―好きな曲をスイッチで選んで聴く試みー
スクリーンショット (434)


指伝話メモリ音楽png











*スイッチインターフェイスは、マジカルトイボックスで製作した<REVIVE USB汎用スイッチインターフェイス>を使用。iOSが13になってから使用できなくなり、ビット・トレード・ワンで
REVIVE USB MICRO>を購入し、交換する必要がありました。 



<「選択」を求める意味>

 特別支援学校の教員時代の授業では、「今日の天気は晴れですか?雨ですか?」と訊いたり、活動の時には「一番始めにやりたい人?」と訊いたりすることが多かったです。子どもが主体で子どもが選択することが大事ということが私の頭にインプットされていて、常に子ども達に「どっち?」「~してくれる人?」と聞きながら集団の授業を進めていました。

 選択の内容は、その日の天気のように答えが決まっているものもあれば、誰からやってもらうか決めるための問いかけややりたいことを聞いている問いかけ等が多くありました。

 子ども達にとって、その問いかけがどういう意味を持っていたかは、その場を離れてから、冷静に考えることができるようになりました。

 子ども達への問いかけは、授業を進めるために大人の都合で訊くことが多く、子ども達にとっては、分かりにくい問いかけも多くあり、あまり意味がない選択を求めていることが多かったのではないかと自問しています。


 訪問大学は全部1対1の授業ですが、絵本を読むときは、複数の絵本を持っていき、「今日はどの絵本を読みたいですか?」と訊くことがあります。表情の変化やアクションがなければ、視線を見て判断したり、訊いておきながら私の読みたいほうにしてしまったりすることがあります。

 音楽を演奏する時に、「どっちの曲を演奏したいですか?」と訊くこともあります。

 積極的に(判断基準は難しい)選んでくれることもあれば、はっきりした反応がない場合もあり、答えが読み取れないこともあります。


<選ぶ「動機」があるか、ないか>

 選択を求められる立場にたって、どういう時に選べるか考えてみます。選びたくなる問いかけかどうかで訊かれる側の反応が変わるのではないでしょうか。

 特に、障害の重い方にとっては、選択肢があって、その中に選びたいものがあるかどうか、「選びたい」と思う動機があるかどうかが大事なのではないかと考えるようになりました。
 当然、訊かれている内容がわかる、何となくでもイメージを持てることが必要条件になります。


<自分の操作で曲を選び、聴いてみる>

 今回は、日常的にご家庭で音楽を聴くことが多く、聴きなれた音楽があり、好きと思われる曲があると思われる学生2名の試みを紹介します。曲名と曲がマッチングして理解できている場合は少ないかもしれないので、実際に選んでみて、曲を聴いてみることで、聴きたくない時はまた選び直せるような仕組みにしたいと考えました。トライ&エラーを繰り返す体験になるかもしれないので、好きな音楽がその中に含まれることは大切な条件になるかと考えました。


<指伝話メモリで音楽を選べるようにする>

 ちょうどICT救助隊の講座で、指伝話メモリショートカットで曲を選ぶ方法を教えていただいたので使わせていただきました。特に、何度でも曲を選び直せるけれども、一度選択した曲を簡単には替えられないところがいい点です。MyMusic(音楽をかける)の機能を使ってみました。



<スイッチで順繰りに送っていき、長押しで決定する>

*モニター画面を見て、選びたい曲を判断するのは難しいと判断し、二人ともiPad本体の設定で<スイッチコントロール>の<オーディオ>の<読み上げ>をONにして試しています。


 問題は、どうやって1スイッチで選択・決定するかでした。

私は今まで、iPadアプリの1スイッチでの選択・決定には、オートスキャンを使ってきました。(2スイッチを使いこなしている学生は今のところいません。)

 私に思い込みがあったのです。

 1スイッチでの選択・決定でスイッチの入れ方を短く・長くと使い分けすることは障害の重い方には難しいのではないかと思い込んでいたのです。

 しかし、たとえ一番遅い速度でオートスキャンしていても、自分が選びたい時にタイミングよくスイッチをONにすることも、なかなか難しいことでした。

 

