5月17日(土)、初夏を思わせる日ざしの中、
おおきなきのおもちゃと絵本の部屋で、
はじめての読み聞かせイベントが行われました。

特別支援学校で出会った3人のチーム、
Sense of Wonder(センスオブワンダー)のみなさんによる
「ももちゃん と とんちん」です。

開演の13時半に合わせて、たくさんの親子連れの方々が
集まってくれました。
はじめに、音楽担当の鈴木麻依さんが、カリンバという
弦のある小さな楽器を持って登場。
客席にいる子どもたちのところを回り、カリンバを差し出して、
その音や弦をはじく感触をたのしんでもらうことから
スタートしました。
子どもたちは興味津々で、次々とつま弾いています。
そこに、ダンサーの加藤律さん、読み聞かせの木野さつきさんが登場し、
「ももちゃんととんちん」の始まりです。
 
イメージ 1

最初、ざわざわとしていた子どもたちも、
次第に物語の世界に引き込まれていきました。
舞台と客席には境界がなくて、数人の子どもたちが
舞台の方に入りこんでいっても
そのままパフォーマンスの中に溶け込んでいくイメージ 4
自然な流れでした。
Sense of Wonderのみなさんが
子どもたちの素直な表現を、そのまま、
とてもあたたかく受けとめてくださったことに、
心うたれました。
気持ちがあたたまり、目には見えないやさしさや
心のつながりに気づくきっかけになる作品でした。
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
物語は、木野さつきさんのオリジナル作品。
木野さんの朗読を軸に、
鈴木麻依さんが作ったピアノの曲のメドレーと
加藤律さんが振付した布を使ったダンスで、
風や芝生などの自然や人の動きとともに
ももちゃんの心の中も表現していく
情感あふれるステージでした。
  
 
イメージ 5
 
終演後、お菓子やお茶で、みんなでワイワイ歓談しながら
感想を伺ったとき、お子さんの通っている学校でも、
「 ももちゃんととんちん」をやって欲しいという声が
多くあがりました。
おおきなきでも、またイベントをやって欲しいな~♪
みなさんの声は、この「言の葉」にも
載せていきたいと思っています。

おもちゃと絵本の部屋に、はじめて来ていただいた方が多く、
いい出会いの1日となりました。
参加者は、大人21人、子ども9人、総勢30人でした。
障がいがある子もない子も集まりました。
たくさんのご参加、ありがとうございました。
また次回のイベントや、毎週水曜日のおもちゃと絵本の部屋の
開室日に、遊びに来てくださいね。

Sense of Wonderのみなさん、
素敵な読み聞かせパフォーマンスをありがとうございました。

お一人お一人の笑顔が、今も、目に浮かんできます。
ときどき思い出し、あの日の余韻にひたっています。

                            執筆者:事務局T