最新コメント
記事検索



5style、レシピブログに参加しています!
May 28, 2013和風膳・復習
PermalinkComments(0)gourmet | cooking
DSC06600
先日の奈々先生のレッスンから帰ってすぐ、復習しよ!と思って作ったのがこちらです。
麺がなかったので担々麺はこの後の日に作ったんですが…
そして、色々と素材が不足してたので、とりあえず代用品が多いですけど♪
でも美味しく作れました~。

DSC06604

ゼリー寄せは最初2時間ちょっとくらいで食べようとしたら全然固まってなくて、
あれ?分量間違えた?なんて思いまいたが、その後数時間したらちゃんと
固まっていてホッ…
せっかちではダメですね!オクラがなかったのできゅうりで彩りしてます。

DSC06605

お魚は鮭にしてみて、あしらいも違いますが…鮭でも美味しい!
このお魚自体はいいものをいただいたので特に、とっても気に入りましたー。

DSC06610

ほんとはお重に詰めたいんですけどね、持っていないのでこういうガラス器ってのも涼しそうで
いいかなーなんて。

DSC06613

特にこのごはん!これはかわいいのでこれから多用させていただきまーす。

自分の家でも美味しく簡単にできて嬉しかったです♪
美味しいレシピ、ありがとうございました!




May 26, 2013リクエストレッスン
PermalinkComments(0)lesson | cooking
このところ家のことなどもあり、レッスンなどはちょっと少なく、ご無沙汰になっているのですが、これは書かずにはいられません!

先日なんとあのセトレボンの奈々先生のリクエストレッスンに、運良く紛れ込ませていただきましたー!
なんていう幸運!ここしばらくの運使い果たしちゃったかしら…
DSC07361
写真の白飛びがひどい…ほかの方はもっとキリッとした写真をとってらっしゃいます!ブログなどで拝見する通り、素敵なセッティングがこんなふうにお出迎え。

DSC07401
写真たくさん撮った気がするのに家に帰って確認するとどれもイマイチなのはなぜかしら…(^_^;)


DSC07398
とにかく綺麗で美味しいのに作り方は意外と簡単、できるかも…!と思わせるような素敵なお料理が
あっという間に出来上がります。
個人的に、自分で作るゴーヤものはいつもちょっと苦すぎる…と思っていたのですがこのゴーヤは下処理のせいかとっても食べやすく美味しかったですよ♫

DSC07403
飾り付け方がまた本当に素敵で、ごはんの盛り方などはすぐに真似できるわー!とチェックチェック!です。
(もちろんとうもろこしご飯、お味も絶品です♫
鰹の漬け焼きも、お魚も美味しかったんですがしいたけがめっちゃ美味しかったなー。
茄子の酢ゼリーもあらかじめ作っておけていいですよね。
こういうお重も…いいですよねー…欲しくなっちゃう!

DSC07419
そして和風坦々麺!
とっても爽やかに食べやすく美味しいんだけど、この肉味噌のアレンジなども教えていただいたり。
ほかのお料理にも使われてます。そういうとこ大切ですよね!肉味噌常備してもいいかもー。
そして、薬味がほんとに美味しい、夏にはたくさん作りたいですねー。

DSC07420
お素麺を使うのですが、この綺麗なあしらい方も教えていただきました。言われてみると、なるほどー!
こういう細かいところの気の使い方で差が出るんですねー。

DSC07422
これはおまけに先生が作ってくださったデザート。これも器の使い方からなるほどー!とびっくり。
この上下のグラスはセットものじゃないんですよね。どういうとこからこういうこと考えつくのかしら…
作り方もとっても簡単なんですよね♫ともかく面倒くさがりの私には「できるかも…」と思うとこがまず大切(*゚▽゚*)


DSC07431
これは普通のもなかなのに…こうやって素敵に飾っちゃうところがやっぱりすごい、奈々先生ワールド。

DSC07440
ちょっとしたおやつもこういうふうに出てくると美味しさ倍増ですね。

DSC07449
そしてさらに、、ご一緒したR-sweetsさんがダックワーズを作ってきてくださいました。
青木さんレシピだそうで、すごい抹茶感!隣にあるギモーブがまた、フランボワーズがじゅっと広がるくらいのフランボワーズ感で、とっても美味しかったです!
さすが、お店のお菓子をいつも再現されてるだけあるわーと思いました!

