ONZ Fishing

Bassfishingに関する独り言

ここ最近の釣果in琵◯湖

IMG_7130IMG_7129

 


  6月3日、4時間ほどの釣行、中型ブラックが2本、クランクとサムルアーのリップレスサミングで、シャローの大型はどこ行ったんや~の結果でした。


IMG_7128IMG_7127 




  6月4日の釣果、短時間ですが連続釣行です。クランクにて、2本。ランカーはどこや~の結果でした。
2日とも同じ琵◯湖 最下流、久しぶりにスピードの罠で釣りました。ちなみに連続で無理な釣行をしたため体調を悪くし一週間程苦しみました。


IMG_7126IMG_7125 




  6月11日の釣果、やや湖東寄りのリップラップ地帯へ、約4時間クランクベイトをキャストしまくりましたが、このサイズを2本釣るので精一杯でした。フラットシャッドのJP1なるかつて数千円もしたクランクを超根掛かり地帯に投げ込みました。


IMG_7124 




  6月17日の釣果、約3時間クランクベイトをキャストし苦し紛れの1本、 これでもか!のキャストの応酬でしたが、全く後が続かず、時間切れとなりました。シャロークランクのバジングにて。この日は釣り人が本当に多く22時を過ぎても全くポイントが空かず、空いている場所一箇所でほとんどの時間を費やし終わってしまいました。歳を取りランガンする気力が無くなりつつある自分が情け無いです。

  感想:釣果が厳しくてもクランクベイトでの釣りはやはり中毒性がありますね。規則正しく動くルアーの抵抗がふっと軽くなってその後、ブンブン魚の動きが伝わってくるのが堪りませんね。 

5月21日 連続釣行 琵◯湖

日曜に続いて連続で琵◯湖へ、早めに仕事が片付いたので3時間弱ですが出掛けました。前日の水況から比較的簡単にランカーが釣れる予感がしていたので(あくまでも単なる予感ですが何年かぶりにいい状況に出会ったので)行ってしまった次第です。
ランカーの予感ということで20ポンドラインから25ポンドラインに巻き替えたリールを使用しました。アメリカの安いナイロンラインにつき極太ですが浮力が稼げるので微妙にウイードが伸びている場所でのクランキングにぴったりと言うことで。
例年この時期に硬いロッドを使って失敗しているので、ここ数回の釣行はティップがかなり柔らかいキャスタウェイ社のグラファイトロッドを持参しています。ヘビーアクションロッドのように魚の抜き上げは不可能ですが、ロッドが折れてもラインさえ魚と繋がってればいいので食い込みと、ラインブレイクしない事が一番です。今回の釣行にても柔らかいティップのロッドは今の時期限定で有効だと思いました。
IMG_7139IMG_7138IMG_7137








結果ですが、小型1本(画像無し)、ランカーサイズを2本掛け1本バラしてしまいました。
今回はシャローへの上がり口のブレイクラインを狙いました。ウイードの中とかではなくブレイクラインの真上をルアーが通るだけなのでかなり感覚的な方法です。不定期に風向きが変わり波の動きが出たタイミングが狙い時だったと思います。ウイードがない場所は無風ではまず釣れない感じでした。

