こんばんは。大畑です。


9月23日
言わずもがな、秋分の日です
太陽が真東から昇り真西に沈む
昼と夜の長さがほぼ同じになる
実際はちょっと日が長いんですが^^;


日本独自の風習で
極楽浄土のあるとされる
真西に太陽が沈むことから
亡くなった人を偲ぶ日とされ
彼岸の中日にあたります


私は日曜日朝一で墓参りでした^^
祖父が存命なら今年数えで100歳でした


最近では100歳なんて
さほど珍しくもなくなってきたんでしょうが
やっぱりすごいですよ100歳って!
よく終わりは
ポックリ希望だという話を聞きますね
私はまだまだ想像もできないんですが
あんまり突然も実感なさすぎていやかなーなんて…
ポックリもいろいろ捉え方があるんでしょうが
スヤスヤ眠るようにがいいかなぁ


まぁ未来ある私の終わり方の話はどうでもいいんです(´ー`)
今日はポックリの代表格
心臓やら脳やらの
血管疾患のおおもと
血管の話
「高血圧に対する鍼灸治療」について
ちょろっと書きますね


私たちの身体は
運動などで交感神経が興奮すると
心臓からの拍出量が増え
末梢血管が収縮
血圧は上昇します


就寝時やリラックスしている時は
その逆
副交感神経優位となり
血圧は低めに保たれます


血圧は
日々の生活の中で
ちょこちょこ変動して
またすぐもとに戻るんです



しかし
これが運動など何もしていないのに
常に高い状態
上が140
下が90
これを超えると
大きく分けて高血圧とされています


もちろん
これをちょっと超えたぐらいで
命の危険がどうのこうのというわけではないですし
高いまま薬にも頼らず
お元気な方はいっぱいいるんじゃないでしょうか?


ただやっぱり
そのままほっとくと
腎臓を悪くしたり
心臓に負担をかけたり
脳血管疾患のリスクを高めたり…
悪影響はもろもろ


降圧剤は
そのリスクを軽減させるもの


高血圧は
体質や遺伝など
原因不明に起こる
本態性高血圧

他の疾患が原因となって起こる
二次性高血圧
があります


直接的に
鍼灸治療が適応なのは
本態性高血圧
の方


特に
ストレスによる高血圧は
ぜひ鍼灸治療にお頼りください
「最近仕事が忙しくて…
 体調がすぐれず血圧も上がって気づいたら薬づけ…」
なんてのはちょっともったいないと
感じるんですがどうでしょう?



二次性高血圧で通われる場合
元になっている疾患の治療との
同時進行ということになります


もちろん
本態性高血圧も
病院で処方された
降圧剤を飲みながらでも構いません


あとは
何でもそうですが
減塩・運動などなど
生活習慣の改善は必須なのかなー


出来ることはして
鍼灸治療を受けて
それでもダメなときは…
その時考えましょう


どうにかしたいならば
まずはやるべきことを試してみる


高血圧でも何でも
よく眠ることは重要です
睡眠はからだも心も
回復させるには不可欠



大畑はり灸院の
鍼灸治療は
それに伴う
不眠・肩こり・頭痛など
からだ全体をひとつと捉えて
治療を進めていきます



台風が近いみたいですねー
おそらく北九州では
そんなに被害はないと思いますが
全国的に大きな災害がないことをお祈りします
みなさまもどうぞお気をつけて



大畑はり灸院
院長  大畑裕一



大畑はり灸院

093-652-0178

http://oohataharikyu.com

福岡県北九州市八幡東区荒生田一丁目6-1
イケダビル303号室