2016年06月

 トックンのアート館94

『  七夕祭り 

イメージ 1
                                                                                           
 絵:トックン

トックンのイラストが絵はがきになりました
ご注文方法はこちらになります

♪トックン♪
イメージ 2
べッドの上で、左手でトラックボール(☆)
右手でスイッチを使い、描いています。
Windowsのアクセサリの中の「ペイント」
というソフトを使っています。
インターネットで見つけた素材を参考にしたり、
オリジナルキャラクターを考え出したりしながら、
時間をかけて一つの作品を仕上げていきます。

パソコンのマウスの役割のものが土台に乗った球状になっており、
その土台の上で球を転がすと、その方向にカーソルが
動くようになっています。

 トックンのアート館93

『  カニさんTシャツ 

イメージ 1
                                                                                           
 絵:トックン

トックンのイラストが絵はがきになりました
ご注文方法はこちらになります

♪トックン♪
イメージ 2
べッドの上で、左手でトラックボール(☆)
右手でスイッチを使い、描いています。
Windowsのアクセサリの中の「ペイント」
というソフトを使っています。
インターネットで見つけた素材を参考にしたり、
オリジナルキャラクターを考え出したりしながら、
時間をかけて一つの作品を仕上げていきます。

パソコンのマウスの役割のものが土台に乗った球状になっており、
その土台の上で球を転がすと、その方向にカーソルが
動くようになっています。

中央ろうきん助成金-訪問大学「おおきなき」3年目決定
 
訪問大学「おおきなき」が、中央ろうきんから3年目の助成金を
いただけることになりました!
 
選考に向けて精一杯準備してきたことが実を結び、事務局一同
ほっとしています。活動へのご理解や応援ありがとうございました。
この助成金を支えに、また1年間、訪問大学の活動を充実させて
いきたいと思います。
 
5月27日(金)に、中央ろうきん本社にて、
2016年中央ろうきん助成プログラム~パートナーミーティング
(助成金贈呈式)が開催され、おおきなきからは事務局2人が
参加してきました。

以下が2016年の助成団体です。
 
この助成プログラムは、「人」を育て、住みよい「まち」を作り、
多様な生き方を認め合う「くらし」づくりの実現を応援して
いただけるものです。
 
そして、活動資金をいただけるだけでなく、活動をよりよく進めて
いけるように活動を見つめなおしたりステップアップを考えたりする
機会も与えてくださっています。
 
さらに同じく助成金をいただいたお仲間の方々と意見交換できる場も
用意してくださり、その方たちや審査員の方たちとお話することで
いかに活動を自立・継続させていくか、大きなヒントを得られる
チャンスを与えてくださっています。
 
この助成金を大切に使わせていただきながら、訪問大学の学生さんが、
生き生きと自分を表現したり学ぶ喜びを感じたり
していけるように頑張っていきたいと思います。

イメージ 1

 
 
 
 


 
 
 
 
 
 
下記は、盾を授与された際の団体紹介スピーチに、加筆修正したものです。
 

この度は、3年目の助成金をいただきまして、本当にありがとうございます。
このプログラムのおかげで、資金面での自立に向けての見通しを持つことの
大切さに気づき、また活動の方向性や課題について、たくさんのヒントを
頂いてきました。
それから、ここにいるみなさまとのつながりを持てたことを、大変感謝して
おります。
 

おおきなきが助成金をいただきました「訪問大学」というのは、
重度の障害のある方のご自宅に先生を派遣して授業をすることです。

支援学校の高等部を卒業したあと、作業所や通所施設に通えないくらい
重度の障害のある方は、18歳から先ずっと、一生涯を家の中のベッドの上で
過ごすことが多いのです。
そうして、社会とのつながりがたたれてしまうわけですが、障害がどれだけ
重くても社会とのつながりをもって、ますますイキイキと、学ぶ喜びを謳歌して、
その人らしく生きていってほしい。そう願って訪問大学をしています。
 