一かゼロかの釣りでしたので釣れてホッとしました。

5月20日 琵○湖釣行

df1139cb.jpg
c3246fd8.jpg
14a4ca21.jpg
2343518b.jpg
2de042e6.jpg
1e2621b9.jpg
本日、久しぶりにバッシングに出掛けました。日没のタイミングで19時前に現地着。探りたいポイントには人人人、真っ暗になっても帰ってくれる気配はありません。長い間平日に釣りをしていませんが、いまだにバスブームが続いているのでしょうか?
日没前にクランクのアイチューンをやっている最中、超高速で引いていたフラットシャッドに足元で小型が喰ってきました。どうやら今日は粘ればいい釣りが出来そうな感じがしました。
今日は前回釣れたクランクのみでやろうと思っていたのですが(迷ったりルアーチェンジしている時間が無駄)結局色々投げてしまいました。途中、仕事の電話で1時間程中断しましたが、数匹のバスといいコンディションのランカーが混じりました。体格、下顎の分厚さともにいい魚です。
話は変わりますが自分のスマホでの撮影は両手を使うため、右手が添えられず世に言う魚の口を押さえる口閉じ撮影なるものが出来ません。自分自身が魚とのファイトを楽しんで納得の出来る釣れ方なら、フォトトーナメントや釣果自慢ブログでもない限り些細なことはどうでもよく、まあ釣れませんが60アップならきっちり計って自慢したらいいのではないでしょうか?
実はブログを始めるまで、殆ど魚の写真を撮ることはなかったですしこのブログ始めた初期の頃はメジャーなんぞ置いて撮ってません。考えてみれば釣りを中断して写真を撮る行為は釣果を下げてしまわないでしょうか?琵◯湖の場合大型が釣れた時は付近に同じサイズの群れがいる可能性もあるし、時合いのタイミングにロッドを置いてバタつく魚を地面に押さえ付けて、メジャーまであてがえば相当な時間を浪費していると思います。連続ヒット(死語)なるものを長きに渡って味わってませんがよくよく考えると写真撮影でタイミング逃しているのかもしれませんね。
ブログに載せる目的が皆無なら目測で確実に50を越えている魚以外は撮影しないか、一枚だけメジャー無しで素早く撮ってリ◯ース、次のキャストに移ったほうがいいのかもしれません。とは言いつつ、ここ数年まともな 釣果あげてなかったので一切偉そうな事は言うべきではないですが。


4月22日 琵○湖釣行

70b9da17.jpg
7862bfda.jpg
213d0a6e.jpg
257bde0e.jpg
19時過ぎ現地着、昨夜徹夜の仕事だったため出発するのがかなり遅くなりました。とは言いつつ何時ものことですが…。
釣果はクランクベイトにて3本、子バス1本と久しぶりに良型のブラックが2本釣れました。
実は釣れた時刻は21時半過ぎ、いつもの如くいったい何時になったら釣れるねん?とヤバい雰囲気が感じられた矢先でした。
写真に釣れたルアーが写ってますが、入れておいたら役に立つだろうとボックスに毎回入れて持って行ってた物で、かなり長い間こいつがハマると思われるタイミングが無く、久しぶりに出番が来た感じです。ロッド等も含め使うルアーも岸からの釣りではとことん絞り込んだ方が釣りに集中出来ると思います。特に短時間勝負の場合、ルアーチェンジする時間はもったいないと思いますし、このロスタイムを更なる一投に費やした方が魚がストライクする確率が上がるのではないかと考えます。初めから釣れる状況を自分の中にセッティングしておき、後はブレずにひたすら仮説パターンを押し通す方が特に短時間釣行では良いような気がします。
ただし今回関しては、ルアーの選択幅を制限しておくのではなく、ある程度の選択肢の中から自分の中で使い分け出来る駒を数種類持って行って正解でした。
もう一つ、悲しいのは三千円以上するようなハンドメイドのクランクに全くバイトがなく、比較的安価なマスプロダクションのプラスチック製クランクの方が明らかに喰うような状況が起きる事があるということです。クランクベイトを単なる消耗品と捉えるなら、きわどい所へ投げたり曳いたりすることを躊躇するハンドメイドクランクを軸にして釣りをした場合、釣果を落とす原因を自分で作り出しているようなものですね。

