おはようございます、小野です。ブログなどで再三お願いしています「おたふくかぜ」のワクチン接種ですが、打ってね打ってねとアナウンスするには下記の様な理由があります。

おたふくかぜ自体は2週間程度の潜伏期間の後に耳下腺(耳の付け根のつばをつくる臓器)が腫れるウイルスの病気です。片方だけの事もあるし、両方の事もあります。だいたいは1~2週間で腫れがなくなる、そんな単純な病気で治療法自体もありません。5日間程度、学校を休めば済むだけ。時に髄膜炎の合併を見ますが、これも自宅療養か数日の入院で治ります。これらは正直、大したことのない情報で、皆さんもご存知だと思います。

ややこしいのはおたふくウイルスが耳、いわゆる内耳とよばれる耳の奥へ侵入した際に起こる合併症がヤバいわけです。つまりは難聴です!難聴!!!

この難聴、実は軽度なものはほとんどなく、8割以上は高度難聴(会話の内容がわからない、周囲を把握できない程度)として現れ、残念ながら9割は治りません・・・そう難聴になってしまうと治らないのです!ここがミソなわけですね。

片耳だけなら・・って言われることもありますが、それも大きな間違い!ざわざわした場所での会話の聞き取り、自転車のベル、自動車のクラクション、名前の呼び出し、などに対応できないのです、片耳の難聴でも!そう、それだけ重大な合併症がおたふくで比較的高頻度で起こると発表されたわけです。

また難聴以外に耳鳴りや眩暈に悩まされる方々もいらっしゃいます。「耳の中で小人が歌ってる」なんて言う子供さんも居るそうです。

要約します。おたふくは基本、単純な病気です。でも、合併症、中でも難聴の率がえげつなく高い!そしてほとんどが治らない。子供の場合、言葉に影響が出てきます。

現時点では無料ではありません。当院では1回4000円で接種可能、CD1枚+1000円程度で予防できる訳です。安室ちゃんのスペシャルCDやDVDよりはるかに安い!その値段で難聴を回避出来るわけです。ここを節約してはあきません!!!

ご自身のお子様が急に耳が聞こえなくなったら・・・そう考えるだけでぞっとしませんか?

当院は「おたふくワクチン」を積極的に推奨しています。

是非是非、予防接種お願い致します。ご予約お待ちしています!

☎072-773-6155

医療法人 おの小児科
小野 英一