 雅也さんは、すでに山ねこ工作室の空気圧センサースイッチの操作に慣れつつありました。長押しは得意なので、SOUNOS VALKAのアルペジオ演奏が得意で、YouTubeでも紹介しています。


 今回の曲の選択については、決定(長押し)よりも短いスイッチ操作で順繰りに曲を送っていくのがうまくできるかどうかが気になっていました。また、スイッチ操作では、初めて「選択」を取り入れることになります。短くスイッチを連続して押していく操作は難しいですが、徐々に感覚をつかんでくれそうな期待がありました。

DSCN3997
 

 倫治さんは、今まで、ピエゾスイッチワリバッシャーを動かし、キーボードを演奏する授業をしていました。(その演奏は以下で公開しています。)


 今回の曲の選択で、1曲ずつ次の曲に送っていくのは可能と予想していました。でも、初めて試みる長押しで曲を選択できるかどうか心配でした。

 ピエゾスイッチを山ねこ工作室の空気圧センサースイッチに替えてみます。今まで薄いピエゾセンサーを親指とひとさし指ではさんで操作していましたが、太い空気圧センサーを挟んでうまく操作できるか、冒険でした。

 


 こちらの心配をよそに、ピエゾスイッチの時には見られなかった親指を軽くスライドさせる動きで、カードを順繰りに送っていく操作方法をすぐ体得できたようです。

 そして、初めてのスイッチの長押しに挑戦した倫治さんは、力が入りすぎて全身に緊張が走ってしまうことがありました。それでも、前向きにトライを繰り返すうちに長押しで聴きたい曲を選択する成功体験が自信につながっていったことを表情から感じ取ることができました。

山ねこ工作室の空気圧センサースイッチのいいところの1つは押している時間、スイッチが入り続け、長押しも可能な点です。


<選択できることの喜び>

 自分の授業を振り返ってみても、子ども達にとっては、選択を求められる時、どうしても受け身になり、選ばされている感覚があったのではないでしょうか。

 自分の思いからスタートし自分の力で選ぶというのがめざしたい着地点です。

 たとえば給食でしたら、たとえ全介助で食べているとしても、「次は何を食べるか」自分で順番を決めて食べることができるのが理想です。

 好きな歌や曲を聴く時も、その順番を自分で決めたいのではないでしょうか。

 その場合、日によって聴きたいものが変わることもありますし、同じ曲を何度も聴きたいという場合もあるのではないでしょうか。

 選択できることが、本人の生活をいろどる喜びのひとつになることを願っています。


 2人は、もともと生活の中で、ご家族の支援で音楽を聴くことが好きな活動になっていたことがあり、今までは、ご家族が操作することでいろいろな音楽を聴くことが多かったことが経験の積み重ねとしてあったことが今回の「選択」のベースにあります。

 雅也さんの場合は、自分の好きな曲が録音されている音楽プレーヤーを視線入力やスイッチで聴くという試みはすでにされていました。


<選択しない選択もあるー目的はスイッチ操作ではないので>

 さて、音楽に聞き入ると手が動かなくなる(つまり選ばなくなってしまう)ということも当然起きます。

 スイッチ操作は、1つの手段です。

 好きな曲を聞きたいという動機を叶えるためのスイッチですので、スイッチを動かす手を休めて、1つの音楽を最後まで聴いたり、または繰り返し同じ曲を聴いたり、順番通りに聴いたりすることも当然あるでしょう。


 難しいのは、その前の段階の選択肢の音楽を相談しながら入れ替えたり増やしたりしていく作業でしょうか。


*CDプレーヤーやiPadのミュージックアプリ等で曲を順番に送っていって選んで再生する方法も考えられることを追記しておきます。


 YouTubeに2人の様子をアップしました。
                

 
(相澤純一)