、最終チェックしながら研磨。

IMG_2743

オイルはナチュラル安心なオスモ。
IMG_2742

IMG_2744

耐水ペーパー400#でオイル研ぎ。すべすべになります。
IMG_2745
今回は脚の角度をやや立て気味に設計してあります。

なぜか?お客様が小さなお子様3人。全て男の子だから。それでなくても構造的に、荷重不可一番かかる後ろ脚が一本なので、角度は立てるほど強度というよりほぞの耐久性は増します。
IMG_2746
IMG_2747
IMG_2748
IMG_2749
IMG_2750
IMG_2751
IMG_2755
IMG_2757

うちの前の桜も7部咲き。
IMG_2758
IMG_2759
IMG_2760
IMG_2761

ストップしてた4段引き出しの墨付け。なかなかシビアな寸法精度、気を使います。
IMG_2763
IMG_2764
IMG_2765

納品完了!
IMG_2767


IMG_2769





Yチェアのペーパーコードの張り替え。このyチェアは、オークのウレタン塗装。長年使い込まれた風合いは美しい。


IMG_2532
IMG_2533
IMG_2534
IMG_2535

片側は捨て巻き。
IMG_2536
IMG_2537

90度に編んでいくのがポイント。コツが要ります。なおかつ強いテンションが必要。
IMG_2538
IMG_2539

完成!焼けたオークと良くあってます。美しい!
IMG_2540

軽く塗装剥がれがあるので、オイルと、蜜蝋をサービスで塗って納品となります。
ペーパーコードの張り替えは一脚12000円。
IMG_2541

一脚編むとこの通り。テーピング必須。
IMG_2542
IMG_2543

桜も咲き始めました。今年は暖かいのでやや早めじゃないでしょうか?
IMG_2544
IMG_2545
IMG_2546

IMG_2548

ベット用の目隠し板。シナベニヤ。
IMG_2549

これの目隠し用。
IMG_2550
IMG_2551

デンマーク製ペーパーコードも在庫無くなったので今日はここまで。明日追加発注分届く予定。

IMG_2553
IMG_2554

なんと美しいデザイン。
IMG_2555

Yチェアのデザインの原点は明朝の椅子。
IMG_2556
IMG_2557
IMG_2558

ふー、、、、なぜゆえ焼きジャケにイチゴを乗せるのか!!!ハワイアンのごとくワンプレートで仕上げてくる母親。恐るべし!
IMG_2559

先日差し入れでいただいたイカナゴの釘煮。旬なので美味しい。
IMG_2560

今日は、2ほんの木 岡田さんが来てくれるというので、急遽ふく蔵へ。

日本一と言われている名工、碓氷健吾さんのカンナを使いこなす持つすごい人。

IMG_2374IMG_2368

美味しいパン差し入れにいただきました。
IMG_2433

明日、と最終日明後日25日に向けて、綺麗に洗車。
IMG_2408
IMG_2412
IMG_2413
IMG_2415
IMG_2410
IMG_2416

桜ももうすぐかな?
IMG_2418
IMG_2423

椅子の修理も、割れてる部分を補修し、再度割れを防止するために補強材を入れて、完成です。

IMG_2406
IMG_2407



IMG_2427

昨日神戸の友人が、生石神社(おうしこじんじゃ)に行ったというので、久しぶりに仕事前に行って見ました。龍神祀ってるらしく、なぜか龍が好きな我。部屋にも20年来の愛用のターンテーブルの上に龍があります。

IMG_2311

古墳時代から採石されてる竜山石。竜山もよく考えれば、龍の字。
IMG_2312

陸上競技場側からの、100段以上の階段からの参拝がおすすめ。こちらは楽なコース。(クルマはこちらから)
IMG_2313
IMG_2314
IMG_2315
IMG_2316

御神体の浮石の後ろに小さな社が左右に2つあって、この左側に八大龍王と、白竜と、青龍だったかな?がいらっしゃるそうです。(今日朝、お勤めに回ってた神社の方談)
IMG_2317

「この石は何に使おうとしてたかわかりますか?」っていわれて、『多分、古墳か何か有力者の石棺じゃないですか?』っていうと、「違うんです」と。その昔すぐ前まで海だったらしく、10代、崇神天皇の時代に、疫病が流行し、それを鎮めるために石の宮殿を作ってて、後ろが屋根の部分で、あとは立てれば完成という時に、神吉城あたりに阿賀神の勢力の反乱に会い、人命優先で、逃げるように指示したとのこと。

この後ろの出っ張りが屋根部分。
IMG_2318

この中に鯉がいるらしく、鯉と数率いる金魚の一匹がいつもついて泳いでるらしく、これも龍神っておっしゃってました。見れると、龍に呼ばれてるそうで、良いらしいです。
IMG_2319

敏感な人はわかるらしく、友人も2体の龍神を感じたと言ってました。

僕もややエネルギー感じます。
IMG_2320
IMG_2321
IMG_2322

雨が続いても、真夏でも水はほぼ一定。
IMG_2323
IMG_2324
IMG_2325
IMG_2327
IMG_2328

その神社の女性(宮司さんかな?)曰く、ここを触ると良いそうです。出っ歯位部分ではなくこの左側のくびれ部分。

触るときは片手で、触ると良いらしいです。両手ではエネルギーが回らないらしい。
IMG_2329

秀吉の播州攻めの際、古文書等、消失したらしく、真意は定かではないですが、おそらく御際神がオオナムチとスクナヒコナ(出雲系)。これだけ大きなものが、造営途中の横倒しのまま現在に至るということは、政権交代があったのは間違いないんじゃないでしょうか。おそらく出雲国譲りでもなく、崇神天皇の時代よりももっと後の時代。古代日本には、渡来系も多く、有力な豪族も多数各地にいたでしょうからね。
IMG_2330

古文書は消失してても、口伝は確実に宮司に伝わってるはずなので、由緒書きもある程度の信憑性はあると思われます。
IMG_2331


IMG_2332

バターナイフ制作。素材は桜
IMG_2333
IMG_2334

栞(松、ウォールナット、タモ)も研磨し、塗装し完了!松は塗装しない方が香りが良い。
IMG_2336
IMG_2337
IMG_2338
IMG_2339
IMG_2340

↑このページのトップヘ