大熊社労士の分かりやすい人事労務管理相談室

人事労務コンサルタント大熊が人事労務管理の様々な問題をストーリー仕立てで解決します!

社会保険適用拡大(1)パートタイマーへの社会保険の適用拡大が始まります

 大熊は先日、日本年金機構から公開された「短時間労働者に対する健康保険・厚生年金保険の適用拡大Q&A集」を確認した上で、服部印刷に向かった。
リーフレットバンク「短時間労働者に対する健康保険・厚生年金保険の適用拡大Q&A集」
http://blog.livedoor.jp/leafletbank/archives/51408571.html
大熊社労士:
 ここのところ急激に暑くなって来て、いよいよ本格的な暑さがやってきたという感じですね。
宮田部長宮田部長:
 本当に。クールビズの始まりが5月からでよかったですよ。5月も下旬になってくると日中の暑さがすごいですからね。
大熊社労士:
 そうですね。さて、今日はこれから訪れる夏を飛び越して、秋から始まる社会保険の適用拡大の話をしましょう。
宮田部長:
 大熊先生、気が早いですね。まだビヤガーデンにも行けてないのに。社会保険の適用拡大・・・ですか?
大熊社労士:
 はい。かなり前に決まった法律なのですけれども、1週間に20時間以上働くパートさんにも社会保険(健康保険・厚生年金保険)を適用していきますよ、というものです。
宮田部長:
 え!え!えぇぇぇ!?そりゃたいへんじゃないですか。うちのパートさんは、ご主人の扶養の範囲内ということで働いている人もいます。それが扶養から外れてしまうってことですよね?税金が高くなってしまうじゃないですか!
大熊社労士:
 いろいろ頭が混乱されているようですね(苦笑)。少しだけ整理をしておきましょうね。いま宮田部長がおっしゃっていたパートさんはおそらく、健康保険の扶養(国民年金の第3号被保険者)と、所得税法上の控除対象配偶者になっているのでしょうね。
福島さん:
 はい、そうだと思います(笑)
大熊社労士:
 ですね。今回は、社会保険の適用拡大に関する話です。今後は週20時間以上働くなど、一定の条件に該当したパートさんについても社会保険に加入することになります。社会保険に加入するということですので、ご主人の健康保険の扶養は外れることになり、国民年金は第2号被保険者になることになります。ただし、これが所得税法上の控除対象配偶者ではなくなることとイコールではありません。
福島照美福島さん:
 あくまでも、加入する健康保険と国民年金の被保険者種別が変わるということですよね。
宮田部長:
 じゃあ、別に税金のことを気にすることはないんだね。ん、待てよ、社会保険に加入するということは、社会保険料の負担が発生するということですよね?
大熊社労士:
 はい、そうです。これまではご主人の扶養になっていたわけですから、健康保険料も国民年金保険料も払わなくてもよい(払われている)状態となっていました。それがパートさん自らが被保険者として支払うことになります。そして、原則として同額の会社負担がありますので、会社の社会保険料も増えるということになります。
宮田部長:
 そ、そうですよね!そりゃたいへんじゃないですか!!大熊先生、どうしてもっと早く教えてくれなかったのですか?
大熊社労士大熊社労士:
 その理由ですが、御社がひとまずは適用対象外だからです。今回の社会保険の適用拡大は、企業全体で見て被保険者数が500人超のところが適用となります。まぁ、大企業から適用になるということですよね。
宮田部長:
 な、なぁんだぁ。じゃ、うちはいままでどおりということですね。
大熊社労士:
 はい、当面、基本的な考え方はいままでどおりと理解していただいて問題ありません。ただし、2点ほど注意が必要になります。まず、1点目は社会保険に加入するパートさんの基準が変更になったことです。これは、次回以降詳しくお話をしようと思っているのですが、いわゆる4分の3要件、4分の3基準がきちんと整理されました。そして、2点目は御社の従業員の奥様等にご注意ください。
福島さん:
 あ!なるほど!
大熊社労士:
 福島さんは気づかれましたね。さすがです。
宮田部長:
 ???(; ̄ー ̄)...ン?
大熊社労士:
 (笑) 従業員の奥様(ご主人)の中には、大企業で社会保険に加入しない程度の労働時間で働いている人がいらっしゃるかも知れません。御社の従業員の扶養になっているということですね。この方たちが、もしかすると勤務先で社会保険に加入することになるかも知れません。
宮田部長:
 そうかぁ。そうなると、うちの方でも手続きが発生するということですね。
大熊社労士:
 そうですね。御社で扶養を外す手続きをしなければなりませんし、それを忘れてしまうと、健康保険証が2枚・・・なんてことになりますからね。そして、その前提として従業員さんから相談があるかも知れません。適用になるのは大企業からかも知れませんが、内容はしっかり確認しておきましょうね。
宮田部長:
 了解しました。
福島さん:
 私も少しだけ勉強した覚えがあるのですが、きちんと勉強したいので、次回、説明していただけませんか。
大熊社労士:
 そうですね。承知しました。

