Sくんの視線入力の取り組みの足跡
―あきらめることなくトライし続けたSくんの強い気持ちー
 私が、Sくんのご家庭に訪問し、視線入力とスイッチ操作についてのお手伝いを始めたのは、2019年2月のことでした。Sくんは、当時4歳でした。
 ご両親はマジカルトイボックスのイベントに足を運ばれたり、訪問されているPTさんから情報を得たりして、ICT救助隊のスイッチインターフェイスや国分寺おもちゃ病院のスイッチを入手されていて、iPadのスイッチ操作に対応しているアプリをすでに試されていました。研究熱心で、私のほうがスイッチに対応しているアプリを教えてもらうこともあります。
 月1回の訪問時には、はじめにiPadをスイッチで操作する活動をして、その後、視線入力に取り組みました。ここでは、視線入力に絞って簡単に足跡をまとめていきます。

Sくんの3つのハンディ
 視線入力を行う上で、Sくんの目は開きが狭く、加えて瞳孔にまつ毛がかかっている状態で、さらに眼振という3つのハンディがありました。センサーが瞳孔をとらえきれず、GazeTrace(画面上の見ているところをバブルと呼んでいる円が示してくれる)が出たり消えたりして安定せず、画面にバブルが出ても激しく揺れていて、安定した視線入力はできない状態でした。
 そのため、はじめの数か月は、下の写真のようにお母さんに瞼を持ち上げてもらって目を開き視線入力に取り組んでいました。
DSCN1944


Sくんの意欲が視線入力の成功体験につながる
 はじめに取り組んだのは、島根大学の伊藤史人さんの研究グループで開発されたEyeMoT2Dでした。
 Sくんは、上記のようなハンディがあるので、射的をやっても、スクラッチをやっても成功(クリア)するまでものすごく時間がかかっていました。でも、Sくんは、視線でできる活動に興味があり、最後まであきらめない気持ちも持っていました。
 時間がかかっても、失敗を繰り返しても、最後まで投げ出さずやりきろうとしていました。
IMG_2169
<2019年2月15日  SCORE:132秒>

DSCN1958
<2019年4月5日  SCORE:180秒>


Sくんの視線入力を成功させるもう1つの鍵は位置設定だった
 Sくんが視線入力に継続して取り組めてきた1つの鍵は、Sくんのあきらめない気持ちでしたが、もう1つ、鍵を握っているものがありました。それが視線入力装置(アイトラッカー)をつけたモニターの位置設定でした。
 視線入力に取り組み始めたときは、仰臥位でモニターを顔の真上に設置していました。ただ、この姿勢は普段の姿勢ではなく、体に負担のかかる姿勢だったので、側臥位の姿勢で取り組むように変えていきました。
 側臥位も初めは、90度真横を向いていたのですが、この姿勢に合わせるとモニターの左側がベッドの面より下になってしまいます。そして、ベッドの面に近い左目をセンサーが捉えにくく、なかなか位置設定が定まりませんでした。
DSCN2616
<2019年7月>

 次に、下の写真のように、負担がかからないように気をつけながら、枕で首の角度を20度位上げてもらいました。しかし、後で写真を見て気が付いたのですが、この角度の場合、この状態よりモニターをもっと高く上げ、さらにモニターを斜めにして設置しないと視線とモニターが垂直になりません。写真のような位置関係ですと特に画面の右上を見ることが難しかったようです。重力に逆らって眼球を持ち上げていくのには、かなりのエネルギーを必要としていることがわかりました。

DSCN2782
<2019年8月>
 
 そして、下の写真は視線入力を始めてから1年半以上たった最近の位置設定です。
 首の角度をつけすぎないようにして、しかもベッドの面に近い目の視線が届きやすいように設置しています。眼球を重力に逆らって上の方に上げなければならないような無理な位置にはなっていないというのが確認できるかと思います。また、目の開き具合から画面を見上げる方向ではなくて、やや見下ろす方向にディスプレイを設置するほうが安定して視線をとらえられることが分かってきました。
 この写真は、センサリーアイFXの「色を塗る」に取り組んでいるところですが、画面全体に色を塗ることができていますし、色彩豊かに描けるようになってきています。

スクリーンショット (660)
< 2020年12月>

 下の写真は、EyeMoT3Dのひらがな表の「かるた」(12枚)の結果です。アプリが発表されてから訪問時には毎回取り組んできましたが、時間がかかっても必ず最後まで自力でやりきっています。
 身体全体の筋力の向上もあり、瞼が徐々に上がるようになり、目の開きも少しずつ広がっていき、眼振も少なくなってきています。その結果、センサーが視線を確実にとらえてくれるようになり、視線入力の効率が上がってきたことにより、本人の達成感も上がってきているように感じています。

スクリーンショット (659)
<2020年12月>

ストライクゾーンを見付けることの大切さ
 実は、Sくんの視線入力のストライクゾーンを見付けるのに、2年たった今も少し苦労しています。Sくんのストライクゾーンは、決して広くはありません。その日の体調によっても微妙に変わることもあります。でも、ストライクゾーンを見付けないまま始めてしまうと、Sくんに余計な努力を求めることになってしまいます。焦りは禁物です。目の開きは始めた当初よりかなり広くはなっていて、画面上の視線の揺れは確実に減ってきています。それでもまだ、視線マウスアプリ(GazePoint)の距離センサーも適正な距離にあるかどうか捉えられないので、実際に測ってみました。視線(瞳孔)は50㎝位だと捉えられず、60㎝にすると画面上にしっかり現れました。
 位置、距離、角度を模索しながら、ストライクゾーンを見付けることの大切さを感じています。

視線入力とスイッチの併用も可能になる
 Sくんは、視線入力を始める前からご家庭でスイッチの練習をしていました。サポートに入っている方の協力もあり、いろいろなスイッチを試していましたが、今でも使ってるのは100均のブックエンドです。このブックエンドの使用法について提案されたのは、療育のSTさんだそうです。ここに右腕を載せ安定させ、スイッチを右手のひとさし指と中指で押すスタイルは同じです。(つい最近、左手の親指での操作もお母さんと試しています)
 写真のスイッチは、マイクロスイッチを発砲スチロール素材に埋め込み、丸型のタッパーウエアの真ん中の部分を切り抜いてスイッチのレバー部分に貼ったものです。
DSCN2994

DSCN2995

スクリーンショット (661)
 上の写真は、アンドロイドのアプリをBlueStacksにダウンロードし、視線で目標を決め、スイッチを押して遊んでいるところです。視線入力は、それまで注視で決定する形で取り組んできましたが、同時に練習してきたスイッチを使うことで、左マウスのクリックを行うことができます。このことによって視線を動かしながらスイッチを押し続けることででドラッグ操作も可能になり、Sくんの楽しみが広がっています。

 *スイッチインターフェイスは、マジカルトイボックスで作ったREVIVE USB汎用スイッチインターフェイスを使用しています。視線マウスアプリとしては、miyasukuEyeConLT2またはGaze Pointを使用しています。

★Sくんの最近の活動の様子をYouTubeにアップしましたので、ご覧ください。

                            
                            (相澤純一)