2017年05月16日

私事ではありますが

一粒万倍日と母倉日であり彼女のご両親と同じ結婚記念日である本日昼頃に(赤口日なので昼だけ吉)入籍しました。

今後は家庭を守れるよう、競技もどこまでできるかわかりませんが出れる機会があれば全力で挑みたいと思いますので今後もよろしくお願いします。

oogui_hayagui_fighter at 12:30|PermalinkComments(8)TrackBack(0)

2017年04月09日

感情爆発!狂乱の早食いで大食いを制せ 第45回出石そば喰い大会

兵庫県出石町で毎年行われている出石そば喰い大会
2004年の初出場から団体戦には4度出場し優勝2回(準優勝1回)も個人戦には7度出場し優勝に届かず年齢による順位繰り下げなしに考えれば2位は5回もあるため、スタッフさんには万年2位の木森さんと言われる始末

今年は昨年の大会開始直前での事故による中止
この大会に初めて出た時に衝撃を受けた三浦さんの実力、かつてチームを組んだ出石の歴史で最強の王者である工藤さん、歴代最高記録保持者でありその実力に胸がいっぱいになってロクに戦えないほどの衝撃を受けた菅原さん、自分が勝てなかった歴代王者達が超えていく100皿という未だに超えられていない壁を今回こそ超えてやると
今年はプライベートのことで個人戦を最後にしなきゃいけない理由があり両親だけでなく彼女も大会の応援にいること
いろんな思いを胸に今年は挑みました。

大会当日は午前3時半に実家を出て雨の高速を運転し6時半に会場へ到着
個人戦出場は当日先着100人ということもあり、会場には既に40人は並んでいました。
今年の有力選手は、声をかけてくれた和田さん
和田さんは昨年の順正ゆどうふ食べくらべ大会で優勝したのもあって胃の容量は自分より明らかに上、更には2015年に行われた第11回そばめし大食い選手権で自分に大差をつけて優勝された山神さんまで出場とあり今年も厳しい戦いになりそうです。

家庭円満戦の後個人戦が始まり、1組目には親父が出場
無理をしない程度に頑張ってもらいたいものです。
1組目では皿そばが間に合わない初のアクシデントにより残り時間35秒からが残り1分からの再開に
一旦胃を落ち着かせることができるので休憩挟んだ分有利か?
この組はダークホースが3名ほどいて、90皿前後が2人、96皿が一人
いきなり自己最高記録である96皿という記録に今年も波乱の予感


2組目では和田さんと山神さんが登場
和田さんは1分で12皿、持久力があるので後半ペースを落とさずどこまで記録を伸ばせるか?
山神さんは和田さんより早いペースで序盤戦の主導権を握るかに思えました。
しかしこの二人より明らかに早く注目を浴びる選手がいて2組目も波乱の展開
結果は和田さんが91皿
山神さんは初出場での100皿超え、103皿
もうひとりの選手は後半失速するも、103皿で山神さんと同数
この結果には驚きとかなりプレッシャーがかかりましたね。


そしていよいよ最終3組目で自分の出番がやってきました。
昨年、恐らく無事に大会が開催されていたならダークホースはいたかもしれませんが自分は優勝できていた可能性が高いでしょう。
しかし今回は山神さんという強敵だけでなく90皿以上の記録を出す選手が続出、3組目にもダークホースがいるかもしれませんが最低でも104皿以上の記録を出さなくては優勝はできません。
そのお陰で唯でさえ高かったモチベーションが更に高まりましたし、強敵に挑めるという嬉しさがありました。
最後を締めくくるに相応しいハイレベルな戦いを絶対に制してやると気合が入ります。

競技が始まると、そのスピードは自分史上最速の1分で29皿、持久力は大食い選手に比べ劣るものの3分で61皿に達していました。
食べこぼしは途中で食べればいい、最悪ペナルティで数皿くらいマイナスになってもいいくらいの気持ちでいたのもあってスピードを殺さずにいけたのがよかった。
負けの歴史が己を早食いの修羅に変えたとでも言えるような戦いぶりだったと思います。
過去の自分はここまで勝ちに対して貪欲じゃなかったけど今回は何が何でも勝たなきゃいけなかった。
かつてないほどに自分を追い込んだ結果は自己記録96皿を更新する110皿、超えられなかった100皿の壁を超え記録には満足だが優勝の行方はわからない、果たして、、、


このあと団体戦があり例年だと近又さんでゆっくり皿そばを味わうんですが今年は胃に余裕がなく、次に来た時にまた食べに行きたいと思います。

表彰式が始まり個人戦では今大会が如何にハイレベルだったかという結果に
15位75皿 (年によってはトップ3に入れることもある)
14位75皿
13位79皿
12位82皿
11位84皿
10位86皿
9位87皿
8位87皿
7位91皿 和田さん
6位96皿 女性トップ
5位96皿
4位99皿
3位103皿
準優勝103皿 山神さん(3位と同数ですが大会規定により年上が順位で上になります)
優勝110皿 木森康晴

