空手道 辻堂道場のブログ

神奈川県藤沢市辻堂にて「辻堂道場」という空手の道場をやっております。 空手の平和と強さの心を活かし、皆様の日常を前向きに明るくしていただきたいと願っております。道場生の皆さんは真剣に楽しく稽古に励んでおります。 とても良い雰囲気の道場です。 試合の勝ち負けではなく、心を重視し、基本・型を中心に稽古しております。 よろしければ一緒に稽古しましょう。 空手道 辻堂道場 ホームページ

正しい稽古を通じて、「自分に負けない強さ」と「心の豊かさ」を共に身につけていきましょう!

(空手道 辻堂道場)「稽古をする事の意味と喜び」


最近は普段の稽古に加えて日曜の稽古や稽古生同士の交流も深まり、以前にも増してとても充実した活動ができております。
武道といえば戦い・競い合いというように誤解されがちですが、決してそのようなものではなく、お互いの心と技を深め自分と他人の調和に向かうものです。
お互いの平和を実現させようとするものです。
その武道を理解し、熱い思いで稽古をし、日常に活かしていこうとする人達とこんなにたくさんのご縁をいただいて感謝するばかりです。
そういった意味でも武道の稽古の意味というものを改めて考えてみました。武道の稽古は心を成長させるという事を重視して行っております。

心というものは目には見えないものですが皆さんも感じているように確かに存在しています。
よく経営者の方が「最後は人なんです」と言われている事からも解るように、人としての核(最も大切なもの)と言っても良いと思います。
その最も大切な心を稽古するのが武道の意味だと思います。
それでは人としての心の何が大切なのか。それは自分と他人との調和に向かおうとする心の事です。
それを理屈ではなく、具体的に稽古をしていく。
調和の大切さを型や基本で体を通して実感していく。
型や基本には力(衝突・優劣)ではなく、呼吸や柔らかさ(調和・心)によって成り立つ動きが数多く存在しています。
特に呼吸が大切で、頭では解っていても心に落ち着きがないと固さが生まれ技が成立しません。
技をやってやる!(相手は破壊する・自分が優先)を消す。
型の技(人を傷つけずに制圧する動き)そのものをやる。自分も他人も無事であることが大切。
その体を通した本当の体験が、勝った方が偉い。負けた方が悪い。果たして本当にそうだろうか。真実は違う。
という貴重な気づきを与えてくれます。
心に希望を持つきっかけになるといっても良いと思います。
何故なら誰でも固いと技が成立しない。柔らかい(自分も他人も大切にする)と成立する。
誰も強くなどない。傷つけあってはならない。という武道の意味に気付く。それは人としての道でもある。
なので、武道を稽古することによって凝り固まるのではなく、どんどん日常が良くなっていく。
広がりをみせていく。稽古した人間が調和に向かっていく。
もちろん武道ですから厳しい部分もあります。
しかし、それも真剣に技を稽古することによって調和の大切さに気付けるから。全てがそこ。
優しさと厳しさの意味の気づきまでついてくる。
こういった経験を長くする事によって武道の技と人を信じる事がだんだんと解ってくる。

理論や理屈ではなく体と心がそうなっていく。本当に調和が自分の実感できるものになっていく。
心に希望が持てるようになっていく。
武道を稽古する意味はここだなと改めて思います。
今の社会は衝突や競争を基本としています。

そこに影響されて、勝ち負けのための衝突の心や体を作ってしまうと、武道だけではなく他の物事もそのような物の見方になっていきます。

実際に強くなるためだ!と称して稽古の仕方を間違え人間的に凝り固まってしまう人たちもたくさんいます。

何より私自身が体験者です。したがって武道をやればやるほど不幸な人間になっていくという事にもなりかねません。社会全体の価値観に武道が影響されているという事もあるのかもしれません。
強い体を作る、強い心を作る。だから負けない!ではなく、だからその力を自分と大切な人達のために使っていく。であるはずです。

それはたとえ周りで嫌なことがあろうが、それによって自分の心まで影響されて不幸にならない生き方を作っていく。
稽古に来てくださる人達の真の幸せや自信を育んでいくという事です。

