カテゴリ: マイトビーの実践

前回のわっくんのマイトビーの実践はこちらです。

マイトビー(視線入力型意思伝達装置)の実践
 『視線でドラムをたたく

 わっくんは、午前中まで熟睡して午後に目覚めると、ベストの状態で
授業に臨むことができる。それが、この日は、朝のうちに起きてしまっ
て、もう一度寝直すことができなかった。そのため、睡魔と戦いながら
授業になった。
 キャリブレーション(センサーに個人の視線を合わせる調整)では、
はじめ刺激を追えず、特に左のほうに眼球を動かすのが難しかった。
 それでも、声掛けしながらステップスルー(手動で刺激を動かしていく)
でゆっくり行うと、3回目に成功する。

 自分の意志で何とか目を開けて頑張ろうとしているのが表情から
読み取れる。目を何度もしばたたかせている。耐えきれずに時々
すっと眠りの世界に吸い込まれていく。お母さんは、わっくんの
まぶたが下りてしまっても、モニターの脈拍数を見て、
「大丈夫です。まだ寝ていません!」
と教えてくれる。

 マイトビー用のソフト「LooktoLearn」の音楽関係の内容は充実していて、
わっくんの好きなギターの音が視線で出せるし、「Magic squares」(写真)
では、見たところにピアノの音と共に小さな色タイルが出てくる。1回見た
ところは「ド」の音で黄色のタイル、同じタイルを見ると今度は「レ」の音で
うすいオレンジ色に変わる。見るたびに色が変わっていき、2回、ドレミファ
ソラシドを繰り返すと黄色に戻る
 前回は、ほとんど画面を埋められた、「Magic squares」だが、今回は左下
を見るのが難しかった。

イメージ 1










<LooktoLearn のMagic squares>

 次にやった「センサリーアイFX」の「色を塗る」では、なかなか下の方の
パレットに視線が届かなくて、色が選べなかったものの、徐々に画面いっ
ぱい視線を動かすことができるようになった。

イメージ 2










<センサリーアイFXの 色を塗る>

 画面を塗りつぶすのが得意なわっくんにぴったりのソフトとして
Look to Learn
のスクラッチを試す。この日初めての笑顔に出会える。黒い画面をくまなく
見ていくのは得意で、見ることで隠れている絵が出てくる課題にも興味が
持てたようだ。疲れが見えていたので少しずつお手伝いをしながら、全部
の課題(5個)をクリアする。

イメージ 3










<Look to Learnの Scratch card>

 最後にゆずの「雨のち晴レルヤ」で、センサリーアイFXのドラムを視線で
たたいてもらおうとしたが、また眠気に襲われてまったく音が出ない。
 今日はもう疲れもあるし力を出し切ったと思い、あきらめて授業の終わり
の歌をiPadで流した。ゆずの「また会える日まで」だ。マイトビー以外の物の
片付けを始めていると、後ろで突然ドラムの音が重なって聞こえてきた。
最後にわっくんは眠気に打ち勝ち、目をぱっちり開けてドラムを視線で
たたき始めていた。

イメージ 4










<Look to Learnの Drum kit> 
*自動演奏のアイコンがある。音量は小さめ。

イメージ 5










<センサリーアイFXの Retro Kit>*音量が大きい。

 わっくんの気概、底力は、すごいと思った。
 曲のテンポに合っていたし、サビの部分に盛り上げてたたいていて、
とてもいい演奏だった。
 わっくんの2016年の授業は、視線でのドラム演奏で幕を閉じた。

(センサリーアイFXのドラムのソフトの音量を最大にする
と本物のドラムの音に近い
雰囲気を味わえるのだが、スピーカーが持ちこたえられない場合もあるので
少し音量を下げて使用している)

