こんにちは!大庭商店です。
今回も基礎から学ぼうという事で「納戸とサービスルーム」の違いです。
和風の建物では「納戸」、洋風の建物では「サービスルーム」と表記されることがいようです。
では、サービスルームの定義とは?
・採光のための窓の大きさが床面積の7分の1以上であること
・床面積の7分の1以上の窓があっても、窓の前に光を遮るものがあり影になっていれば部屋として
 認められません。
・居室として認められないため、コンセントが無い場合がある

もう少し細かい事もあるとは思いますが、これくらいの知識をもっての内見をするといいのではないでしょうか。