>>>to be continued

[大熊社労士のワンポイントアドバイス]
大熊社労士のワンポイントアドバイス
 こんにちは、大熊です。いよいよパートタイマーへの社会保険の適用拡大の情報が明らかになってきました。今後、適用の対象となる企業(特定適用事業所)には、8月ごろからに通知が来る予定ですので、きちんと確認し、やるべきことの整理をしておきましょう。
関連blog記事
2016年5月18日「通達で示された社会保険適用拡大後の「4分の3基準」取り扱い」
http://blog.livedoor.jp/roumucom/archives/52104501.html
2016年5月17日「必見!ついに公開されたパートタイマーへの社会保険適用拡大のQ&A」
http://blog.livedoor.jp/roumucom/archives/52104428.html
2016年5月18日「短時間労働者に対する健康保険・厚生年金保険の適用拡大Q&A集」
http://blog.livedoor.jp/leafletbank/archives/51408571.html

(宮武貴美)
http://blog.livedoor.jp/miyataketakami/

当社ホームページ「労務ドットコム」にもアクセスをお待ちしています。

facebook最新情報の速報は「労務ドットコムfacebookページ」にて提供しています。いますぐ「いいね!」」をクリック。
http://www.facebook.com/roumu

年次有給休暇の5日間強制取得という話はどうなったのですか?

 もう夏のような暑さになり、暑がりの大熊は汗を拭きながら、服部印刷に到着した。
宮田部長宮田部長:
 おはようございます。大熊先生、今日も暑いですね。
大熊社労士:
 はい、本当に苦手な季節になりました。クールビズの時代になって、多少は良くなりましたが、やはり暑いですね。
福島さん:
 男性はスーツなので大変ですよね。私はあまり外出がないので、それほど気になりませんけど。
大熊社労士:
 そうですね。私は公共交通機関での移動が多いので、暑さは堪えますよ。
福島照美福島さん:
 大熊先生、今日は一つ確認したいことがあります。以前、年に5日間の年次有給休暇を強制的に取得させなければならないという話がありましたね。あの話って、結局どうなったのですか?もう施行になっているのですか?
大熊社労士:
 その質問、本当に多いんですよ。少し前にテレビ番組でもその法律が通ったと放送されていたという話も聞いているのですが、実はそれは間違いで、実は法律は通っていません。
宮田部長:
 えっ、そうなんですか?当社でもベテラン男性社員中心に年次有給休暇をあまり取得できていないのでどうしようかなと思っていたんですよ!
大熊社労士:
 そうですよね。実はあの話はよく「残業代ゼロ」で話題になる労働基準法改正案の中の一つなのですが、その改正法はまだ成立していないのです。現在開会中の通常国会でも継続審議になっているのですが、各種報道によれば、選挙前ということもあり、この国会での成立は見送るようですよ。
福島さん:
 そうだったのですね。少し安心しました。そうなるとこの話はこのままなくなってしまうのですか?
大熊社労士大熊社労士:
 まだ具体的には分からないところもありますが、現在の政策の中で過重労働対策や両立支援は非常に重要な位置づけとなっていますから、どこかで法制化される可能性は高いと思います。通常国会を延長しない代わりに、臨時国会の召集を8月中旬に早めるという話もありますので、そこで審議されることになるでしょう。となると選挙結果にもよりますが、意外に早いタイミングで施行ということもあるかも知れません。
宮田部長:
 そうなると、やはり年次有給休暇を取得できる体制を作っておかないといけないなぁ。まずは率先垂範ということで、今週末は3連休にしちゃおうかな?(笑)
福島さん:
 まったくもう。もしお休みされるのなら、労働保険の年度更新を終わらせてからにしてくださいね。もう手伝いませんから!

