2015年10月

☆ 訪問大学おおきなきのひととき ☆
Nさんの前回の授業こちら

さん
盲ろう(視覚障害と聴覚障害)の障がいがあります。
意思のしっかりした、笑顔のかわいいNさんです。
地域のセンターで学習しています。

イメージ 1










~講師のある日の記録より~

昨日の眼科検診は、
「顔を上げないとみることができない」
という理由で、何もしてもらえなかったと言う。
 
「宿題の答えを聞きましょう。
Nさんは○○祭(福祉園のお祭り)で何を食べましたか?」
すぐに「センベイ」と答える。
「それから?」と次の答えを促すと、
「はい」を連発するがなかなか言葉にはならず、
左手を小刻みに左右に動かしたり、力を入れて広げたりしながら、
「何かお話してよ」と求めてくる。

「お祭りではいろいろな食べ物や飲み物が売っていたのかな?」
「福祉園のSさんと一緒にお買い物をしたのかな?」
時折、私の左手から自分の右手を外し、何かを言いかけるのだが、
はっきりとした指文字までにはいかない。
でも、ずっと私のほうを向いて、
「言わなきゃ、やらなきゃ!」
という思いは強く伝わってくる。
 
ちょっと気分転換する。
「アイスティーも飲んだし、トイレに行ってから、
またお話をしようか?」
と提案をすると、すぐにトイレに向かう。
 
作戦変更。
“Nさんが話していることは、指文字がわかる人にはわかる”
ということを伝えたくて、
「お祭りで何を食べたのか、ママに伝えてもいいよ」
と提案。
Nさんは、お母さんの左手に
「おせんべい、ウーロン茶、ケーキ」
と綴る。
すぐに私が
「わかった。いま、Nさんは3つ、ママに言いましたね。」
とNさんに言う。
「1は?」の私の問いに、Nさんが「オセンベイ」
「そうだね。2は?」「ウーロン茶」
「のどが渇いたのね。3は?」「ケーキ」。
「おいしかった?」「ハイ」
緊張感がとけて、ほっとしたNさんでした。
 
シルバーウィークの私の予定を点字にして、宿題にする。
 
講師メモ:
先日受診した眼科では診察ができなかった。
Nさんができなかったのではなく、医師が、できなかった。
「下を向いていたら診られません」と。
それで、終了…。

 
☆☆☆    ☆☆☆    ☆☆☆
 
訪問大学『おおきなき』とは・・・
障がいや病気のために、通所施設などに毎日通うのが
難しい方のご自宅を講師が訪問して、生涯学習を支援します。
自分の思いが伝わる喜びを感じながら、
 自分に合った方法で学ぶ機会を持ち続けてほしいと
思っています。
そして、
 自己実現に向かって進みながら、社会とのつながりを
深めていってほしいと願っています。
詳しくはおおきなきHPの訪問大学のページをご覧ください。

☆ 訪問大学おおきなきのひととき ☆
Nさんの前回の授業こちら

さん
盲ろう(視覚障害と聴覚障害)の障がいがあります。
意思のしっかりした、笑顔のかわいいNさんです。
地域のセンターで学習しています。

イメージ 1










~講師のある日の記録より~

先週末の楽しみにしていたプールは体調不良のために、
キャンセルしたとのこと。残念。


アイスティーのクッキー争奪戦。
が指でつまんだクッキーを奪い取り、ゆっくりと大きく
口をあけてもったいぶるように食べている。
食べながら、自分でもおかしくて声を出して笑っている。


今週末の○○話。
○○祭は福祉園のお祭り保護者が中心となって
物品、飲食の販売を行う。
さんたちが何かの役を担うことはないとのこと。
主に、買い物を楽しむ時間。


○○祭のお話を聞いていますか?
私はよくわからないので、ママに聞いてみましょう」
お母さんの説明を、私が指文字でNさんに伝える。
そのあと、要約を点字で書く。


さんは指文字を聞きながら、時折手をずらしたり、
話し手の指の動きを制したりするのだが、
○○祭のことは気になるのか、比較的長く聞き入っている。


「では、○○祭でNさんが何を買って、食べたのか、
来週の訪問大学で教えてくださいね」


点字の最後に宿題があることはNさんもわかっているので、
「では…」と言いかけると、ぎゅっと私の右手を握りこみ、
「しゃべらせないわよ」と。
でも、ニヤニヤしているのだが。

 
☆☆☆    ☆☆☆    ☆☆☆
 
訪問大学『おおきなき』とは・・・
障がいや病気のために、通所施設などに毎日通うのが
難しい方のご自宅を講師が訪問して、生涯学習を支援します。
自分の思いが伝わる喜びを感じながら、
 自分に合った方法で学ぶ機会を持ち続けてほしいと
思っています。
そして、
 自己実現に向かって進みながら、社会とのつながりを
深めていってほしいと願っています。
詳しくはおおきなきHPの訪問大学のページをご覧ください。