DSC07457

パリから帰ったばかりのqooさんからはアラン・デュカスのチョコレートが!チョコレートショップは今年できたてほやほやだそうですよ。箱をあけたとたんすごく香るんです。中身のお味も当然ながらとっても美味しかったですよー!

DSC07453
こんな贅沢すぎる会に参加できて幸せ…
そのあとも奈々先生には大丈夫かしらというほどお手間とらせてしまってすみません、でもとても楽しいお時間でした。参加の皆様ともとても楽しくお話できましたよー!
どうもありがとうございました!

とりあえずすぐに作りたくてお料理の復習をちょっとずつやったりしてますが微妙に材料が足りてなくて他の物で代用したりしてましたがそれは次回…(笑




May 20, 2013マドレーヌ
PermalinkComments(0)sweets | cooking
ものすごくお久しぶりになりました。
 この間にたまっている写真もたくさんあるのですが、記事にするまでにいたらず…
また時々アップしていきたいなーと思います。

これは先日作ったマドレーヌ。
教えていただきながら作ったのですが、マドレーヌなんて簡単に作れると思ったら意外に型離れが難しく! 
意外と奥が深いな~と思いました。

DSC06588

大量にできるとつい食べちゃって危険ですよねー!(*_*;
 


September 10, 2012村上開新堂
PermalinkComments(2)gourmet | days
先日、クッキーで有名な村上開新堂にランチに行ってきました。
2012-09-10 01:30:02 写真1

とは言っても、ランチは紹介者がいなくても大丈夫です。
ディナー はご紹介がないとダメみたいですか。
親戚とお祝いの席にと紹介していただきました。
半蔵門駅から三分くらいのところにあり、結構便利。

2012-09-14 00:00:03 写真1

アボガドのグラニテ。

2012-09-14 00:04:55 写真1

フォワグラの前菜を頼んだら、思いの外フォワグラが沢山来てしまいました(笑)

2012-09-14 00:06:13 写真1
桃のスープ。ちゃんと甘いだけでなくスープ味。
2012-09-14 00:06:55 写真1

このお魚の横についているものはなんだろうと思ったら、グリーントマトでした。
2012-09-14 00:08:22 写真1


2012-09-14 00:09:34 写真1

これもまた有名な、こちら特製のゼリー。この中から二種類選べました。私はブランデーと、桃ミルク。
ぶるんぶるんと面白いほど揺れる、ゼラチン強めのゼリーという感じです。
2012-09-14 00:13:42 写真1

小菓子に鬼灯がでました。かなり酸っぱいものなのですね!

お店は古風な雰囲気でしたがメニューはなかなか面白い食材などもありましたよ。
ご家族でおばあちゃんのお祝いにいらしているご家族など、ほのぼのする空間でした。

2012-09-14 00:20:06 写真1

お土産にクッキーをいただきました。これは珍しいので大切にいただかねば。
でも、家族は全く貴重なものと知らないので豚に真珠とはこのこと(笑)
お味は固めのしっかりとした、懐かしい雰囲気のものでした。
泉屋とかに雰囲気は似てるかな?(お味は違います)

素敵な時間をどうもありがとうございました。

September 03, 2012L'Effervescence
PermalinkComments(0)gourmet | days
もう9月になってしまいました!びっくり!
面倒くさがりの私らしく、8月がなかったようなブログになっております…見てる人も居ないと思いますが時々は自分メモに(笑)更新しなくちゃーと思ってます。

というわけで、先日 、素敵なランチお誘いをいただいてL'Effervescence さんに行って来ました。 

lef19
大通りから抜けてちょっとだけ裏道に入るととても静かな道にこんな別荘のような光景が。
こちらがお店になります。

lef18
受付を抜けると、こんなウェイティングが。天井を見ると、 L'Effervescence =泡、をイメージしたらしくこんな泡っぽい造形が素敵です。

私はあんまり予備知識もなく行ってしまったのですが、こちらのスペシャリテは蕪、と、アップルパイのような…ということだけ教えていただいたので(笑)そちらが入っているコース「より道」にしました。
(以下、メニューを頼りにうろ覚えで書いてますが、いつも通りうろ~なので間違ったこと書いてたらすみません!過去のも結構あやしいですよ~(´・ω・`)

