2007年11月

2007年11月28日

定食チャレンジ

恒例の王将チャレンジ

今日は王将王寺店のチャレンジに行ってきました。
内容は10分で大盛り2杯分のご飯、餃子3人前、からあげ5個とサラダにスープ3人前です。
結果は成功狙いだったので無理をせず9分13秒で成功
ご飯完食に時間がかかりましたが、餃子が思ったより楽でした。
トマトは1口噛んでみたけど味的に無理だったのでスープで丸飲みしました(^^;
熱さ対策に水を多様しましたが、ご飯を食べるのにレンゲも使った方がよかったかも
餃子美味しかったですw

ごちそうさまでした。


oogui_hayagui_fighter at 23:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 大食い 早食い 

2007年11月23日

脅威的スピード 悲願のタイトル奪取へ

競技は3人前の蕎麦

今日は2年連続で出場している、滋賀県で行われるそばフェスティバル2007のそば早喰い大会に参加してきました。
今回も電車では受付に厳しいので車で会場まで向かい受付開始時間ギリギリに到着

12時になり、そばフェスティバル2007 第11回そば早喰い大会の開始です。
競技方法は大人の部30名(10名ずつ3組)蕎麦は3人前(500g)の早食い、3人前でよかったよ、前回同様2人前だと厳しいと思ったから
選手を見るとやはりいました、ゼッケン110番の2年連続優勝者、この人は何でも消防士らしく身体を鍛えてりゃそりゃ早食いに強いわけだなと納得
この人とは過去2年同じ組での競技だったので、どういった食べ方をしているかわからなかったのですが、今回は見ることができました。
2年連続優勝者の姿も(右端)

1組目、ゼッケン110番に注目するとツユを全部蕎麦にかけてました。
なるほど、こういう食べ方をしていたのか、と思ったら苦戦してるような感じ、1番で食べ終わりタイムは1分ちょい
これを聞き勝機が見えてきました、ヘマさえしなけれ勝てると、しかし油断は一切せず念には念を押して自分が考えた最高の戦略を使うことにしました。
完食

2組目、自分の出番です、戦略が型にはまってそのスピードにギャラリーが驚いていました。
早すぎたせいか、まともに食べてる写真が1枚も撮れてなかったです。
食べ終わった後の画像しかない(^^;
戦略は言えませんが、途中からは自分もツユをそばにかけました。
詰まった感じもなくあっという間に食べ終わり、タイムを見ると、、、信じられないタイムでビックリしました。
司会者に色々と聞かれましたが、色々な大会を回っていて今回はリベンジにきたと伝えました。
自分が出したタイムは自分でも脅威に思えるようなタイムで、これ以上早いタイムを出す人はいないだろうと思いました。
しかし、3組目に早い人がいました、見た目は豪快さもないのですがかなり早くてタイムが気になりました。
4組目からは2人前の子供の部
子供でもみんな早くて、ビックリしました。
5組目の子供と合わせ20人ほとんどがツユを蕎麦にかけて食べているので、普通に食べている大人より早いw
これで競技は終了し、結果発表へ
3年目にして優勝出来ました。

まずは子供の部、優勝は48秒でした、スゴイなぁ
大人の部、3位のタイム54秒14、2年連続チャンピオンより早いとは、、、
2位のタイム49秒43、歴代記録を塗り替えちゃってますよ、凄すぎ
ここまでで俺は呼ばれなかったので優勝は確定しました。
1位のタイムは、36秒51
ありえないタイムに自分自身がビックリだよw
歴代記録を大幅に更新しての優勝は価値が大きいし、来年以降もう出れないかもしれなかったんで、この大会でついに優勝することが出来て嬉しいです。
この大会はレベルが高くて、今市よりも優勝が厳しいんじゃないかと思ってました。
それにFBSの予選は1位通過できたけど、内容的に悪い内容だったので今回の驚異的なタイムには100%以上満足しています。
今市はルールが厳しいので、今回の戦略が使えるかにもよりますが日本一のタイトルを奪取したいですね。
今回の賞品はコシヒカリ10kg、柿4kg、羊羹3本でした。
ニュース記事を見つけました。
http://www.shoei-web.co.jp/news/20071123_2.htm
今までニュースになる大会は2位以下で載らなかったからなぁ、嬉しいですw

oogui_hayagui_fighter at 23:40|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 大食い 早食い 

