おのえ椅子製作所 onoechairのblog

兵庫県加古川市でオリジナル家具、オーダーメイド家具、椅子のデザイン、制作をしています。お客様のご希望に合わせて、デザインから設計、製造まで全ての工程をやっております。 椅子の修理、リペア、y チェアなどのペーパーコードの張替え(12000円+tax)もやっております。 修理は5000円から。過去の事例はタグ→リペアもしくは修理からご覧頂けます。 機械では決して作れない人の手でしか生み出せない美しい有機的なラインの家具を、魂を込めて一つ一つ作っております。 リンク先のおのえ椅子製作所のホームページは現在新しく改装中。 もう暫しのお待ちを 作品、価格は、ブログのカテゴリ→商品一覧、商品等で閲覧できます。 製作工程はfbでもご覧いただけます。 ご予算に合わせて、デザインから設計から一貫して制作いたします。 商品や、見積もり、工房見学等のお問い合わせは eisukeonoe@gmail.com または onoe@onoechair.comにご連絡ください。

タグ:リペア

今が一番綺麗な菜の花。

IMG_3285


今日は設計のみなので、仕事ではふだん着ない、60s~70sの101Jを着用。身に付けるものはお気に入りのものを待つと良いと、ひすいこたろうさんもおっしゃってました。ご機嫌な状態をキープするのは、運をよくする基本。
IMG_3281
IMG_3289

ガラス作家の花凛さん悟空さんご夫妻からアドバイス頂き、新たに商品開発してる座椅子。
下のは悟空さんのもの。高さを色々変えて座ってみたり、前の出てる部分は、あぐらかくと少し当たるので、前はフラットな方が良いなとか、色々微調整しながら設計に入ります。座りごごちはすごく良いです。

IMG_3292

1/5スケールでまずは設計。模型も作った方が良いのですが、頭の中で、3Dをくるくる回しながら描いてるので同じかな。原寸図がスラスラ書けるし、寸法頭に入るし、木取りのミスが少なくなるので重要工程。
IMG_3293

住むと、今度は1/1スケールに変えます。
IMG_3295

簡単、ワンタッチ。
IMG_3303

IMG_3306


そうこうしてると、お約束した、リペアと、食器棚の取っ手のデザイン変更のご依頼。

わずかに剥がれかけてた、小口テープを再接着。
IMG_3308
IMG_3309

京都のお土産までいただきました。ありがとうございます。お茶屋さんの抹茶のチョコ。
甘党の父親も大喜びであろう。美味しゅうございました!
IMG_3310
IMG_3312

原寸図設計製図、完成!
IMG_3311

曲線は、この曲線定規、

IMG_3314
IMG_3315
IMG_3316

今回は25000円くらいの商品開発なので、デンマーク製ではなく、国産のリーズナブルな、ペーパーコード。yチェアと同じく、アンレースタイプ幅はやや大きい4ミリ。うちの商品が高いのは、日本で本気で良い物作りをしてる人たちの底上げも意図してます。真剣に魂込めて作ったものが、3万以下はありえない。でないと、プレカット導入してから、日本の大工の質が落ちたのと同じことが起こりうる。(手刻みの必要性がなくなった)何十人も過去の仕事で大工さん見てきてるけど、今の大工さんはかカンナ、ノミまともに使えない人多いもの。

むしろ、建具屋さんの方がまだ道具使えてます。設計事務所にいた時、クリーム色のピース耳に挟んだ建具屋さんが、現場で建具ミリ単位で、シュルシュルっとかんなで調整してたの思い出します。
IMG_3317


ロージーカフェにてモーニング。だいぶん焼けて来ていい感じになって来たトガの建具。吊り下げタイプなので取り付けに苦労しました。

IMG_2565IMG_2566

相変わらず美味しいです。今日はチーズサンドのモーニング。
IMG_2567

イブキヤさんから、良いのみ何かないですか?との問い合わせで、この播州三木のノミ紹介しました。
一万円弱でよく切れて、長切れします。

IMG_2568

ゴールデンウィーク、座ってん今年も出展します。兵庫の木工作家が椅子のみそれぞれ数点展示し、来場者に実際に座っていただくというもの。今年は展示だけでなく、気に入れば購入も可能にするみたいです。私、当番で最終日に1日中います。
IMG_2570