執筆者:事務局A

前回の のんちゃんのマイトビーの実践は こちらです

てのひらで感じたシイタケを視線で描く―マイトビーの実践―

 のんちゃんは、果物や野菜を視線で描き続けている。
 今回の授業では、かぼちゃ、サツマイモ、そしてシイタケを
描いてみた。
 かぼちゃやサツマイモは包丁を入れてみて、外側だけでなく
中側の色や様子も目で確かめてみた。

イメージ 1










ぼっちゃんかぼちゃをよく見て描いた絵は、次の絵だ。

イメージ 2










<かぼちゃ>
 
 この日一番時間をかけて描いたのはシイタケだ。用意したのは
直径8cm位のかさの大きいシイタケ。表と裏をよく見たり、軸や
イシヅキやかさの裏のひだひだを触ったりしながら、この不思議
な物体を感じ取ってもらう。
 いよいよ描こうという時には、かさの上に掌をかぶせて、伝わっ
てくるものを感じながら視線を走らせる。

イメージ 3









 
 何度も色を重ねていく。このセンサリーアイFXの「色を塗る」
いうソフトでは、色を重ねても下の色が見えなくなるだけで、水彩
のように色と色が混ざり合うことはない。また、油絵のように厚み
が出てくることもなく、どうしても平板な絵しか描けないのが、残念
なことである。 
 それでも、手に持った筆は介助なしには動かせないが、目の筆
は自分の力で100%動かせていることが、間違いなくのんちゃん
の意欲につながっている。
 シイタケはいつまでも冷たかった。温かい手の熱を奪って、のん
ちゃんが病気にならないかと心配したくらいだ。
 シイタケの絵は大作だと、私は思う。

イメージ 4










<シイタケ>
 
 最後に新聞紙に包まれた泥付きの大きなサツマイモを出す。のん
ちゃんの顔がぱっと明るくなった。学校でも何回も見たことのある、
なじみのある野菜だったからだろうか。
 ここで、キャリブレーション(視線をセンサーに合わせる調整)を
やり直すと、視線は勢いよく動き、パレットから色を選ぶのも全部
自分でできるようになって、この日の最後の1枚はのびのびと描け
ていた。
 
イメージ 5










<サツマイモ>
 
                                       執筆者:事務局A
 
 


前回の のんちゃんのマイトビーの実践は こちらです

ブドウ・なし・りんご・バナナ―視線で果物を描く―
 
   前回の授業では、目の前に キュウリやナス、トマト、ピーマン等の
野菜を1枚の紙の上に並べて、描いてもらった。すると、一つひとつを
分けて描くスペースが取れなかったようで、全部の野菜が重なって描
かれることになってしまったようなのだ。

イメージ 1

 
 







 
 
イメージ 2













<上の5種類の野菜を見て描いた絵>
 
 それで、今回は、果物を1種類ずつ描いてもらうことにする。持参した
果物は、ブドウ、なし、りんご、バナナで、バナナ以外は旬の果物だ。
 
 早めにベッドからクルーザー(椅子)に乗り移ったのんちゃんは、やる気 
まんまんで、いつも授業の初めに行うキャリブレーション(本人の視線に
マイトビーのセンサーを合わせる補正)には集中できず、3回やっても
成功しないので前回のデータを使うことにする。
 
イメージ 3














 
 のんちゃんは、今回もいつものように楽しそうに描く。
 前回、たくさんの野菜を一度に並べてしまい情報が多すぎたという失敗
とともに、もう一つ基本的なことを私は意識することになった。マイトビーの
画面を見てもわかるように左右に視線が行きにくく、そして色を選ぶパレッ
トでは真ん中にしか視線が届いていないことだ。
 これは、画面の下の方のテーブルに並べた野菜や果物は、そのままで
視野から外れてしまっているということを意味する。
 今回は、果物を一つひとつ持ち上げて目の前で見てもらい、手で触れて
感触を確かめたり手の甲に載せて重さを感じてもらうようにした。それも
「よく見る」ことの一部で、対象を知るために大事な情報だろう。
 
