兵庫県神戸市「太山寺温泉 なでしこの湯」にて11回目の温泉ソムリエ認定セミナーを開催しました。

なでしこの湯は放射能泉で、源泉温度は25度です。

放射能泉は温泉成分のラドンを「吸引」するのがもっとも効果的で、吸引で免疫力が上がる「ホルミシス効果」があります。

このラドンは気体の放射性物質のため、温めると気か抜けるので効果がなくなります。
ですから、源泉温度が低い宿命にあります。

そんな放射能泉の効果を最大限に発揮させるように、「湯づかい」をどんどん進化させているのが、なでしこの湯です。

■冷たいままの源泉風呂

放射能泉の成分ラドンが消えないように、あえて冷たいままの温泉を使った浴槽があります。
しかも打たせ湯ならぬ打たせ水があるのですが、これでミストが拡散し、「吸引」しやすくなっています。

■ホルミシスサウナ

温泉をナノレベルの小さな粒子に分解したミストサウナがありますが、こちらも「吸引」ができる放射能泉の特徴を最大限に生かしたサウナです。

そして!今回登場したのが、放射能泉ロウリュウと放射能泉炭酸泉です1

■放射能泉ロウリュウ

サウナの熱源である焼石に30分ごとに源泉の温泉水がかかることでラドンのミストで満たされるサウナです。
これは世界初とのこと。

■放射能泉炭酸泉

放射能泉の温泉に炭酸ガスを加えた浴槽が登場しました。
放射能泉としての効果に炭酸ガスの血管拡張効果が加わります。
こちらも世界初とのこと。

今回も「なでしこの湯」で癒されました。

さあ!温泉ソムリエになろう!
 ↓↓↓
温泉ソムリエ

20210707なでしこの湯