空手道 辻堂道場のブログ

神奈川県藤沢市辻堂にて「辻堂道場」という空手の道場をやっております。 空手の平和と強さの心を活かし、皆様の日常を前向きに明るくしていただきたいと願っております。道場生の皆さんは真剣に楽しく稽古に励んでおります。 とても良い雰囲気の道場です。 試合の勝ち負けではなく、心を重視し、基本・型を中心に稽古しております。 よろしければ一緒に稽古しましょう。 空手道 辻堂道場 ホームページ 空手道 大船道場 ホームページ

武道の技を通じて、「人と共に歩む生き方」と「心の深さ」に向かっていきましょう。

(空手道 辻堂道場) 「これからも共に歩みましょう」


先日、辻堂道場と大船道場で合同稽古を行いました。
稽古は良い意味で雰囲気も締まっており、和やかでもあり、皆さんが各自の課題に取り組んでいただき、深い稽古ができました。
良い集中力でやれましたね。
皆さん1人1人の 真摯な姿勢が見れて大変嬉しく思います。
武道の心をこんなに大切に思ってくださる人達と歩めることに心から感謝します。生きていると、時には苦しい事や、理不尽な事もあると思います。
しかし、武道をやっていると実感できるのは一番は心を大切にする生き方であり、心からの行動だという事です。
知識ではなく体を通して心から実感できます。
何かあった時でも、心を失うことなく前に進んでいけるものが武道にはあります。
今回の真摯な皆さんの取り組みを見て、改めて心というものを大切に稽古していきたいと思いますし、その思いを共有していくのが最大のお返しになる事を深く実感しました。
武道の人を傷つけない技を通して、人を信じる生き方。
それらが絵空事ではなく、本当にそのような生き方にしていけるという希望。
そこから出てくる生きる気力。
深い心を稽古で養っていく。それ自体が続ける意味であり喜び。
今後もそのような稽古にしていきましょう。
稽古後、「心を大切にする生き方がしたいと思って武道を始めましたが、皆さん同じ思いで集まってくれているのですね」という声をいただきました。
嬉しい言葉です。
これからも皆さんの思いを大切にしていきたいと思います。
これからも共に武道の道を歩みましょう。


 辻堂道場ホームページhttp://tsujidokarate.com/index.html

 鎌倉市空手道 大船道場ホームページ http://www.ofunakarate.com/

 

 空手道 和(なごみ) http://30min.jp/place/2416257

(空手道 辻堂道場) 「皆さんと共にある武道」

武道には人を大切にする心。共存する心があります。
その心を追求する過程で、良い言葉に出会いました。
昔の剣術家の言葉で、「たとえ大罪人と相対しようとも抜くな・抜かすな、斬るな・斬らすな、殺すな・殺されるな。話して懇切に説得し思い止まらせよ。万一、戦うとしても殺すのではなく制圧せしめよ」というものです。
徹底しているなと思います。
この言葉からは技を極めるとか、強さを極めるんだといった雰囲気を感じません。「斬るな・殺すな」という言葉が出てくるので、過激な言葉に感じてしまうかもしれませんが、よく読んでみると、「自分も人も大切なのだ」という思いが色濃く出ている言葉ではないのかと感じます。
武道に1番大切な事が詰まっているような言葉ですし、日常における色々な物事に対しても通用する心だと思います。
この武道の精神は「人と共に生きていく」、「私もあなたも大切なんだ」という理屈を超えた心だからです。
自分はこのように本当に人を大切にしているだろうか。
皆さんに感謝しているといってもどれほどの感謝なのだろうか。
と、考えさせられます。
今は競争社会です。私が!俺が!の価値観が溢れていますので、心が見失われがちです。それこそ世界では殺し合いが今だに続いています。
皆で上だ!上だ!と争いあったり、人を信用しなくなっていたりすれば、どのような不幸が待っているか容易に想像できます。
この剣術家の言葉には、その不幸を見てきた思い、心からの人が大切なんだという思いを感じます。
武道というのは技を通して調和に気付き、人と共に歩む道です。
武道に取り組んだ人間が、その心で武道以外でも幸せになっていく。それが武道の意味だと思います。
誰かが秀でるための道ではありません。
刺されたら終わりという価値観の武道ですが、それは私達は同じ弱い人間なんだ。解り合う事に価値があるのだという心です。
極めるために誰かに勝つという道ではないはずです。
刺されて死なない体になる事などありません。
究極の極みなどないという事だと思います。
「私が凄いのではない」、「誰かが凄いのではない」、そこに気付く。
お互いの信頼に向かう。そこに価値があると思います。
今回の言葉はとても考えさせられる言葉でした。
ここまで人を大切にする心が一人一人にあれば、社会は良くなりますよね。
武道は特別な高い上にあるのではなく、人と共に下にある。すぐ隣にある。
そういう心で稽古をするから、人と生きるという武道の目的に沿った道になる。技が深まる。皆さんと幸せになる。
型に込められている調和の技を稽古していると更にそう思えます。
日常で色々な事があっても稽古をする事で、心が戻ってくる。
これからもそのような稽古をしていきましょう。
これからも共に武道の道を歩んでいきましょう。
辻堂道場は人と心を大切に稽古していきます。


