ブログネタ
恥ずかしくて、あえて聞けない常識・知識 に参加中!

 

 茶道では、茶碗を手のひらの中で回してからお茶を飲む。茶碗を回す動作には、どのような意味があるのだろうか。
 そもそも、「茶の湯」は、お茶を飲みながら和菓子を食べるだけの催しではない。主催者である亭主の趣向や道具の取り合わせ、床の間の掛軸など、そこにあるすべてのものを楽しむ総合芸術を味わう催しなのだ。茶碗を回すのもその一環であり、茶碗をよく見てそのよさを味わうという意味が込められている。
 なお、茶道で使う茶碗は正面が決まっている。表面に模様のあるほうが正面で、茶道では茶碗を回してわざと正面を避けてお茶を飲む。これには、亭主に対する謙虚の気持ちを表わすという意味がある。また、茶碗を細かく回すのは、より丁寧な動作をすることで心のゆとりを表わしている。
 茶の道は、茶碗を回すだけでも、なかなか奥が深いのだ。

 

 

この食材!からだにどう効く?(毎日の食べ物の効能)

年金が分かって暮らしに安心!【(国民 共済 厚生)年金共通】

「厚生年金」早わかり!

「美味しい知識の収集屋」の頁のトップへ