2007年11月14日

ラストスパート

FBSについてもレポを書きましたのでご覧ください。

11月12日 遠征2日目
この日は、高巣さん、まんちゃさん、前日のFBS決勝進出者の星野さん、essenさんと合流し中華の食べ放題へ、980円で時間無制限(午後3時まで)とお得です。
春巻きに水餃子、ポテトに肉じゃないまんじゅう(緑の野菜)などから始まり、饅頭や餃子攻めなど色々にカレーライスとピラフあたりでちょっとキツくなってきました、6時間寝れたんですけどどうも昨日食べた疲れのせいか胃に元気がない、とはいえ胃的には対して食べてないのでゆっくりなら食べれました。他の人はペースが早かったです。
トイレに行くと7階ダメ、6階ダメ、8階ダメって(苦笑)
ヤバイと思いながら5階に行くと空いてたぁ♪ww
ここからは少し勢いが戻り2週してからはゴマ団子とタピオカ入りココナッツミルク攻め、自分は600〜700mlほど、高巣さんもかなりの量を飲んでいましたが、essenさんはドリンクバーのコップだけで相当いっており用意されていたものを空にしちゃいましたww
まんちゃさんは最初に一気に食べた後は寝不足のせいか食べるのをやめていました、そして星野さんが後半になってどんどん食べる量が増えてきてビックリ、俺よりは食ってますよ。
3時間以上いるので厨房も何やらこちら側を見ながらひそひそと話しています。
なんとなく「いつまでいるんだよ」とか「どれだけ食べてるんだよ」なんてことを言ってるような気がしないでもないです。
話したことについては基本的は楽しい内容ばかりでした。
途中でサイゼリヤに移動してからはじじ抜き、まんちゃさんの意味のないフェイントにウケました。
続いて大富豪で盛り上がりましたが考えてみると富豪、大富豪に1度もなってねぇー(弱すぎ)
バイトがトランプのことで文句の1つをいれてきてぶち壊し、、、なんか追い出すような感じで嫌な店員、「ブーブーww」何時間もやってるの知ってるのにねぇ、店を出てまんちゃさんと別れ、パウかわさきへ
高巣さんも帰り、yama3が到着しとろカツカレーの店へ
この後、とろカツカレーの店で何が起こったというのか、そしてそこには信じられない光景が!!!
久しぶりにチャレンジしました。

去年の10月23日に挑戦して以来、とろカツ3本乗せカレーのチャレンジを1年以上挑戦していませんでした。
というのも遠征の時期とチャレンジが出来る日は中々合わず、今回も例外ではありませんでした。
しかしessenさんが細谷さんにチャレンジをしてもいいか聞いてくださり、遠征だと中々出来ないということで特別にOKが貰えました。
とはいえ、中華を食べて完全に消化されておらず、過去に同じく中華の大食いをしたあとにチャレンジして失敗したことを考えると挑戦すべきではないので悩みました。
しかし、せっかくこういう機会をもらえたのでやることに決めました。
星野さんは帰りましたが、yama3がチャレンジを見守ってくれました。
yama3が動画を送ってくださったので詳細にレポが書けます(^−^)

胃がちょっと出た状態でどこまでやれるものか、まずはライスを早食いしてルーととろカツを残す作戦でしたが、早食いするだけの嚥下力はなく作戦はなしでただひたすらとろカツも食べるようにしました。
ウガンダさんは「カレーは飲み物だ」と言いましたがこの時は最初から飲み物ではなかったです、モグモグしながら食べてました。
久々に食べましたがホント美味しい♪
2分経過でややペースが落ち、「ちょっと参ったなぁ」と苦笑い、極力水は抑えましたが徐々に飲む量が増えてきましたが4分経過でゲップが出てペースアップ、(動画で見れると詳細に書けますねw)しかしすぐにキツくなりyama3から「キツクない、キツイと思うのはまやかしだ」と激が飛び5分時点でまたペースアップでかっ込む、そこからひたすら食べ続け9分経過で暑くなってきたのでタオルを取り出す(準備しとけばよかったね^^;)
この時点で残り1皿分以下、苦しくなってきて水で流し込むような食べ方になってきました。
残り3分で300gくらいは残っていますがyama3から「絶対いける」と励まされ、ペースを上げてがっつき、残り1分で100g強はありました、残り30秒を切り口の中の物を完全に飲み込んでから一気にラストスパート、yama3のカウントダウンの声に焦り15分でかっ込めるだけかっ込みましたが、ご飯の粒がなん粒か残っておりessenさんの判断の結果成功になりました。(次回は時間内に1粒も残さず食べますね。)
時間ギリギリでしたが何とか成功

