21P 神池
往古、亀岡の盆地は泥湖であったが、大変革の時に湖の中心点が乾き残り(現 当社神池)、
旱魃でも涸れない「いなる戸」として、永く存したことに由来する。
その大井の水に万一のことがあれば、平野一帯は瞬時にして前の如く湖水になるのを憂いて、
木股命(御井神)を大井神社に勧請して篤き守護を祈った。