4月1日 琵○湖釣行

cda9fe8f.jpg すでに一週間前ですが、例の如く遅がけからバッシングに行ってきました。
現地着、19時、既に薄暗くなりつつありました。今回も入ろうと思っていたポイントに入ることは出来ませんでした。実は今日来た辺りは、どこもあまりに人が多いため、のんびり釣りをするためのあまりにも当たり前であほらしい、特に上級者やマニアがほとんど来ないエリアでした。またそのようなエリアなので日が落ちたらほとんど人がいなくなるエリアのはずですが…。なるほど、あのリンリンブログのりんかちゃんのDVDに出た場所のようで、考えてみればその辺りのバスプロより遥かに注目、人気があると思うので当然と言えば当然見ている人も多いわけです。自分もこの辺りで釣りをして、高校生のころから逆算すると30年ほど来ている場所です。
久しぶりにりんかちゃんのベイビーメイビーを口ずさみながらキャスト開始となりました。もし釣り場で会ったらツーショット写真と、タックルボックス、リュックサック、帽子にサインをお願いしたいと思います。
で釣果ですが、かろうじて1本、いや苦し紛れの1本で時間切れ終了となりました。本年初バスなので喜ばなくてはならないのですが何とも微妙です。
嗚呼、りんかちゃんに会いたい…。

今日も敗北 2018 03 25

dbbe0047.jpg
70a0bcb2.jpg
本日、琵○湖に行って来ました。
結果はタイトルの如く、ブラック水揚げ成らずでした。状況としては、3バイト3バラシでチャンスをモノに出来ませんでした。が、毎年の如く春先に魚を掛けてランディングで逃げられるのは恒例のことで、またやられたか!の繰り返しです。
さて、今日は出発が遅く現地着は18時半になってしまいました。水況は思ったより良さそうで今日こそはゲットと思いきや甘かったです。タイトルの如くランディング段階のフックアウト、ただ今日の感じでは、魚が勢いよくルアーを襲うというよりなんとなく軽くつついてみようという雰囲気があからさまに感じられるゆるいバイトで、フッキングした瞬間からバレるなと感じました。なぜなら相当ゆっくりにラインテンションをゆるめながらルアーを巻いていたので、概して魚の吸い込みがゆるいという感じがしました。果たしてプレッシャーによる魚の警戒心故か、自分の狙ったポイントの魚の活性が弱かったのかはわかりませんけど。
また次回頑張りたいと思います。

写真
:フェザー付きのスクラウンジャージグはなんと水面付近をバルジリトリーブしている時にゆるく魚がひったくっていきました。
:結構ヒット率が高かったフラットサイドですら釣れなくなってきました。
:アラバマっぽいやつはブーヤのブーリグというやつで非常に面白いです。ハードルアーの前に連結させて使うモノですが、手間が掛かりません。今日初めて使いましたが、これからはだだっ広いオープンウォーターでルアー選択に困った時に使用していきたいと思います。

2月25日 琵○湖釣行

43807ed2.jpg
d9b79613.jpg
ee3292d6.jpg
6d48a511.jpg
本日、久しぶりにスポーツフィッシングに出掛けました。本年初釣行でしたが、結果はゼロ、なぜスポーツフィッシングになってしまったかと言うと安物の重たい防寒着を着て重たいタックルをブンブン振り回しなが虚しく歩き回りかなりの体力を使ったからです。実は休日をとれたのも本年初で年末から働き詰め、ようやくの休暇でした。
さて、自分の考えとしては琵○湖の春の釣りは2月末と言うタイミングが重要で3月10日迄が勝負、これを逃すと4月中旬まで苦戦が続くイメージがあります。天候にも恵まれ確かにアウターを重ね着してるとはいえ暖かい夜でした。今日ランカーを釣らなければ今年の本当の意味の60アップを釣るタイミングを逃してしまうと言う事です。
さて、一応自分なりの仮説を試してみましたが敗北でした。それにしても釣り人の多さも尋常ではありませんね。17時から22時半まで現場に居ましたが入ろうと思っていたラインにすら入ることが出来ず時間切れとなりました。バスとの闘い、自然現象との闘いというよりまさしく釣り人との闘い、どのタイミングでどのポイントに滑り込むのか、先行者の釣り方を見てそのあとのその範囲をどう釣るのか?等悩んでリセット出来ないまま時間切れが来てしまうのがここ3〜4年の傾向ですね。また琵◯湖に来てつくづく思うのはひょっとして特定のルアー以外要らなくなってきているのでは?と言う事です。これを言ってしまうとルアーを買い漁る楽しみやビンテージルアーを試す楽しみまで否定する事になるのですが、琵◯湖周りの釣具屋を巡ったことのある人なら品揃えを見れば一目瞭然でしょう?
さて、 本日のルアーですが、ローカルなブレードルアーから古典的なモノまで使ってみました。今日1番のテーマはスーパーシャローでのミノーのただ巻きでした。前回も密かに使ってみたのですが、マーベリックの泳層と動き、微妙な浮力は堪りません。これに関しては復刻モデル?かなり汚らしいエイトカンバージョンとシール目バージョンがあるのですが、動きのバランスはやはりオールドがいい感じですね。
シーバス用?のハンドメイド、バタフライマンの動きも実に絶妙です。動いていないようで実は動いている、痙攣した動きが実に生き物チックです。実はこのルアー、見た瞬間に一目惚れして思わず大枚を叩いて買ってしまいました。もっと昔にこいつを持っていたらあの時釣る事が出来なかった魚が釣れただろうなとフト思いました。ここから動きを弱めてジグミノーへ波動を落としていくのですが、もちろん釣れる訳はなく自己満足ローテーションで終了です。
余談ですが、寒い時期はやはりブレードルアーは持っておいた方がいいと思います。今更ながらやっと気づいたのですが、これは釣るためのルアーとしてではなく、遠投してはリフトアップしながら身体を暖める道具ですね。これをガチガチのヘビーアクションのロッドでブン投げて繰り返しリフト&フォールしながらリールを巻くのは体力を必要とします。この地元でよく使われているローカルメタルはかなりのバイブレーションを起こす構造でイナズマのような振動がブルブルと手元に来るので寒い中で途切れがちなバスフィッシャーマンの集中力を繋ぎ止めるのに役立つと思います。サスケやリトルマックス、その他の市販品やプラスチックのバイブレーションプラグでは得られない暴力的なバイブレーションを感じます。適度にこれを使って振動で眠気を覚ましながら身体を暖め、いざという時に集中力を出せればと言うオチです。本当のところはこれだけで釣れればいいのでしょうけど…この手のルアーで釣れる魚も減ってしまったのでしょうか...

11月5・琵○湖釣行

e8ec8458.jpg かなり前の釣行になってしまいましたが、久しぶりの休みが取れ夕方からバッシングに出掛けました。前回の琵◯湖からかなり間があいてしまったので、季節の進行がわからないまま秋口の格好で出掛けてしまいました。それでも念のため少しぶ厚めのフリースを凌ぐヴィンテージのかなり分厚いウールシャツを着ていきましたが、実に寒い夜でした。
この日の釣果ですが画像の一本のみでやっとでした。定番のフラットサイドクランクや、動きの弱いタイニークランク、バイブレーション等過去に切り札になったルアーを使いましたが全く釣れず、ヤケクソで投げたグランドファーザークランクで一本釣れただけでした。タイニークランクで釣れなかったのに、これで釣れる?しかも同じコースにキャストして、サイズこそ小さい魚ですが、ルアーによる魚の反応は実に面白いですね。
さて、この日ですが、非常に身体がだるく(重く)、疲れが蓄積していた上に、全身寒気で途中何度かコンクリート護岸に横たわってヘタリこんでしまいました。さすがに暗闇の中このまま寝てしまうと死人に間違われかねないので、必死に眠らないようにしました。 久しぶりに闇夜の湖岸で、もちろん布団無しで眠ってしまいましたがさすがにしんどいです。
二度目のバイトは、半眠りで護岸に座り込みつつレッドアイシャッドをリフト&フォールしている時に突如ロッドに重みが掛かりました。が、半眠りの状態だったので、前方で魚がジャンプしてはずれた後に大きな水音で目が覚めました。
「退散」過去に中途半端な退散はあり得なかったのですが、さすがにこの日は、終電を待たずして終了せざるを得ませんでした。まさしく屈辱の二文字、自分の体力の無さと歳をとったことを改めて痛感させられました。
たくさんのルアーを集め、たくさんのプラグを持って釣りに来ても結局体力がなければ何の役にも立たない、釣りの最低条件である「粘る」ことが出来なければ集めた道具や理論は何の役にも立たないと改めて痛感させられた釣行となりました。