>>>
to be continued

[大熊社労士のワンポイントアドバイス]
大熊社労士のワンポイントアドバイス
 こんにちは、大熊です。今回は年次有給休暇の5日強制取得の状況について取り上げました。この質問は多くの企業から本当に頻繁に聞かれるのですが、まだ法律は成立していませんので、現時点において対応する必要はありません。しかし、そう遠くない将来に施行される可能性は高いと言われていますし、それ以前に年次有給休暇が取れない企業は社員や求職者からも敬遠されることになります。働くときはしっかり働き、しっかり休むというメリハリのある職場を作っていきたいものです。
関連blog記事
2015年4月5日「改正労働基準法案閣議決定 早くも法律案を見ることができます」
http://blog.livedoor.jp/roumucom/archives/52069471.html

(大津章敬)

当社ホームページ「労務ドットコム」にもアクセスをお待ちしています。

facebook最新情報の速報は「労務ドットコムfacebookページ」にて提供しています。いますぐ「いいね!」」をクリック。
http://www.facebook.com/roumu

介護休業に関する取組みの実施で60万円の助成金が支給されます

 ここまで介護休業にまつわる改正を説明してきたが、今日は助成金についても案内をしようと大熊は服部印刷に向かった。
関連blog記事
2016年5月2日「来年1月に施行される改正育児・介護休業法はここがポイントとなります」
http://blog.livedoor.jp/ookumablog/archives/65740256.html
2016年4月25日「今年8月より介護休業給付金の給付率が40%から67%に引上げられます」
http://blog.livedoor.jp/ookumablog/archives/65739491.html
大熊社労士:
 前回は、育児・介護休業法の改正について取り上げました。今回は、介護休業の取組みに対して支給される助成金について説明しましょう。
服部社長服部社長:
 介護休業に対して助成金が支給されるようになっているのですか?なるほど。介護離職ゼロという目標を達成への国の力の入れ方がよく分かりますね。
大熊社労士:
 そうですね。助成金は取組みが進まないが重要な課題等に対し行なわれるというものでもありますので、それだけ介護休業に対して、意識高く取り組む必要が企業に求められているということですね。
福島さん:
 大熊先生、揚げ足を取るような形になってしまうかもしれませんが、先ほど「介護休業の取組みに対し」とおっしゃいましたよね?「従業員に介護休業を取らせた」ではないのですか?以前の育児休業の助成金とかは、休業を取った実績が必要でしたよね?
大熊社労士:
 さすが福島さん、鋭いところ・・・というか、今日の私がお話しようと思っていた最大のポイントについて、気づいてしまったのですね(笑)。
福島さん:
 あ・・・ごめんなさい。
大熊社労士:
 いえいえ、謝らないでくださいよ、私が悪者みたいだ(笑)。さて、福島さんに指摘いただいたように、私がこの助成金で最大のポイントだと思っているのは、従業員が介護休業を取得しなくても助成金が支給されるという点です。従業員の仕事と介護の両立に関する「取組み」を行なった事業主に助成金が支給されるのです。
宮田部長:
 へぇ〜。ところで、なんていう助成金なのですか?
大熊社労士:
 あ!助成金の名前を伝えていませんでしたね。「介護支援取組助成金」という助成金で、今年度新設されました。
福島照美福島さん:
 「仕事と介護の両立に関する取組」というのは具体的にどのようなものですか?両立の支援ということは、何か計画を立てて実行していくとかですか?
大熊社労士:
 いいですね〜。そういう取組みも必要になるかとは思いますが、今回の助成金は以下の3つの事項を実施しなければなりません。
従業員の仕事と介護の両立に関する実態把握(社内アンケート)