ychairの塗装も劣化してるので、オイルと蜜蝋塗っておきます。

かなり白っぽくなってるところとか、乾燥気味な箇所があり、全体に刷り込むように塗って行きます。
IMG_2571

IMG_2573

before
IMG_2532
IMG_2533

after

白っぽいところも、イブキヤさんの北欧土産のチークオイルで完全復活。メンテはサービスです。
IMG_2574

良い。新品も良いけど、オークのこの焼け具合が素晴らしい雰囲気醸し出しております。
IMG_2575

朝一で届いた、デンマーク製パーパーコード。 ychairは3ミリ。アンレースタイプ。
IMG_2576

メンテ前はシミも多い。
IMG_2577
IMG_2578


after

IMG_2579

裏側、一切の妥協なし、一本でも編み間違いあるとやり直し。
IMG_2580
IMG_2581
IMG_2582

無事納品完了。喜んでいただけてなりよりです。
IMG_2583

Yチェアは編み始めると、休憩入れない。一定の、リズム、いい程のテンポが非常に大事。

ゆえに15時すぎ、かえもんさんにて遅めの昼食。スコーン食べようと思ったら、カレーもやってたのですね。裏メニューでしょうか?美味でございます。

来るときにチンクエチェントとすれ違い、入って数分で古いミニ(今のは全然ダメ、フィアットも現行は悲しいレベル)のマスターの先輩が入って来るという、おしゃれさんが集まるお店。
IMG_2584


ファーヤーキングのカップ。なんと40年代だそうです。今だと一つ1万円以上するのだそうです。
IMG_2585

イブキヤ井上さんの北欧土産、チークオイル。今回 ychair塗装はがれと、経年劣化で焼けてる部分の色の差が激しかったので、濃い目のこのオイルがメンテにぴったり。
IMG_2586

次は4段引き出しと並行して、シューメーカーチェアの制作。今回はお客様が、sh470-490
素材はビーチを指定。
IMG_2587
IMG_2589

この穴の角度、精度が命。
IMG_2590

足は旋盤で削り出し。
IMG_2591


今日も食後は福富錦さんの冷酒。
IMG_2526

IMG_2592

今日は、2ほんの木 岡田さんが来てくれるというので、急遽ふく蔵へ。

日本一と言われている名工、碓氷健吾さんのカンナを使いこなす持つすごい人。

IMG_2374IMG_2368

美味しいパン差し入れにいただきました。
IMG_2433

明日、と最終日明後日25日に向けて、綺麗に洗車。
IMG_2408
IMG_2412
IMG_2413
IMG_2415
IMG_2410
IMG_2416

桜ももうすぐかな?
IMG_2418
IMG_2423

椅子の修理も、割れてる部分を補修し、再度割れを防止するために補強材を入れて、完成です。

IMG_2406
IMG_2407



IMG_2427

今開催中のふく蔵での展示会の僕らの前に展示されてたガラス作家、花凜さんの旦那様、悟空さんにアドバイスいただき、新たに商品開発することのなった、座椅子。あぐらかけて座れるので、楽で座り心地良いです。これをもう少し改良する予定。
IMG_2385

今日は風が強いからか、多層になってて美しい空。
IMG_2388

見事な枝垂れ梅。満開。

IMG_2389

サンシュユも満開。
IMG_2390


ご依頼いただいてる4段引き出しの制作の続き。
IMG_2391

板はぎ。
IMG_2393

この年代のはよくここが割れます。いまとは接着剤の質がおそらく違うのと、集成材なので、ジョイントにビスケットも、ドミノも、ダボも何も入ってない。
IMG_2354

今回はエポキシで接着。
IMG_2395
IMG_2398

明らかににサイズが合ってないクランプ。クランプの数がまだまだ必要な我が工房。
IMG_2397

引き出し部分の木取りも完了。
IMG_2399
IMG_2400
IMG_2401
IMG_2234

130サーフの燃費記録 2013年に購入し5年で約8万キロ走行。 
約30年前の車なのにリッター10.64。

かえもんのマスターの69年式vwタイプ3ヴァリアントもリッター11走るそうな。

古い車は大切に扱うと、答えてくれます。

IMG_2402


 

IMG_2341

フードコーディネーターさん用のバターナイフ。日本の桜

発送完了。

IMG_2342

ウォールナットのしおり。
IMG_2343

温めると柔らかくなり、作業性アップする、オーシカダイン。接ぎ合せには最強。
IMG_2345
IMG_2346

4段引き出しの表の化粧面に使う板の選定。この水が入り、腐りかかってるところをあえて使います。

美しいもの、、、
IMG_2347
IMG_2348
IMG_2349

4段とも全て、違う素材、上からくるみ、トチ、ヒノキ、桜。
IMG_2350

取っ手のデザインのみ残し、設計も完了!
IMG_2351

どうでしょう、この美しさ。
IMG_2352

椅子の修理のご依頼。なかなか良いデザインです。



IMG_2354
IMG_2355




↑このページのトップヘ