ブログネタ
わかる・楽しむ。裏・謎・ネタ に参加中!


  鳥の足を見て、膝の曲がり方が人間とは逆なのを不思議に思ったことはないだろうか。人間の膝は横から見ると、「<」の形に曲がるが、鳥は「>」の形に曲がる。脚の長い鶴やフラミンゴだと、膝の曲がり具合がよく分かる。どうして鳥の膝は逆に曲がるのだろうか。

 動物の脚の曲がり方は共通している。人も象も鳥も同じである。では、どうして鳥の膝は人間とは逆なのか。

 じつは私たちが膝と考えているのは膝ではない。「>」の形に曲がっているの部分は膝ではなく、踵(かかと)の関節である。。では膝はどこにあるかといえば、ずっと上のほうにあり、体にくっつくように位置している。そのため羽毛に隠れて外からは見えない。

 ペンギンが歩いているのを見て、脚がなんと短いのだろうと思う人がいるはずである。ところが、ペンギンの脚は短くない。実際はけっこう長い。なぜなら見えているのは、人間の脚でいえば、脛(すね)の中ほどから下の部分だからだ。その上に膝があり、太腿があるのだ。 



この食材!からだにどう効く?(毎日の食べ物の効能)

年金が分かって暮らしに安心!【(国民 共済 厚生)年金共通】

「厚生年金」早わかり!

「美味しい知識の収集屋」の頁のトップへ