2007年05月03日

■患者9割が足切断回避


情報を知っているのと知らないのでは、とてつもない差がある・・・
と言うことで、この記事をピックアップしてみました。

“糖尿病”で足を切断と言えば、
少し前の『村田英雄』さんが思いつくのは、まぁ、年代のせいかも・・・

実生活では、複数人の「足切断経験者」と親しくさせて貰ってますし、
予備軍も、今現在、家族にいますし、他人事とは思えない。
なにせ、深爪しただけでも、「膿む⇒治らない⇒切開」となるのです。
火傷だって、お鍋に触れただけでも、皮膚だけでとどまらず、
その奥の方まで、傷が行く・・・
歯を1本抜くのだって、町中の歯医者さんで出来ず、
口腔外科に入院⇒手術・・・

とにかく、重度の糖尿病は、本人はもとより、
家族まで巻き込むやっかいな病気です。
しかも、本人がきちんと治療すれば、悪化しないのにね。
その「きちんと治療が出来ない」のも、糖尿病の症状だそうで。

と言うことで、
  マゴットセラピー
と言う治療法があることを覚えておきたいです、はい。




  〜〜 この記事の続きはこちら 〜〜

Posted by onseian at 16:23Comments(0)TrackBack(0)

2006年10月31日

■ゴッドハンド Dr.福島

TVで紹介されてることが多い「脳神経外科 Dr.福島」が、
主軸となる病院が出来るそうです。

今年10月2日には、東京駅に近い場所に出来た「東京クリニック」でも、
予約診療が可能になっているようです。

先日も私事ながらと書きました病気になった時、
 原因が脳腫瘍であるならば、とりあえず、北海道にいる
 福島先生の門下生を訪ねて行くぞ!
なんて、思ったりしたわけで・・・

そんなこんなで、関連記事を見つけたので、
エントリーしておきます。

061031-fukusima




  〜〜 この記事の続きはこちら 〜〜
Posted by onseian at 02:21Comments(0)TrackBack(0)

2006年08月22日

■孤高の人

「ポアンカレ予想」が、解けた・・・らしい。

で、ボアンカレ ?(`・ω・´)?
フランスの数学者・哲学者であるアンリ・ポアンカレ(1854〜1912)
なるお方が、1904年に出した幾何学に関する予想だそうで・・・

私には、よう分からんのですが、
何しろ、数学界には、とてつもなく難しい問題が幾つもあって、
それらの解法は、容易くは出てこないってこと位は知っているわけで・・・

それらの中の一つが、解けそうだということらしく・・・
そして、その解法を考えついた方が、型破りなお方だと。

雑学ネタとしても、知っておいたら、何かの場面で、
役立つかもしれないので、エントリーしておきますね m(__)m



  〜〜 この記事の続きはこちら 〜〜
Posted by onseian at 23:39Comments(0)TrackBack(0)

2006年08月02日

■一般常識判断

ちょこっと、チラシの裏・・・
修理に出していたメインPCが3週間振りに戻ってきました。
中身がほとんど新品状態になってました。
 160GBだったHDDが250GBになっているのは、なじぇ?
 ちゃんと動いていたDVDドライブが新品になっているのは、なじぇ?
 その他のソフト類がバージョンアップされているのは、なじぇ?
総額、12万って・・・
まあ、販売店の保険に入っていたので、無償でしたけど。

今現在、せっせと、カスタマイズ中。
改めて、いろんなソフトを入れてあったんだなぁと・・・


今日は、巡回Blogの中から、玄倉川の岸辺さんとこにあった診断テストを紹介。
皆さんも、トライしてみたらいかがでしょうか?


ちなみに、ワタシの結果は・・・62% …_| ̄|○
 政治はいいけど、経済が駄目ぽ・・・

ヒソヒソ(☆゚ω゚)ネェネェ(゚ω゚☆)、キイタ?(★゚ω゚)アホネ!(゚ω゚★)ウン。絶対アホヨ!
はい、知識がとっても偏ってました。
お勉強の必要があります(自己嫌悪)

COMMON SENSE 一般常識診断

*** 勝手にTB ***
玄倉川の岸辺
 常識の悲しみ

  
Posted by onseian at 12:49Comments(0)TrackBack(0)

■一般常識判断

ちょこっと、チラシの裏・・・
修理に出していたメインPCが3週間振りに戻ってきました。
中身がほとんど新品状態になってました。
 160GBだったHDDが250GBになっているのは、なじぇ?
 ちゃんと動いていたDVDドライブが新品になっているのは、なじぇ?
 その他のソフト類がバージョンアップされているのは、なじぇ?
総額、12万って・・・
まあ、販売店の保険に入っていたので、無償でしたけど。

今現在、せっせと、カスタマイズ中。
改めて、いろんなソフトを入れてあったんだなぁと・・・


今日は、巡回Blogの中から、玄倉川の岸辺さんとこにあった診断テストを紹介。
皆さんも、トライしてみたらいかがでしょうか?


ちなみに、ワタシの結果は・・・62% …_| ̄|○
 政治はいいけど、経済が駄目ぽ・・・

ヒソヒソ(☆゚ω゚)ネェネェ(゚ω゚☆)、キイタ?(★゚ω゚)アホネ!(゚ω゚★)ウン。絶対アホヨ!
はい、知識がとっても偏ってました。
お勉強の必要があります(自己嫌悪)

COMMON SENSE 一般常識診断

*** 勝手にTB ***
玄倉川の岸辺
 常識の悲しみ
  
Posted by onseian at 05:06Comments(0)TrackBack(0)

2006年07月25日

■盲導犬と介助犬と聴導犬

盲導犬の方が、ペット犬より、ちょっぴり長生きと言う、
根拠ある検証がされたようです。

同会の下重貞一さんは“長命”の理由として、「ワクチン接種やフィラリア予防の投薬がようやく普及してきたペット犬に比べ、盲導犬は仕事の性質上、常に清潔や体調などの健康管理が行き届いているからでは」と分析している。


仔犬の頃は、所謂“猫可愛がり”してても、
成犬になると、邪魔者扱いにしている飼い主も多いですよねぇ。
散歩もさせてもらえず、最低限の世話もしてもらえず・・・と言う犬より、
本当に大切にしてもらっている犬の方が、幸せなんだろうなぁと思ふ。

今回の調査は、盲導犬だけれど、日本にはその他に、
公的地位が認められている犬には、介助犬と聴導犬がいる。
それぞれに、出自や訓練法は違うけれど、
自分に与えられた仕事を、生き生きとこなしていることを、
知って欲しいものです。

ワタシの古くからの友人の友人宅には、聴導犬が居ます。
いま、飼い主とその聴導犬は、もっと多くの人に、
聴導犬の存在を知って貰おう、聴導犬を応援してもらおうと、
日本中を駆けめぐっています。

身体障害者補助犬法と言う法律が出来、聴導犬も介助犬も、
盲導犬と同等の扱いになっています。

町中で、補助犬たちを見かけたら、飼い主に許可を貰ってから、
なでたり、ほめたりしてくださいね。
突然、手を出したら、駄目ですよ。
彼らは、仕事中なんですから (⌒-⌒)ニコニコ...





  〜〜 この記事の続きはこちら 〜〜
Posted by onseian at 04:08Comments(0)TrackBack(0)