 トックンのアート館63 

『  フラミンゴ 


イメージ 1
                                                                                                絵:トックン

トックンのイラストが絵はがきになりました
ご注文方法はこちらになります



♪ トックン ♪
べッドの上で、左手でトラックボール(☆)
右手でスイッチを使い、描いています。
Windowsのアクセサリの中の「ペイント」
というソフトを使っています。
インターネットで見つけた素材を参考にしたり、
オリジナルキャラクターを考え出したりしながら、
時間をかけて一つの作品を仕上げていきます。

パソコンのマウスの役割のものが土台に乗った球状になっており、
その土台の上で球を転がすと、その方向にカーソルが
動くようになっています。

☆ 訪問大学おおきなきのひととき ☆
Nさんの前回の授業こちら

さん
盲ろう(視覚障害と聴覚障害)の障がいがあります。
意思のしっかりした、笑顔のかわいいNさんです。
地域のセンターで学習しています。

イメージ 1


~講師のある日の記録より~

福祉園で泣いていたらしく、両目の目じりが、
こすったあとで真っ赤になっている。
肩をこすりつけるように涙をぬぐうので、
両目の周りや頬が赤くはれてしまい、痛々しい。
それでも、「こんにちは」とあいさつをすると、
を定めて右手をつなぎ、落ち着いて席に着く。
いつものようにアイスティーでのどを潤す。
 
宿題の答え。
「Nさんのお誕生日のごちそうは何でしたか?」
気分が転換されたのか、比較的すぐに「ステーキ」と答える。
「Nさんは何歳になりましたか?」「20
20歳は大人ですね」「ハイ」
20歳になると、いろいろなことをしなければなりません」
重度障害認定のための面接や、年金支給のための診断書作成の
話をする。
「眼科でお医者さんに目を見てもらいます。
痛いことはしません。
椅子に座って顔を上にあげます」
眼科の話を始めると、Nさんの緊張が高まり、手に汗をかいている。
よほど眼科には良い思い出がないのだろう。
さんが泣き出した。
そして、すごい勢いで肩口で涙をぬぐっている。
切なくなる。
 
末、卒業した盲学校の先生たちとプールに行く話題に
切り替える。
「NさんはY先生と一緒に国立のプールに行きます。
楽しみだね。〇〇くんも一緒に行くかな?」
少しずつNさんの表情が和らいでいく。
「次回の訪問大学のときにプールのお話を聞かせてくださいね」
「ハイ!」

 
講師メモ:
幼い時の眼科での治療の記憶、痛い思いをした記憶、
拘束され、嫌な思いをした記憶。
さんには鮮明に残る感覚的な記憶なのだろう。


 
☆☆☆    ☆☆☆    ☆☆☆
 
訪問大学『おおきなき』とは・・・
障がいや病気のために、通所施設などに毎日通うのが
難しい方のご自宅を講師が訪問して、生涯学習を支援します。
自分の思いが伝わる喜びを感じながら、
 自分に合った方法で学ぶ機会を持ち続けてほしいと
思っています。
そして、
 自己実現に向かって進みながら、社会とのつながりを
深めていってほしいと願っています。
詳しくはおおきなきHPの訪問大学のページをご覧ください。



イメージ 1


20151114日(土)「子どものための福祉機器展 in立川 」には、
ST(言語聴覚士)が、子どもたちと玩具やスイッチで遊ぶコーナーが
あります。
~「おもちゃと絵本の部屋」からも、 改造玩具やスイッチを
    持っていきます。


・場所:東京都立川市子どもの未来センター 2F(201・202会議室)
                          (JR西国立駅から徒歩7分)
           *アクセスは以下をご参照下さい。
                     http://t-mirai.com/access


・時間:10:00~17:00 

・詳細はでく工房さんの でく工房だより に紹介されています。


でく工房さんの案内には、まだ記載されていなかったのですが、
その後、長机2台ほどお借りして、コーナーを出させて頂くことに
なりました。


玩具のコーナーを担当するのは、4月の「子どものための
福祉用具展~キッズフェスタ2015~」(東京都大田区平和島)
でも、スイッチや玩具で遊ぶコーナーを担当した子どもたちと
遊ぶのが大好きな「ST@キッズフェスタ」のメンバーです。
下記がHPです。


国分寺おもちゃ病院の院長が、おもちゃの改造相談にのります。
タッチスイッチやちょっとした便利グッズの展示もあります。


以下は、「おもちゃと絵本の部屋」から、今回初めて持っていく
おもちゃです。


マジカルトイボックスのイベントで山ねこ工作室さんが
紹介していた動物ラジコン(ごみ箱ラジコン)です。
山ねこさんの特別支援学校の製作会で登場しています。



イメージ 2

それから、108日の記事
でご紹介した、1スイッチで演奏できる光ナビゲーションキーボードも
持っていく予定です。

イメージ 3

事務局:A
                                            
 


↑このページのトップヘ