2019年06月04日

上棟式

024先週末に上棟式を執り行わせていただきました。

上棟式では、大地をつかさどる守護に感謝し、家屋の守護神や工匠の神をおまつりして、完成後の新しい、お住まいに災厄が起きぬよう参列者全員で祈願する儀式となります。
その歴史は古く、平安時代から既に行われていたと云う説もあります。
また、日本だけではなく、諸外国でも似たような儀式は行われている国もあるようです。
上棟式では、担当する棟梁とお施主様で建物の四方(四隅)を塩、酒、米を散じてお清めをしていただきますが、その光景を目にするたびに、改めて身の引き締まる思いと共にお施主様のご期待に応えるべく、最後まで丁寧な仕事をして参ります。

大堀工務店では、創業当初から自社大工が自然素材の材料を適材適所に見極め、1本1本手刻みによる丁寧な仕事を心掛け、次の世代にも住み続けていただけるような家づくりを心掛けております。

現在、施工途中の現場でも、ご案内可能ですので、遠慮なくお申し付けください。




oohori1 at 10:15│Comments(0)clip!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
訪問者数
  • 累計: