カテゴリ: コラム

 皆さんは、ご自宅の車のナンバーは何の数字にしていますか?うちは「なんでもいい」ということでランダムに割り当てられる番号なのですが、好きな数字にする方たちは、ご自身や奥さま、だんなさま、またはお子さまの誕生日など、大切な人、大切な日にまつわる数の組み合わせを選んでいる方が多いのではないかと思います。ちなみに私の実家では、父と母が共同で乗る車は母の誕生日、弟夫婦の車は子どもたちの誕生日の組み合わせです。

 訪問大学おおきなきの学生さんのご家族が、先日ご自宅の車を買い換えました。そのナンバーは「 10-01 」

ブログ準備3
「なんの数字かわかりますか?」とお母さまはおっしゃいました。すぐに気づき回答することができたのですが、それを知って私たちは、驚きと感激で胸がいっぱいになりました。2017年に開催した、第1回訪問大学おおきなきの文化祭が、10月1日だったのです。
 
 日常的に気軽にいろいろなところへ外出したりたくさんの人と触れあったりすることが難しい生活をしている訪問大学の学生さんたち。その皆さんに、文化祭の会場で発表をしてもらったのですが、それは学生さんにとっても企画した私たちにとっても、大冒険でした。会場まで来てもらう、大勢の人の中、初めての場所、それも一般の施設の建物内で半日を過ごす、そのこと自体、大きなストレスになったり、それどころか命を削ってしまうかもしれない…そんなことを考えると、どんなに綿密にあらゆることを想定して準備をしても、最後まで不安は尽きることはありませんでした。そして、終わったあとも、反省はたくさん残りました。でも、「講師のみなさんと授業でそれぞれに取り組んでいる学習の成果を来場者のみなさんに直接見ていただき、学生さん同士や来場してくださった皆さまと交流できる場を作りたい!」ということを胸に、必死の想いで開催したのです。
 
 その文化祭が、学生さんとそのご家族にとって「自分の家の車のナンバーに選ぶ」ほどの大切な1日になった、ということを知り、ようやくはっきりと「やって本当によかった」と確信することができた気がしています。そして、なにより日ごろの授業で学生さんとかけがえのない時間を重ねていってくださる講師の皆さんと、活動を続けていくために支えてくださっている会員の皆さまへの感謝も、改めて深く深く噛み締めた、この夏の出来事でした。

 訪問大学おおきなきの文化祭は、4年に一度の開催を目標にしています。次は2021年。そのときも学生の皆さんが、来場者の方たちの前で授業の成果を発表し、キラキラ輝く大切な記念日になることを目標に、気を引き締めて準備をしていきたいと思っています。 
      

(事務局:ゆうこ)

 講師:三科聡子

 私たちは情報の95%以上を視覚と聴覚から得ていると言われています。その視覚と聴覚の両方に制限がある礼さんとの学習は、触覚を活用した一つ一つの小さな経験の積み重ねです。

   礼さんが大好きな公共交通機関を利用した外出も、目的地に行くだけではなく、電車に乗るための一つ一つの行動が礼さんとの学習になります。その学習の、ある場面をご紹介しましょう。 

「電車にのってA駅に行きましょう。大人の切符が240円。割引切符はいくらですか?」 
「120エンデス」
    礼さんの右手がローマ字式指文字で正解を伝えてくれます。理数系女子の礼さんはニヤッと笑って答えます。
    まずは、券売機で切符を購入。右手に持った500円硬貨を礼さんは硬貨投入口に水平に入れたいのです。投入口に硬貨を置きたいのです。でも、投入口は「硬貨は立てて!」と要求してきます。そこで、手首を90度立てて、硬貨の向きを垂直方向に変えます。硬貨を入れる場所の位置を礼さんと確認をしますが、硬貨から手を放すタイミングって、なかなか取りにくいのです。何度も何度もタイミングを図る礼さん。礼さんにとっての「ちょうどいい塩梅」を探っているのでしょう。     
    券売機の多くがタッチパネルになっているため、残念ですが、触ってもわかりません。でも、触ってもわからないから、触らない・・・では、面白味がありません。大切なのは、特定の場所を触ったあとに起こる変化、つまり、切符が出てくる、切符を買うことができることです。そのために、礼さんの右手人差し指を介助しながら一緒にボタンをおします。
                                  
ブログ準備1

 礼さんの人差し指を軽くつまんで合図を了解しあってから、手の甲を包み込むように三科の手で覆って、押すべき位置に指先を誘導します。どこの位置でどの方向に向けて操作をするのか、を明確に伝えます。タッチパネルを押すのは、あくまでも礼さんの人差し指です。押すべきボタンは2箇所。割引のため左端にある子ども料金設定ボタンを押してから、右中央上にある120円の金額ボタンまで一直線に指を移動します。そして、指をほぼ真下に移動させて、右下から出てくる切符を、礼さんは人差し指と親指でそっとつまんで、そしてそっと引き抜きます。この“そっと”という力加減がなかなか難しいのです。「切符をつまんだ」という実感がなければ、その次に引き抜くという行動は生まれてきません。切符をぎゅっとつまんだら、手前に引き抜くことが難しくなります。その「そっと力を抜く、いい塩梅」を何度も繰り返しながら探っています。四角い切符を四角いままに、礼さんはそっと抜き取ることができるようになりました。今では券売機の前で手の甲に触れると、人差し指にちょっと力を入れて、「準備OK」を伝えてくれる礼さんです。         
礼さん電車授業

 さて、次は駅に入りましょう。自動改札機には、水平に切符を挿入します。ここでも、挿入口で切符から手を放す「ちょうどいい塩梅」なタイミングを礼さんは何度も繰り返しながら探っています。挿入口に切符を差し込んだら、改札機の機械の上を手でまっすぐにたどりながら、切符の排出口の位置を確認します。これから電車に乗るときには切符を抜き取りますが、これから改札を出るときには切符は回収されるので、抜き取る必要はありません。挿入口で切符を手放した礼さんの右手がそのまま機械の上をそっと撫でるようにたどりながら、その次に切符を抜き取とろうとするか、抜き取らないで通過するのか・・・その動きの違いで礼さんの意識の違いを私たちは知ることができます。そして、挿入口の位置を確認するために、礼さんの左手がそっと挿入口にのびると、礼さんの確実さを知ることができます。
 
 これら一つ一つの経験が、礼さんにとっての「当然なこと」を築いていきます。それまでは「特別だったこと」が、「ごく普通のこと」になり、そして「新たなちょっと特別なこと」への挑戦にとつながっていくのだと思います。私はそんな小さな一つ一つを、礼さんと一緒に丁寧に積み重ねていきたいと思います。    
 あら、まだ駅のホームにたどり着いていませんね。このあと、どんな「一つ一つ」と出会うのか、皆さんも礼さんと一緒に外出を楽しみませんか。

 私たちは、重いてんかん発作を繰り返していたため、通所が難しいAさんの存在を知って、訪問大学の立ち上げを決断しました。
 2014年4月1日のことです。
 木野さつきさんは、開設時からずっと講師としてAさんの学びの支援に携わり、6年目を迎えています。

 以下は、木野さんが原点に立ち返り、Aさんにとっての学びの意味を問い直して書かれた文章です。
木野さん記事イラスト

「学ぶ喜び」が次の自分につながっていく
  ~ 訪問大学講師としての再スタート ~

 私は、訪問大学初の入学生、Aさんを担当させていただいてから、今年で講師6年目になります。
 在宅での生活を主とする方の訪問授業は、現役の教員時代にはない経験だったので、私にとって訪問授業ができること自体が喜びであったことを思い出します。

 私は授業で主に調理活動をしており、Aさんとはこの5年間色々なものを作ってきました。簡単なスイーツ作りが中心だった活動も、今ではホットプレートを使って主食を作るなど、Aさんにとっても、私が行く日は「調理の日=食べる日!」と定着しているのを感じています。

りせ 2019.2.8 バレンタインチョコフォンデュ1
りせ 2019.2.8 バレンタインチョコフォンデュ4
<バレンタインチョコフォンデュづくり>

 最近の授業のことです。天候の不安定な日が続き体調が優れず、授業の3分の2は活動できない状態だったので、その間、お母様と一緒にゆっくりお話をさせていただきました。月1回の訪問で、1.5時間という限られた時間の中で、調理をし、試食をするという工程。凝縮した授業を最後まで集中して取り組むと、その時間はあっという間で、そういえばなかなか

 お母様と一緒にゆっくりお話しする時間はなかったのです。
 お母様とお話していて、私は自分の在り方を振り返りました。
Aさんは、授業のない体調の良い時に、時々「学校に行きたいな」と言うそうなのです。そして「学習したい」という気持ちから、簡単な問題を解いたり、細かな作業に取り組んだりするのですが、途中発作が近づいてくると、作業効率が下がり、作品や課題の完成度が思うようにいかず、自信をなくしてしまうことがあるとのことでした。

 私はそのお話を伺って、ハッとしました。
 Aさんはいつも授業中楽しそうに活動に取り組んでいます。調理も慣れてきて、いろいろな活動を主体的にできる場面も本当に増えてきているなと、私としては感じていました。
 でも、私はその話を伺って思いました。

 「Aさんにとって、私の授業は、Aさんの本当の主体性と、学びの喜びに通ずる授業になっているのだろうか?」と。心からの「学びたい」というAさんの真摯な思いや、身体がコントロールできずに「学んでも自信がなくなってしまう」という気持ちを、私は、きちんと理解できていなかったのではないか…ということに気づいたのです。
りせ 2018.7.6-3 お好み焼き

りせ 2018.7.6-5 お好み焼き

<ホットプレートでお好み焼きづくり>

 お恥ずかしい話ですが、今回のことを通じて、今年講師として6年目にして改めて「人は学びたい気持ちを持っている」ということ、また「学びの喜びが次の自分につながっていく」ということを、自分の心と身体で理解できたように感じています。5年一区切り。私にとっても「学び」の再スタートです。
 この気づきを与えてくださったさんAさんと、お母様との出会い、そして訪問大学に感謝を込めて。
木野さつき

「尾木ママのいのちの授業(全5巻)ポプラ社」のご紹介 8

 あとがき 
この五冊を読み終えたとき一番に思ったのは、
小学生の甥っ子や姪っ子に、ぜひ読んでほしい
ということでした。
子どもの頃にこの本たちに出会えたら、
きっと自分も周りの人も大事にしていくことを
考える子になってくれるのではないかと、
心から思いました。
また、大人の方でも、日々大変な中がんばって
生きていて、自分や周りを大切にできていない
と感じることもあるのではないかと思います。
そんな方々にも、ぜひ手にとってゆっくり読んで
いただけたらと思うのです。
そして、自分の周りの子どもたちに、
この本から感じたことを伝えていってほしい
と願っています。
そうやって、少しずつ、自分も周りも大切に
していける人が増えていったら、
誰もが生きやすい世の中に近づいていくのではないか
と思います。
イメージ 1

*本は、図書館用に作られていますので、
各地の図書館に置かれているかと思います。
ない場合は、リクエストしてみてください。

*購入される場合は…
ポプラ社

https://www.poplar.co.jp/book/search/result/archive/7187.00.html
※ポプラ社のサイトから書店から通販等まで、
この本を購入できるところにリンクしています。
~おおきなき事務局*田中千加子~

「尾木ママのいのちの授業(全5巻)ポプラ社」のご紹介 7

おおきなきの文化祭で、絵本コーナーを
作りました。
そこに、「いのちの授業」の本も展示しました。

イメージ 1

障害のあるお子さん(5歳)を育てているお母さんが
この本を読み聞かせた感想を送ってくださいました。
お子さんは、右手の親指で意思を伝えたりスイッチを操作したり
しています。
イメージ 2
~ 感 想 ~

絵本コーナーでは、浦尾裕子さん
お話させていただき、早速3巻を購入して
息子に読んで聞かせました。
息子自身、自分と周りが違うことは認識し、
疑問や不満を感じる年齢になっている
ことは分かるのですが、
私の主観でどこまで説明して良いものか
迷いがあり、はっきりと話すことは
未だに避けていました。
でもこの本は一般向けに障害のことが
分かりやすく書かれているので、
普通の絵本として読ませてから
「この部分は○○くんと似ているね」
とスムーズに関連を意識させることが
できました。
「障害があっても心は一緒」
とか
「全部できる人はいないし、
何もいいところがない人もいない」
など、素晴らしい言葉も沢山ありました。
息子は他の絵本のとき以上に
親指で反応を示していて、
「お母さんはこの裕子さんに会って
お話したんだよ」
と言うと、一層興味深そうに親指を
動かしていました。



↑このページのトップヘ