 辻堂道場ホームページhttp://tsujidokarate.com/index.html

 鎌倉市空手道 大船道場ホームページ http://www.ofunakarate.com/

 

 空手道 和(なごみ) http://30min.jp/place/2416257

(空手道 辻堂道場) 「心を深め、共に歩む」

最近の稽古は皆さんの皆さんが心を目的として稽古しているのが伝わってきます。大変嬉しく思います。
皆さん1人1人の気持ちを感じる事ができて、私も更に熱意をもって稽古に取り組めております。
皆さんの気持ちは辻堂道場にとってかけがえのないものであり心からの感謝を申し上げます。
同時に武道の目的である人としての心をこんなに大切に思ってくださる方達と歩む事ができている事に感謝いたします。
競争・勝ち負けの価値観で生きていた時は「個」や「暴」でいる感覚がいつもありましたが、今は皆さんとつながり明確に生きる意味を実感できる日々です。
心というものをハッキリと意識し、それを中心に稽古していると「こんなにも違うものか」と、改めて喜びを感じると共に武道の技というものはそういった人間の心を引き出す深いものであると確信します。
実際に姿勢を正す、力ではなく型を正しく行うだけで本当に技が成立していく。自分も他人も怪我をせず無事であるという事。
力ずくや「勝つ・倒す」などと自分勝手に行うとどうにもならない。
それは、元々が武道の技は対立ではないという事。
こういった事を繰り返し練習していく事で、「強さというものは何だろうか?・・・」、「世間では欲や力が強いというが果たして本当なのだろうか・・・」、「人として生きるとは何だろう・・・」と深い部分にどんどん気付かせてくれます。
何よりも良いのは、それが稽古だけに留まらず生き方にも反映されていくという事です。
そのような「人を傷つけない」(武道の心)を土台とした生き方は、自分も他人も共に発展していくという一種の覚悟になっていきます。
私が!俺が!が、自分なのではなく、皆さんと共に歩んでいる事が自分なのだという深い気づきです。
綺麗事なのではなく、体を通して実感する事実です。
これは生きる希望になります。
そして、そのような生き方は色々な方達とのつながりを強くしていきます。武道の稽古や技を通して、以前よりも人生が深まる。
他人とも調和していく。これが稽古をする一番の素晴らしさだと思います。
空手が皆様に出来る最大の貢献は、このような心を共有する事だというのはいつも感じている事ですが、皆さんには稽古を通して、更に良い生き方に向かっていただけたら嬉しいです。
これからも武道の道を共に歩んでいきましょう。


最近は心を大切に活動されている方達とつながりが深まっています。
教育や経営など色々な分野の方がいますが、共通しているのは皆さん深い心で活動されているという点です
そして、一番の目的が武道と同じく「競争ではなく共に」という点です。
ある会社を経営されている方の言葉ですが、「自分の使命を理解し、地球・自分の国・大切な人達の為に行動をしている」
と話されているのを聞いた時に、何か社会が少しずつ変化していっているなと感じました。
競争・勝ち負けの価値観は限界の時代ですから、改めて心を見直していこうとする動きが強まっているように思います。
こういった方達との交流を通して、より稽古する意味を感じる事ができていますし、お互いに力を合わせていけたら大変嬉しく思います。
色々な人達と通じ合えるのも、武道の心だと実感しています。
武道の心というと、凄い精神のように聞こえますが、そのような事はありません。それこそ皆さんと共有できる心です。
そうであるから、武道が皆さんの役に立てるのだと思います。
私もそれを一番大切にしていきます。


 辻堂道場ホームページhttp://tsujidokarate.com/index.html

 鎌倉市空手道 大船道場ホームページ http://www.ofunakarate.com/

 

 空手道 和(なごみ) http://30min.jp/place/2416257

記事検索
プロフィール

onogawakarate

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