この一年は、来年度の文化祭開催に向けて準備を進めて行きたいと思います。

イメージ 2





3年目の盾です。






イメージ 3
















1年目…芽が出た種子
2年目…双葉
3年目…若葉





 トックンのアート館92

『  クリオネ 

イメージ 1
                                                                                           
 絵:トックン

トックンのイラストが絵はがきになりました
ご注文方法はこちらになります

♪トックン♪
イメージ 2
べッドの上で、左手でトラックボール(☆)
右手でスイッチを使い、描いています。
Windowsのアクセサリの中の「ペイント」
というソフトを使っています。
インターネットで見つけた素材を参考にしたり、
オリジナルキャラクターを考え出したりしながら、
時間をかけて一つの作品を仕上げていきます。

パソコンのマウスの役割のものが土台に乗った球状になっており、
その土台の上で球を転がすと、その方向にカーソルが
動くようになっています。

~玩具やスイッチを通じての出会いとコミュニケ―ションの場~
ST@日本コミュニケーション障害学会(千葉県・514日・15日)参加報告
 
 ST@キッズフェスタのメンバーの一員として、上記の場に参加して
きました。
学会なのですが、特別な取り計らいで、子供たちの遊び場になる
スペースを提供してくださった主催者の方々に心より感謝申し上げます。
学会に参加していない障がいのあるお子さんと親御さんが、
この展示スペースのみに入れる工夫をしてくださったのです。
 主に千葉に住む親子が開催中に引きも切らず訪ねてきてくださったのと、
学会に参加されている主にST(言語聴覚士)の方が質問や相談に
来てくださいました。
 
 私自身が身内のSTの方々の遊んでいる様子から学ぶこともあります。
また、国分寺おもちゃ病院の角院長が新しく作られたスイッチが優れもの
だったり改造した玩具の動きが楽しかったりで、自分もほしくなって
しまうことがありました。
 
イメージ 1










<ダンシング ブーフ>
 
 たくさんの方においでいただいたといっても、1万人近くが集まる
東京都大田区の平和島のキッズフェスタ(子どもの福祉用具展)に
比べたら、じっくりゆっくり遊べる時間が保障できて、
みなさん、時のたつのを忘れて遊んで行かれました。
 
 そして、スイッチの入手方法や玩具の改造の手立てを知ることができた
お母さんからは、「(お子さんに)自分で鳴らせる楽しさをこれから
いっぱい体験させてあげられる喜び(を感じています)」という感想を
いただくことができました。
 
報告やいろいろな情報は、こちらをご覧ください。
 
 
 
<会場での主なご質問とお答えしたこと>

・キーボードの改造の仕方の質問
    →鍵盤一つにスイッチ一つが対応しているが、本格的なキーボード
      だと鍵盤一つに2つのスイッチが使われていて、1入力2出力装置が
      必要になること。
 
・東京都の多摩地区の施設に勤めている方から、おもちゃ図書館の玩具や
スイッチをまとめて貸し出していただくことは可能か?
    →まとめて貸出できる数がそろっていないので、これから徐々に
   数を増やしていきたいこと、
   地域のおもちゃ図書館にそろっていない場合は、連携も考えて
   いきたいこと。
 
・成人の重症心身障害者の施設に勤めており、生活年齢に合った対応を
したいと思っているのだが、視線入力(マイトビ―等)やOAK(キネク
センサーを使い、身体の微細な動きを映像として記録できたりPCで空間に
スイッチを作ったりすることのできる装置)は、有効か?
      →視線入力の実践は増えてきていて、障害の重い方には有効な手段で
    あること、OAKのソフトは最近iPad版も開発され、障がいのある方の
    意思や気持ちを知るためにも有効な手段になることをお話ししました。
 
 行くまでは千葉はとても遠く感じられたのですが、とても充実した2日間
になり、心理的にとても身近なところになりました。
 
イメージ 2










(事務局A)

↑このページのトップヘ