終わった後はかき集めてキレイにしました。
やっぱり残すのは嫌ですからね、美味しいカレーだから食べれたのもあるし、yama3の励ましがあったからこそ頑張れました。
自分1人だったら途中で諦めてしまったかもしれません、でもFBSで決勝に進んでおいて失敗は出来ないなと思ったので根性出せてよかったです。
今回はチャレンジをさせてもらえたことにも感謝です、いい経験になりましたよ。これで残すは2回、自己ベストは9分台なので目指すは8分台、7分台あたりですね。美味しかったぁ♪ごちそうさまでした。
yama3と駅まで行き、バスで帰りました。
寝るには寝れましたが、起きたらもの凄い汗でビックリ、代謝がハンパじゃないです、起きたら暑くて寝れなかったですよ(^^;

お世話になったみなさん、ありがとうございました。
またお会いしましょう。

oogui_hayagui_fighter at 16:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 大食い 早食い 

FBS決勝 見せ場なし(^^;

予選のレポは1つ前をご覧ください。

決勝開始1時間前、今村ドクターによる問診がありました。
10秒で終わりてwww
決勝開始前

イベント開始ギリギリでやっと便が出ました。
胃の状態からして腹2分目くらいだけど、これで今までと違い気持ち的にかなり楽になりました。
選手が一人ずつ呼ばれ席に着きます。
決勝の食材は1本100g強のホットドッグを20分間でどれだけ食べられるかを競います。
1セット2本を完食してからおかわりという形で行われました。
ホットドッグを水に浸したりするのは禁止ということで、どうやって食べようか考えていると競技開始
美味しいけどボリュームのあるホットドッグに苦戦

とりあえずかぶりついて食べるも大きくて飲み込みにくい、どうやったら早く食べれるかなと思っているうちに主導権は中島さんに
こうなったら周りを気にせずゆっくりでも確実に食べていこうと思いひたすらかぶりついていきます。
しかし3皿目あたりからは顎が疲れてくるのでパンとソーセージを分けて食べることに
ケチャップの味が苦手というか、ソーセージをケチャップで食べる感じに違和感がありましたが顎の負担を少しでも抑える為にわけました。
咀嚼力が弱いかも、、、

口の中にパンを入れて水を飲ん食べる、しかしどうも顎と喉に負担がかかるので、水を多めに口に含み上を向いて水がこぼれないようにパンを浸すという変な食べ方をするようにしました。
これで楽になりましたが、ソーセージが厄介、2本食いやラビット食いを試すもどうもペースが上がらず終盤ではリードしていたナコブさんに抜かれてしまい、抜き返そうと思うも力及ばず最後は口に詰め込んで終了
結果は11本(11本と3分の1)で順位は7人中6位と上位に入れず、見せ場を作る事も出来ず残念です。
お客さんを沸かせたいんだけど予選は非公開ですし難しいね、、、
もっと大食い能力があれば違うんだけど、胃の方は無理した感じがないので大丈夫ですが顎にきました。
パンを先に食べてソーセージを後にしたのは失敗だったかもしれませんね。
他の選手の詳しい結果は「大食いチャレンジャー」にアップされると思いますので是非見てみてください。
三宅さんの大食いパフォーマンス

決勝終了後は三宅さんによる、すき焼き丼の大食いパフォーマンスがあり会場は盛り上がりました。
FBSは楽しかったです、関係者皆様に感謝の気持ちです。
今回は食材的に苦しみは大丈夫ですが、次回はどうなるかわかりませんし大食い能力を上げていかないとね。
早食いと大食いは違うけど、悔しいものは悔しいですから、ましてやお客さんに見られる立場にいれば情けない姿は見せたくないものです。
大食いはホント厳しい

FBSも無事終了した後はフードコートでみなさんと談笑しフォルクスへ移動
パンやサラダの食べ放題があるんですが自分は無理をせず、抹茶パフェだけにしておきました。
FBSの話やその他色々話せて楽しかったです。