lef17

アミューズ・ブッシュ
なすを生だったりソテーしたり、うに、トマトの層。上にはやはり泡が!
右の白いシャーベットのようなものはトマトの透明なスープを冷凍したものとか。

lef15
白烏賊のポワレと泡立てたココナッツ香るジュ&ライム、スティックセニュールをさっと火入れ、甲殻類のカラメルとアニス風落花生、香菜の葉

…改めて読んでスティックセニョールって何ぞ?(笑)
と思って調べましたら、左側の茎ブロッコリーのことみたいです!
烏賊とても柔らかで、いろんなハーブの香りが良かったです。

lef14
スペシャリテ

まるごと火入れした蕪とイタリアンパセリのエミュルション、ハモンイベリコ&ブリオッシュ

この蕪、4時間も火入れしてあるらしいです!えー、そんな、なくなっちゃう!と思ったら
後でご挨拶にいらしたシェフにお聞きしたら夏だと50度くらいで4時間、らしいです。50度だとまた温めるだけみたいな…最近低温調理をよく聞きますが、蕪もそうなのか…とびっくり。
更に、4時間のあと冷蔵(…だったかな)してから、またソテーして焼き色をつけたり香りをつけたりと大変な手間がかかっていらっしゃるそうで。

わーもったいない、きっと私程度の舌の持ち主には4時間が1時間でもわからないのでは(笑)とか思いましたが
そこは繊細な計算があるみたいで。シンプルに感じられるけどすごいしかけのある美味しさでした。

lef12
次のメインのために、こんなにナイフの種類があって好きなナイフでお食べくださいとのこと。
面白いですね。

lef08
そしてメイン。

アップルパイのように#5
フランス・シャラン産鴨肉のラグー&打木赤皮甘栗南瓜とヴァニラ、手長海老、フォワグラ、ズッキーニ、エストラゴンのジュを泡立て、時季のサラダ

本当にアップルパイみたい!こちら、#5ということで、時期ごとにナンバーが増えていくみたいですよ!

lef10
中身。
鴨肉はソースとしてみたいな使い方でしたので、主にエビとフォワグラと南瓜を感じるパイでした。
ちょっとアップルパイよりパンプキン・パイみたい。(笑)勿論もっともっと高級なんですけどね。
こちらもやっぱり泡!

lef06
デザート
果実の待ち合わせ~
アヴォカドのムース、オレンジとシャルトリューズ・ジョーヌのジュレ、ショコラノワール、ピモンデスプレット

おおおおー来た横文字~なんにもわかってない私! というわけで、また調べました。
シャルトリューズ・ジョーヌはハーブのリキュールらしいです。
ピモンデスプレット はトウガラシ。でも、検索したらレフェルヴェソンスさんの記事ばかりでてきました。(笑) 

lef04


この球体、よく見ると輪っかが横にあって、土星のようなイメージだそうです。上がバナナとアヴォカドのムース、下がみかんのムース。
この唐辛子部分は天の川的な感じかな、全体が宇宙のイメージみたいです。小さい惑星はアヴォカド。食べると本当にアヴォカドそのものなんですが、お酒につけてあったみたいです。 

 lef01
おしゃべりのひととき

この金のりんごの中にはメロンゼリーが入ってたり、ロリポップの中にはシェフのいたずらがあったりと(これは懐かしかった)いろんな仕掛けがあります。
またお皿も泡ですね。泡にずっとこだわったお料理でしたー。


その他、お店の方もとても親切でフランクに話してくださったり、来る途中タクシーに忘れ物があったのですがその話をしただけで各社に問い合わせてくださったりと、こんなこともしてくださるんだ、とびっくりしました。
さすがランチでもサービス料をとるだけはある(笑)なーんて、いえ本当に感心したので。
サービスでその他で印象に残ったのは、
それぞれのお料理を持ってきてくださるのが女の子で、高々とトレーを捧げ持って来ること~ 
3人分とか重そうなのにそれを更に高く持って大丈夫なのかなーと人ごとながら心配しちゃいました。大丈夫そうではあったんですけどね。 

お料理も美味しかったですが、楽しいお話をしながらだったので味覚の記憶が適当かしら?
楽しい時間をどうもありがとうございました^^!