 色の選択は、視線では真ん中のピンクか黄色しか選べなかったので、
一色ずつ指さししながら聞いていって選ぶことになった。
 
 こうして、4つの果物の絵が完成した。
 のんちゃんのお気に入りは「バナナ」だそうだ。

執筆者:事務局A

 
イメージ 4

          
 










  <ブドウ>


イメージ 5















<梨>


イメージ 6















<りんご>


イメージ 7















 <バナナ>
*バナナは1本でなく3本の房を見て描いています。 

前回の のんちゃんのマイトビーの実践は こちらです

『りんごにまちがいない―視線でりんごを描く―』


 前回ののんちゃんの授業でシェル・シルヴァスタインの「おおきな木」
の絵本を読んで、「おおきなき」は「りんごの木」だったことを思い出した。


 その後、娘の学校の学校公開に行き、「りんごかもしれない」(ヨシタケ
シンスケ)という絵本を読んで、全員が「もしかしたら□かもしれない」と
いう課題に取り組んだものが掲示されていた。


 目の前にあるりんごは、りんごに見えるが、実は違う何かであるかもし
れないと想像をふくらませるのだ。実に楽しいことではないかと思った。
りんごはりんごに決まっていると固定観念で考えるのではなく、自分の
感じたまま、考えたままを想像したり表現したりしてもいいという、わ
わく感がある。


 りんごは3つ用意した。よく見ると一つ一つ大きさ、形、色合いが違って
いる。のんちゃんの目の前に置いて触れてもらう。たたいてもらう。いい
音がした。

イメージ 1










  初めのほうで、赤色を選び弧を描く。りんごの輪郭を描こうとしたのだと
受け止めた。


 リンゴと言えば、赤色だが、画面上のパレットでは赤は一番左側にあって
視線を持っていきにくい位置にある。だから、赤を選びたくても選べないかも
しれないと思って、のんちゃんに時々、「赤を使ってみる?」と聞いてみた。
2回頷いたので2回使ってみるが、その時はすぐ違う色に変えてしまったので、
のんちゃんが赤にこだわっていないことがわかった。


 他の色は全色1度は使ってみている。でも、濃い色は、あまり使わない。

イメージ 2










 途中で、半分に切ったりんごを見てもらい、「中側を描いたか、外側を描い
か」聞いてみる。答えはなかった。


描きながら、節目節目で「まだ描くか?もう終わりにするか?」確認していっ
た。「終わりにする?」にやっと
頷いた時には45分間経過していた。


 私は、のんちゃんの視線で描いた絵を見て「りんごかもしれない」と思う。


 そして、その思いは徐々に、「これは、りんごに間違いない」という確信に
変わっていく。
                                
 執筆者:事務局A 
   

イメージ 3










 こちらが完成した絵です。       

                               



障害の重い方の特別支援学校卒業後の生涯学習:実践報告~おおきなき~

<OAKやマイトビーを使った授業2>

☆マイトビーのソフト「Look to Learn」のSoundや
  「Sensory-EyeFX」のピアノやドラム

イメージ 1













 視線でギターが弾けたりシロフォンを演奏したりドラムをたたいたりでき
す。
 眼振があるお子さんも多く、コントロールがとても難しいのですが一生懸
命取り組んでいます。
 目が上転してしまうこともあるのですが、目を細めて頑張っています。


マイトビーSensory-EyeFXで「神経衰弱」

イメージ 2













 どんな風に視線が動いているか軌跡をとるソフトががあります。神経衰
弱をやっているのですけれど視線の動きが画面の一部に固まっていると、
できているかできていないかわからなくて、この動きが、例えば、この6枚
の神経衰弱をやるとしたら、画面の上で均等に動くように調整することが
大事なことになります。
 ジャニーズが好きな、特にHey!Say!JUMPが好きなお子さんに、Hey! Say!
JUMPや嵐のメンバーの神経衰弱を作っています。






↑このページのトップヘ