ということでついに個人戦8度目の挑戦で優勝ができました。
この大会は本当に一番大好きな大会なのもあり、個人戦は優勝すると出場権利を失うので寂しい気持ちもありますが最後を満足のいく記録で優勝することができました。

いずれまた、団体戦か家庭円満戦に出場できる機会があれば大会を楽しみ盛り上げたいと思います。
出場者、スタッフのみなさんお疲れ様でした。

優勝賞品
賞品はササヅル(日本酒1.8L2本)、花瓶、そば饅頭、半生そば、お茶24本、のどごし生24本、コシヒカリ5kg、旅行券1万円
参加賞は乾蕎麦
ついに優勝優勝賞品

oogui_hayagui_fighter at 23:30|PermalinkComments(4)TrackBack(0)大食い 早食い 

2017年03月18日

不出場の第16回水戸納豆早食い世界大会

第16回水戸納豆早食い世界大会
今年は例年と違い、先着の受付ではなく抽選となったのもあり自分は抽選落ちで出場できなかったです。

大会の結果は腰塚さんが3連覇を達成され勇退されましたが、自分としては過去に勝ち負けを繰り返しているとは言え、昨年負けたので彼にリベンジできずに終わってしまったのが残念です。

自分が出られる時がきたら、大会新記録を出したいと思います。

大会当日は出場できなかったもあり彼女と彼女のお父さんとの3人でなじみさんで昼食
今回はスーパーラーメンの醤油に挑戦

ここ数戦は情けないチャレンジ内容が続いてましたが彼女のお父さんの前なので
談笑しながら楽勝で成功
でもスーパーラーメン2はやはり簡単に成功できそうにないのでしっかり胃の調整をしている時に挑みたいです。



oogui_hayagui_fighter at 16:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)大食い 早食い 

2017年03月12日

第21回全日本手打ちそば早食い選手権

昨年神山さんは5連覇で殿堂入りされましたが、今年はデモンストレーションという形で会場に来られました。
神山さんが出されたタイムは45秒台、このタイムなら厳しいことは厳しいですが絶対に抜けないタイムではないと思いました。

しかし今年は有力選手以外の記録が例年と違いハイレベル、序中盤で1分半を切ってくる選手が何名かいて驚きました。

中でも一昨年の大会では女性では敵なしだった高取さんに勝って初出場初優勝した竹谷さんのスピードに会場中の皆が驚きました。
タイムは1分33秒94で、2位に1分以上の差をつけて女性の部を優勝されました。
おめでとうございます。

小金さんは48秒05、腰塚さんも自身の自己記録を大幅に縮める1分1秒70、話によると昨年とは違いかなり飲みこみやすいとのことで、他の選手の記録を考えればそうだとは思っていましたが実際どれくらい飲み込めるものかはやってみないとわかりません。


そしてついに自分の出番が
隣には入賞圏外から徐々にタイムを縮め、今では優勝候補にまでなった佐々木さんがいてこの組は今大会最大の熱戦になったと思います。
結果は佐々木さんが45秒04
自分は最後にツユを飲み忘れるミスでタイムロスし48秒43
競技後は僅差でミスさえなければと思いましたが映像でみると完敗でしたね。

最終組には昨年に腰塚さんと同タイムで5位に入賞された小曽根さんが54秒70というタイムを出されました。
彼も今後が怖い存在ですね。

結果佐々木さんが悲願の初優勝、おめでとうございます。
負けて悔しさはあるけど、神山さんという最大の目標を失った大会だっただけに新たに勝ちたいと思える存在ができたのは嬉しかった。
ただ、次は自分が勝ちますのでまたいい勝負しましょう。

自分は3位、今回の反省としてルール上のミスをまたやったかと
こういう余計なタイムロスを極力減らさないと接戦に勝てなくなりますね。


oogui_hayagui_fighter at 20:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)大食い 早食い 

2017年02月13日

はさみdeステーキ メガ生姜焼チャレンジ

2.2kgの生姜焼とライスチャレンジを考えていたお店が別のお客さんのチャレンジもあって受けてもらえなかったのもあり、以前から挑戦候補にしていたはさみdeステーキさんのメガ生姜焼にチャレンジしてきました。
内容は肉1kgにご飯1.2kgを制限時間20分ですが、店員さんによると10人チャレンジして成功者はプロレスラーの方1人とのこと
このチャレンジ、正直成功できるかは微妙と思っていたんですが、結果は残り400g以上という惨敗
生姜焼はすごく美味しいんですが、歯ごたえと味の濃さから徐々に飲み込む時間がかかって時間内完食は絶望的に、途中で肉を先に食べてしまう作戦に変えましたが時既に遅し、、、
終了後にはお持ち帰りできると聞き、完食するのにかなり時間がかかってしまうと思ったので持ち帰ることに、実際生姜焼1kgを先に食べる作戦にしても成功できたかどうか、今回含めここ3戦の内容が良くないので今後チャレンジする時は考えないと連敗してしまうでしょうね、、、

oogui_hayagui_fighter at 21:05|PermalinkComments(2)TrackBack(0)大食い 早食い