実際に頑張って対応しても今の社会は次から次へと厳しい出来事は続きます。
大人になってもいつまでも続きます。

負けない!とか勝つ!という価値観はそういった時に必ず限界がきます。生きるのが苦しくなる時もあります。

こういった事からどうすれば人を幸せにすることができるのか・・・。
そういう事を考えると武道は本当に色々な方達の生きる力にしていただけるなと実感します。
私も皆さんとの稽古が深くなっていけばいくほど、心のあり方、稽古する意味を大切にしていきたいと思います。
何よりも稽古生の皆さん、保護者様にとっても一番のお返しになるかと思います。
これからも共に武道の道を追求していきましょう。
改めて稽古する意味を考えてみて皆さんとのご縁、武道というものに感謝いたします。


  お知らせなどはこちらで確認していただければと思います。
  http://tsujidokarate.com/index.html 

辻堂バーナー http://tsujidokarate.com/index.html

tomotaka http://www.facebook.com/tomotaka.onogawa

空手道 大船道場 和のブログ http://ameblo.jp/ofunadojo-nagomi/

空手道 和(なごみ) http://30min.jp/place/2416257 



(空手道 辻堂道場)「稽古の深さ」

武道には型稽古というものがありますが、空手は特に型を大切に稽古します。
この型稽古は実に奥が深く体の動きだけではなく、呼吸、心の状態などを合わせて稽古していきます。
単純に同じ動きを繰り返すだけのものではなく、やればやるほど深まっていきます。体の使い方、呼吸、心の状態。それらを調和する方向に向かわせるので生き方も深まっていくというのが更に深みを感じさせます。
型というのは一見すると不思議な動きをするものが多いですが、その体の使い方自体が呼吸や体を柔らかく、強くするように出来ているのです。
私も初めて型の具体性を知った時は驚きました。
それぐらい見事に上手く作られています。
そして、この型のなかにある具体性に気付いていけると「空手は平和の為にある」とか、「空手は人を傷つけないもの」という事の意味が理解できるようになっていきます。
人間の体は力ではなく呼吸で強くなるようになっている。
呼吸は心の状態も大切。
という事は人としての心を大切にするという事は本当に意味のある事。
そういった事を基点に型の技は作られている。
決して力ずくで人を倒す為だけに作られているものではない。
人を必要以上に傷つけない技がたくさんある。
技という厳しさ、その技を成立させる為の柔らかい心と体。その両方を同時に鍛錬できるように作られている。
だから人間が育つ。人を思いやれる。武道(厳しさ・平和)なんだな。
という事がだんだんと解ってきます。
「武道は勝ち負けではない。人を大切にするものだ」という教えは正になのです。
初めて知った時は本当に感動しましたし、今もその気持ちは強くなっています。
自分が凄くなろうという世界ではなく、本当に人を大切にする道だからです。
心の大切さが見直されている社会にあって、このように深く感じ入れる武道ならば道場生の皆さん、生き方に迷っている方のお役に立てると確信します。
これからも大切に皆さんと武道の道を歩んでいきたいと思います。

思えば型の大切さに目を向けずに稽古している頃は、人に勝つことや自分の体を鍛えてガッチガッチにしておく事に躍起になっていました。
そういう事をやっていると生き方も、物の見方も全てがそのようになっていってしまいます。良くも悪くも体を通しているので、衝突をしている事によって心も頭もそうなっていくのです。
つまりはやればやるほど人が不幸になっていくという事にもなりかねません。
当時の私も「空手は平和の為と言われているのに何だろうこれは・・・」と矛盾と迷いを感じていました。
その当時の経験のおかげで、ジャンルは違っても同じような苦しみを抱えている人の思いが理解できるようにもなり、空手が人様の役に立てるものだと確信する事につながりましたが、今思い出しても良い教訓です。
今の社会は競争や衝突を基本としているものがたくさんあります。
切磋琢磨と言えば聞こえは良いですが、実際は行き過ぎた競争により潰し合いになっているケースも多々見られます。空手の事を例にあげましたが、似たような苦しみを感じている人はかなり多いという事も感じています。
思いやりの心が失われ、引きこもったり、更に衝突したり、逃げたりする人もいるかもしれません。
そういった方々もぜひ心の大切さに気付き、希望を感じて、立っていただければ嬉しく思います。
体を鍛錬するのも、心を尽くすのも、仕事をするのも共に良くなっていくため。
1人1人がそういった心を持てればと思います。
武道には答えがあります。深い道があります。これからも共に歩んでいきましょう。