10月8日 琵○湖釣行

d79e416f.jpg
75847362.jpg
9e3aea02.jpg
本日18時から22時半までバッシングに出掛けました、と言うよりまだ帰りの電車です。今回もとにかく釣れないの一言、新しいポイントを開拓する元気もなくありきたりの場所へ来てしまいました。
それにしてもまだブームなの?と言うぐらいバスマンがいてなかなか投げたい所に投げる事が出来ません。
釣果ですが、小型が3本のみ、なかなか大型の手掛かりが掴めません。最近よく使っていたブラッシュポッパーと、サムズルアーのコトカスで釣れましたが、狙っているサイズには程遠いサイズでした。
果たして次回ランカーと呼べる奴に巡り会えるのは一体いつの事やら…。

9月24日 博打負け

6095a1c3.jpg
13dd450a.jpg

本日、夜から琵○湖、湖西に3時間程出掛けました、というよりまだ帰りの途中です。
今回の釣行のきっかけは最近サムズルアーがやたらプレミア価格で売られているので、不思議に思ったのと(長い間サムズルアーの存在を忘れていた)、かつて何回かサム○岡さんと会ったことがあるあの湖西の砂浜が急に懐かしくなったからです。こちらがキャストしながら浜を右へ進み、あちらもキャストしながら左から進んで来てすれ違い、釣れますか?とか、さっきデッカいのバレたわ!とかよくある短い会話ですれ違った事が何回かありました。とはいうものの、今から15年程前の話ですが…。何せ○岡さんの鋭い眼光が印象的でした。
で、昨日の夜にサムズルアーを持って湖西に行こう!と思い付き、仕事を終えてつい湖西へ博打を打ってしまいました。大阪を出たのが既に17時をまわっていたのでポイントを外せば終わり、何せ遠いです。 さすがに日が短くなったのか現地着19時過ぎで真っ暗です。
結果ですがポッパーでワンバイトと空振り、カウントダウンラパラで、ケタバスが一本釣れたのみで終了しました。持参したサムズルアーや○岡さんが開発に関わったというラッキー○ラフトのワンダー等使ってみましたがバスの気配は感じられませんでした。 また、かつてこの浜にわんさか押し寄せていたコアユが全く見当たらない感じでした。もしくは自分の相当な視力低下で見えなかっただけかもしれません。まさしく来る場所を外していたのだと思います。
一つ思ったのはサムズルアーはクランクのようにただ巻くだけでオートマチックに釣れる種のプラグではなく、かなり玄人このみのルアー、湖西や湖北の釣りがうまい人、プラグを丁寧にアクションさせる集中力を持っている人達が愛用するルアーだと思います。また湖西・湖北の浜、魚のやって来るタイミングを熟知し、最適なシュチュエーションにはめ込んで役割を与える、そんな位置付けのルアーだと思います。正直、自分にはこのルアー陣を使いこなす集中力とテクニックが全くありません。何回も浜に通い込み使い込んでいかないとこれらのプラグの真価はモノにできないと思います。だから、釣れるという伝説を鵜呑みにしてネットや、釣具屋で昔のメガバスのように法外な値段を付けて売られているのを見ると釣○具業界、相変わらずやな、と思ってしまいます。

今回は不完全燃焼でしたが、やはり湖西の水は心が洗われるぐらい澄んでいるのが夜でも分かるぐらい美しかったです。


プロフィール

onz0402

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