福岡県北九州市の鍼灸院
自律神経の調整・不妊治療
大畑はり灸院です




暗くなるのが早くなりましたねー
今日は予告通り
アトピー書きます!


「アトピー性皮膚炎」って
よく聞きますよね?


あれ?なんかかゆいな…
皮膚が紅くなって湿疹も出来てる…
みたいなやつです


日本皮膚科学会の定義では

「アトピー性皮膚炎は、増悪・寛解を繰返す、そう痒のある湿疹を主病変とする疾患であり、患者の多くはアトピー素因を持つ。」

とあります


アトピー性皮膚炎の「アトピー」とは
ギリシャ語で
「奇妙な」とか「珍しい」という意味の
「atopos」がもとになっているぐらい
実のところ
この病気に関して
よくわかっていないのが
現状のようです


一般的に
アトピー性皮膚炎は
アレルギー性の皮膚炎と考えられています
ぜんそくや花粉症や蕁麻疹
食物アレルギーなんかと同じ部類です


そのため
これに関して病院では
ほとんどが対症療法です
すなわち
かゆみなどを一時的に抑えるもので
根本治療を行うものではないのです


アレルギーに関しては
以前
花粉症のところで少し書いてる記事があるので
そちらをどうぞ♪


上記のリンク先でも書いていますが
アレルギー症状を引き起こす場合
副交感神経の過剰興奮
ということが考えられます


副交感神経が活性化すると
白血球のひとつである
リンパ球が増加します


リンパ球は
外からの異物に対して
抗体を作る免疫細胞


副交感神経の過剰興奮で
増えすぎると
外からの刺激に
敏感になり過ぎて
様々なアレルギー症状となって
身体に現れるわけです


どんなアレルゲンが
身体のどこに入ってきて
それが引き金となって放出される
ヒスタミンやロイコトリエンなどの活性物質が
どの組織に影響するのかで


アトピー性皮膚炎
喘息
アレルギー性鼻炎
蕁麻疹
食物アレルギー
花粉症



と症状は様々です


鍼灸治療との関係は
もう言わずと知れた
自律神経への影響です



皮膚・ツボへの
気持ちの良い刺激で
自律神経のバランスを整えて
副交感神経の過緊張状態を
緩和します


また当院での
鍼灸治療は
一人ひとりの症状に合わせた
経絡治療


副作用がなく
アレルギー体質を
根本から治療していきます



長期にわたって
ステロイドを使い続けておられる患者さんなど
症状の緩和に時間が必要な方もおられます


即効性はありませんが
かゆみの軽減
皮膚の紅みが薄れる
乾燥・ジュクジュクが気にならなくなるなど
その他のアレルギー症状に関しても
徐々に緩和されていくのを
体感できるようになりますよ^^



ステロイドしかない
原因がよくわからない
もう何に頼っていいかわからない
そんな時
鍼灸治療はぜひ一度頼っていただきたい



大畑はり灸院
院長  大畑裕一



福岡県北九州市の鍼灸院

大畑はり灸院

お電話にてご予約ください
093-652-0178

ホームページはこちらから
http://oohataharikyu.com


福岡県北九州市八幡東区荒生田一丁目6-1
イケダビル303号室