後で気付きましたが今回のFBSで大会、イベント出場数が50を超えました。
色々やってきましたがここまで続けるとは
これからも色んな大会に出て頑張っていきます。

oogui_hayagui_fighter at 15:47|PermalinkComments(6)TrackBack(0) 大食い 早食い 

FBS予選 なるか1位通過

これが1kgの盛り蕎麦

11月11日 遠征初日
夜行バスにて東京へ6時頃到着し川崎駅にて、免許合宿仲間と合流
今回はFBSを観戦してもらおうと思って聞いてみたら是非見てみたいということで、二人とも曽根さんや三宅さんのこともよく知っているようで今回は三宅さんのパフォーマンスも見るのが楽しみだったようです。
もちろん会場入りしても誰も来てないので時間を潰していると、谷口さんがいきなり現れビックリしましたね。
2005年12月の牛丼バトルクラブ以来2年ぶりだったんで、気になっていたんですが大食い復帰ということで嬉しかったです。
更には松村さんもお忍びで来ていたので驚きましたよ、今年最後のチャンスということでこれまた強敵が現れ、他の出場選手の顔ぶれからしてかなりレベルが高いなぁと苦笑い。
そして名古屋の近藤さんが見学に来られていて3回もビックリしましたよ。
受付をすると順番は決まっていて自分は2組目、人数が多いので聞いてみると参加人数が増えたようで約30名ほど選手がいてまた苦笑い、しかし量は1kgジャストということで一安心。

予選は盛りそば1kgの完食タイムトライアル
予選開始前にルール説明があり、つゆをそばにかけて食べちゃダメなど、自分もちょっと厄介だなぁと思う点があったので1つ質問「ツユの入れ物はコップを使用していいですか?」というのも紙の器では片手で器を持つセパレート食いがしにくいと思ったからです。
結局それはダメということで悩みましたね。
予選1組目

予選1組目
1組目で予選上位に入ってくるであろう選手がいたので参考タイムがわかりよかったです。
見た感じどの選手にも勢いが感じられず食べにくい印象を受けました。
ここでのトップは中島さんの3分20秒台、他の選手も苦戦していたので予選通過は問題ないと安心しました(練習で出した最低タイムの方が2番手の人より上回っているので)
食べ方を考え中?

予選2組目
目の前には1kgの蕎麦、そして紙の器に入ったツユ、このツユは濃い目なので薄めて味見をするとまだ濃いのでかなり量を増やして薄めました。
食べる前まではどうやって食べるか悩みましたよ、しかし普通に食べる方法で早食いはしたことがないので俺がした食べ方はまず口で直接ツユを吸い蕎麦を口に運ぶ、見た感じだと犬食いになってるんでしょうか(^^;
豪快に食べるも飲み込みにくかったですね。

食べた感じ、蕎麦が固くて飲み込みにくいですがそれをねじ伏せるような豪快な食べ方はいつもと変わらず、2分経過で残すは僅かだったのですがここで飲み込めなくなってきてペースが落ち最後は皿から器に蕎麦を移しフィニッシュ
タイムは3分12秒で辛くもトップに立ちました。
トップなのは嬉しかったけど、内容としてはあんまりよくなかったなと、ペースが落ちるのは予測していたことだけど、終わった後にある選手から「最後の蕎麦をかき集めるのに時間がかかりすぎだね」と言われて考えてみると確かに口の中の蕎麦を水を使って飲みこめばわざわざ器に移さなくても口に詰め込んで終わりだったんだなぁと、俺もまだまだ甘いっすね。3分切れなかったのが悔しい。
他の選手より早食いが得意なだけで、ペースが落ちたものの何とか逃げ切った感じです。
自分の大食い能力のなさを毎度ながら痛感します。
1kgを早食いと捉える選手が多数いましたけど、1kgって相当な量ですよ、、、大食い能力が低い自分には危険でした。
幸いツユを薄める為に多くなったなったおかげで飲んだ量も足りて、その分のロスはなかったです。
予選3組目

予選3組目
ここでは松村さんと谷口さんの他に女性枠を決める戦いになりました。
そしてサプライズチャレンジャーとして細谷さんがFBSに初参戦
驚いたのは松村さんがかなり早かったこと、自分の1位通過も危うく感じる程のスピードを見せてくれました。
一方の谷口さんは、早くて予選通過間違いないと思ったら中々手を上げずに蕎麦のかけらも残さない律儀な食べ方をしていて大丈夫なのかと思いましたが予選を通過されました。
女性選手の戦いは意外な結果が待っていました。
なんと同タイムでナコブさんと星野さん
協議の結果2人とも決勝に進出し決勝は7名で争うことになりました。

さて無事に予選を通過することができたので決勝のことを考え水を2Lほど飲みました。
というのも消化スピードが他の選手より遅く過去2回の決勝も苦しい展開になったので、消化を促すためにやったのですがこれは危険な賭けでもありました。
便が出ればいいのですがもしも、飲んだ水も出せずに胃に溜まるようなことになれば最悪です。
トイレに行く回数は多かったですが便は出ず失敗かと思いましたが、、、

oogui_hayagui_fighter at 15:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年11月08日

