2007年01月10日

オバラ

今日のオバラさんとのセックスはオバラさんの自宅だった。
無理やりキスをされ、それを嫌がるとコンドームを着けずに生で挿入してきた。
「それはやめて!」

「いいだろぉ、オレももう34だし子どもでも仕込まないと…うっ…」

冗談じゃないと必死で逃げようとするががっちりと肩を掴まれて逃げられない

「あ〜生きもちーなあ?出そうだ。」

「嫌、止めて!お願いだから。」

オバラはニヤニヤしながら意地悪く
「じゃあお金あげない」

最後の手とばかりに私がくすんくすんとすすり泣きを始める。もちろんウソ。するとオバラはあわてて抜いた。
「ごめん!ごめんな!冗談だから!な!ほらちゃんと抜いたろ?」
「だって、意地悪言うから…」

「意地悪言ってもお金はちゃんとあげてるだろぉ?」

「だってぇ…」

ひっくひっくとしゃくりあげるとあわてたオバラさんは私の頭をなでたり腰をポンポンと軽くたたいたりしている。
やった。このまま寝たフリしちゃえ。


トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星