  お知らせなどはこちらで確認していただければと思います。
  http://tsujidokarate.com/index.html 

辻堂バーナー http://tsujidokarate.com/index.html

tomotaka http://www.facebook.com/tomotaka.onogawa

空手道 大船道場 和のブログ http://ameblo.jp/ofunadojo-nagomi/

空手道 和(なごみ) http://30min.jp/place/2416257 



 

(空手道 辻堂道場)「武道の伝えてくれるもの」

空手・武道というものは平和の為に存在するものだなと稽古すればするほど思わされます。
武道というと戦い・勝つという破壊的なイメージだけが先行してしまいがちですが、それはあくまで武道の始まりがそうなのであって、実際は全くそのようなものではないんだなという事です。
特に最近は確信をもってそのように思えるようになってきました。
もちろん最初は戦う為に生まれたものですが、素晴らしいのは昔の人達がそれを決して良しとはしなかった事。
人を傷つけない技術を生み出し、それを心とつなげていった事だと思います。
空手には基本・型があります。
それらの技を稽古していくと力では全く成立しないものばかりです。
「勝ってやる!」と心や体に力も入っている状態だと本当に駄目なのです。
型の体の使い方は、ほとんどが体を柔らかく呼吸を大切にする事によって相手にも成立します。
昔の武道家は「人に怪我をさせるのは技ではない」と話されていたそうですが、そのように1つ1つの動きが作られているというのが、武道が本当は何処に向かおうとしているのかを教えてくれているようですね。
武道ですからもちろん厳しい部分もあります。しかし、技から伝わってくる本当の真意は何か?を探っていくと、人を大切に思う温かい心が根底にあるなと感じるのは私だけではないと思います。武道・空手はここなんですよね。
人を大切にする、心を大切にするのは誰でも思っている事です。
でも、時としてそれらの大切さを忘れてしまう時もあると思います。
競争・勝ち負けで苦しんでいる人達が多いのも、それを表しているように思います。
しかし、そういう時でも武道ならば心の大切さを伝えていけます。
心がある時も、ない時も露骨に表現をする武道だからこそだと思います。
昔は本当の殺し合いが身近にありました。
人が人である為には何が大切か?失ってはならないものは何か?本当に殺傷する技術だけで良いのか?こんな事を続けていて良いのか?と、
悲惨な状況を見て、真剣に平和を願い、考えさせられていた人達もたくさんいたと思います。
昔の空手の先生は闘争をせず、型を大切に稽古されていたと聞きます。
・・・本当にお互いの平和を大切にしていたのだろうなと思えます。
技を深めていく事によって人を大切にする精神を残していかれたのだろうなと思えます。真剣さ、温かい心。武道の伝えてくれるものは特別なものではなく、私にとっても皆さんにとっても、大切な心なんですよね。
だから武道は大切なものなんですね。
また、武道家の人達は上を目指して立派な大人物になろうとしたのではなく、ただ皆と一緒にいて技を極めていった。心・平和の大切さを伝えていった。
こちらも納得がいくような気がします。
平和が目的ならば必要以上の野望は必要ないからです。
こういった武道が伝えてくれるものを考えていくと、勝てば官軍、負ければ賊軍は本当はないはずです。
全員が刺されたら死にます。突き詰めれば全員が賊軍です。
どんなに鍛えても刺されたらすぐです。誰が良くて、誰が駄目などは本当はないはずです。型を稽古すると誰もが力ずくでは駄目です。呼吸や柔らかい体の使い方で技が深まります。心もそうです。強い弱いではない事を教えてくれています。
真剣に技を稽古する。心を深めて日常に活かす。平和に活かす。
そこに価値があるという事ではないでしょうか。
今年は、今以上にそのような事を大切に思える稽古ができたらと思います。
最近の稽古でも、道場生の皆さん1人1人が良くなっていくのがハッキリと解ります。心から嬉しいですし、感謝します。
今年も武道の深みを目指して共に歩みましょう。調和を発信していきましょう。


  お知らせなどはこちらで確認していただければと思います。
  http://tsujidokarate.com/index.html 

辻堂バーナー http://tsujidokarate.com/index.html

tomotaka http://www.facebook.com/tomotaka.onogawa

空手道 大船道場 和のブログ http://ameblo.jp/ofunadojo-nagomi/

空手道 和(なごみ) http://30min.jp/place/2416257 


記事検索
プロフィール

onogawakarate

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