オンラインでNPO法人訪問大学おおきなき第1回総会実施!

 NPO法人訪問大学は、会員の皆様のご支援のもとに運営しています。会員の種類は3つあり、正会員(直接的に活動にかかわる支援)、賛助会員(資金面での支援)団体会員(団体として資金面での支援)で成り立っています。

 2020年6月20日(土)、第1回総会は、新型コロナウイルス感染防止のため、オンラインでZoomミーティングを利用して開催しました。
 「ピンチをチャンスに」という言葉がありますが、オンラインにしたことで、多くの訪問大学の学生さんも参加することができるという大きなメリットがありました。また、遠方の会員も参加できたこともメリットでした。

総会写真2020.6.20
*写真は、仙台の阿部晃子さんがおおきなきの原点と言える阿部恭嗣さん(晃子さんの伴侶、筋ジス患者)の本「七転び八起き寝たきりいのちの証し」を紹介しているところです

<学生のご家族の声>
 総会に参加された学生さんのお母さんから願いや感想をいただきました。  



「自分の地域でも将来的に生涯学習の場が作れるようにつなげていきたいです。」
(Kさん、Sさん)
「おおきなきに関わっているみなさんのつながりをとても心強く感じました。成人となり、出会いが少なくなるばかり、と思っていましたが、おおきなきの仲間に入れていただき、世界が一気に開けたように感じます。」(Iさん)
「給付金で、子どもの好きな楽器を購入し、訪問大学の授業で演奏したいです。」
(Tさん)
「身体を使うことで、本人の反応が出やすくなるかもしれないので取り組んでみたいです。」(Nさん)

 
 画面越しの交流でしたが、心のつながりを感じることのできる温かい総会兼交流会になりました。

NPOとしての2年目は苦しいスタートに
 訪問大学2019年度を締めくくる修了式は、感染の拡大により3月中にできなかった学生もいるのですが、講師の判断でオンラインも使い、4月の初めに無事全員終えることができました。
 しかし、2020年度、NPOとしての2年目の春は、スタートを切れないまま、感染拡大による緊急事態宣言の間、活動を休止せざるをえませんでした。
 解除後は、一人ひとり個別に相談しながら、感染防止対策を確認し、訪問授業を徐々に再開しています。

来年度予定の文化祭の実施についても再検討
 少し先のことになりますが、4年に1回の開催を目指している文化祭についてです。2017年度に第1回文化祭を行いましたが、来年度(2021年度)に予定していた第2回文化祭は、結果として東京オリンピックの後の時期になってしまうことになり、予定通りオリンピックが実施されれば、世界の中で大きな数の人が動きますので、その後の訪問大学文化祭が実施できるかどうか見通せず不安を抱えざるをえません。
 訪問大学の学生生活は、「命に不安のない状態」を保持できたうえで成り立つことですので、文化祭の実施時期や開催方法については、延期やSNS上での発表等も含めて、あらためて検討していきたいと思います。

どんなに重い障がいがあっても伝えたい気持ちがある
 さて、先日、神奈川の津久井やまゆり園の判決が出ました。被告の刑が決まりましたが、被告一人の考えではなく、社会に似たような考えがまだまだ根強くあることが分かってきています。

「意思疎通のできない人間は、生きる価値がない」という考えに対して、私たちは
「重い障がいがあっても生まれてきたこと自体が祝福されることであり、ありのままの自分で生きていくことを支えることができる社会」
であってほしいと願っています。

 そして、これは第1回文化祭のテーマとしたものですが、「どんなに重い障がいがあっても伝えたい気持ちがある」ということを、私たちは、多くの方に知ってほしいと願っています。
 訪問大学の授業の中では、一人ひとりの「伝えたい気持ち」を表現することや「やってみたいこと」を実現すること、見えない心の中の想いを形にすることを目指していきたいと思います。

苦難の時代でも、変わらずに発信し続けたい!
 訪問大学おおきなきは、まだまだとても小さな団体ですが、支える仲間(会員)は少しずつ増えてきています。
 お一人お一人の心のこもったご支援に、いつも感謝の気持ちでいっぱいです。
 学生の生きている姿、学ぶ姿を知っていただき、皆さんとつながり続けていきたいです。
 細い糸でも束ね、織っていけば1枚の布になると考えて、地道な活動を続けていきたいと思っています。

DSCN3743
⋆「佳澄」大田区立下丸子公園「紫陽花の丘」で撮影

DSCN3748

⋆「てまりてまり」大田区立下丸子公園「紫陽花の丘」で撮影

DSCN3741
⋆「愛華」大田区立下丸子公園「紫陽花の丘」で撮影


(相澤純一)