痛みの攻略法 5年5ヶ月越しのリベンジ

泉門天 祇園本店

2002年6月3日
当時はまだ大食いの経験が浅く、実力試しにチャレンジ4戦目として1口餃子の店「泉門天」の餃子177個チャレンジをすることにしました。
この店のチャレンジは過去の記録より1つ多く食べるという内容で、当時はプリンス山本さんやガリガリ大食いの渡辺さんがチャレンジしていたこともあり、FFF(今では死語)の方達が俺のチャレンジを見たいということで挑戦したのでした。(FBCに出場したということで期待されていたんですよ 苦笑)
まず1皿50個を快調なペースで飛ばし2皿目の50個も難なく完食したのですが、、、口内に激痛が、それでも痛みに耐えながら食べましたが122個でギブアップすることになりました。
量的なもので完全に舐めていたのが災いしたんでしょう、失敗で六千円ほど支払い苦い経験になりました。

いつの日かリベンジをしようと思っていたのですが、いつの間にかチャレンジがなくなっており、もう出来ないのかと残念に思っていたら復活していることを知り今日はリベンジへ行ってきました。
内容は前までとはちょっと違い60分で餃子を男性150個、女性100個になったけど前回が122個だからね、リベンジという意識は十分もてました。
小さくて美味しいけど、この食感が大食いに厄介

京阪四条駅に到着するも5年以上前に行った場所ということもあり道に迷いましたが無事到着
すると男性2人に見守られながらチャレンジをしている女の子がいました。
自分も早速注文し、出てくるのを待っているうちに女の子は50個を完食し2皿目へ、自分のもまず始めに2皿100個を出してもらいチャレンジ開始
前回と違いまずは冷静に箸で餃子を突いて突いて突きまくるww
青木さん考案の素材に戻す戦法(俺バージョンw)をしました。
これは皮に穴を開ける事により冷ます効果があるのと、パリパリの食感は量を食べると口内を傷つけるのでそれを和らげる為にしました。
熱いけどこれなら水冷に使う水の量も抑えられるので最初の50個を食べるのにコップ半分も飲んでいませんでした。
美味しい餃子を味わいながら6分で50個を食べ終え2皿目へ、多少ペースは落ちたものの10分で食べ終え残り50個、やはり口内が少し痛くなってきた。
それにもの凄く暑い、大量の汗が噴き出し食欲がなくなる、前回はサポートもあったから食欲としては前回の方がマシだったかな(今回は自分でうちわを扇いだり)しかし胃はまだ余裕なので無理をせずに箸を止めずにゆっくり味わって食べる事にしました。
ここで無理して急いだら前回と同じような失敗になりかねないからね。
110個を超えたあたりで初めてタレを使いました。
味が変われば少しは食が進むもの、一方女の子はかなり苦しそうだったけど何とか100個完食、おめでとう、俺は100個の時点で飽きてきたからスゴイよね。
130個を超えたあたりで、ゆずタレを出してくれたので使ってみるとさっぱりしていて味変にもってこいだった。
最後まで味わうことが出来150個完食、時間は36分くらいだろうか。
残り50個を無理に急いで食べなかったから口内の痛みも前回に比べかなりマシでした、ちょっとだけ上顎の皮がめくれちゃったけど大丈夫でしょ
実際に食べた量はそんなでもないと思うけど思った以上に腹に溜まるね、油がキツくなって後半は水も多めに飲むようになったし、ペース配分を考えて大食いすることができました。
リベンジ成功 ご馳走様でした♪

5年5ヶ月越しのリベンジに成功して嬉しいね、実際177個(記録上では177個がトップなので178個になるけど)に挑戦しても今日の内容ならいけると思います。
ここの餃子は10個で460円とちょっと高いので失敗したらかなりイタイけど、今回は美味しい餃子をいっぱい食べて無料になった上に報酬として生餃子100個が貰えたので大満足です、また味わう事にします。
ご馳走様でした。

ちなみに、俺や女の子が成功したのを見たご主人(?)が「痩せの大食い」と言ってたけど俺はそうじゃないですから(^^;
大食いしても太らないとかホントふっしぎ〜ww
食ったら落としてますよ(苦笑)

oogui_hayagui_fighter at 22:56|PermalinkComments(2)TrackBack(0)