介護に直面する前の従業員への支援(社内研修の実施、リーフレットの配布)
介護に直面した従業員への支援(相談窓口の設置及び周知)
宮田部長宮田部長:
 何だか結構、手間がかかりそうですね。特に△箸は、先生のように社労士の方にお願いするとかですよね?お金もかかりそうだし。
大熊社労士:
 今回はその点も異なっています。実は 銑のいずれも、厚生労働省が指定した資料があるのです。この指定した資料を使って、例えば、宮田部長が講師をするというのでも問題ありません。
宮田部長:
 え、そうなんですか?じゃぁ、外部にお願いする経費がかからなくても助成金がもらえるのですか?というか、助成金っていくらもらえるのですか?
大熊社労士:
 俄然、やる気になりましたか!?(笑)助成金は、1企業1回のみですが、60万円が支給されます。かかった経費の半分を助成するとかでもなく、申請が通れば60万円が支給されます。
宮田部長:
 え!じゃぁ、やった方がいいじゃないですか〜!
服部社長:
 まぁ、助成金をもらうというのもそうだが、そもそもわが社で介護が必要になりそうな家族がいる人の把握もできていないし、そういう従業員がどのような支援を欲しているのかも分からない状態にある。だから、助成金が支給される以前に、把握しておくべきことだと思いますね。
大熊社労士:
 そうですね、前回、宮田部長もそのようなことをおっしゃっていましたよね。
福島さん:
 でも、大熊先生、アンケートや研修資料の作成ってすごくたいへんなのではないですか?
大熊社労士大熊社労士:
 いえいえ、その部分は先ほどお伝えした「厚生労働省が指定した資料」をダウロードして使えるようになっていますので、作成する手間はかなり少ないでしょう。後は、集計する手間を理解することと講師として話すことができるように勉強する宮田部長の頑張りが求められますね。
宮田部長:
 え!いつの間にか講師に仕立て上げられていますか!?
介護大熊社労士:
 はい、もちろん!具体的な研修資料はこちらになりますので、ぜひ、確認してみてくださいね。あ、ちなみにこの資料はパワーポイントでの提供もありますし、他の資料については参考リンクの先のURLに載っているので確認してみてくださいね。
福島さん:
 ありがとうございます!アンケートの集計は私に任せてくださいね。宮田部長ファイト!
宮田部長:
 う・・・うん、頑張るよ。大熊先生、困ったことがあれば相談に乗ってくださいね。
大熊社労士:
 もちろんです。一緒に頑張りましょうね!

>>>to be continued

[大熊社労士のワンポイントアドバイス]
大熊社労士のワンポイントアドバイス
 こんにちは、大熊です。今回は介護支援取組助成金についてとり上げました。この内容以外にも求められることがありますので、厚生労働省の支給要領等をしっかり確認のうえ、対応を検討してみてくださいね。
関連blog記事
2016年5月2日「来年1月に施行される改正育児・介護休業法はここがポイントとなります」
http://blog.livedoor.jp/ookumablog/archives/65740256.html
2016年4月25日「今年8月より介護休業給付金の給付率が40%から67%に引上げられます」
http://blog.livedoor.jp/ookumablog/archives/65739491.html

参考リンク
厚生労働省「事業主の方への給付金のご案内」
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kodomo/shokuba_kosodate/ryouritsu01/

(宮武貴美)
http://blog.livedoor.jp/miyataketakami/

当社ホームページ「労務ドットコム」にもアクセスをお待ちしています。

facebook最新情報の速報は「労務ドットコムfacebookページ」にて提供しています。いますぐ「いいね!」」をクリック。
http://www.facebook.com/roumu


amazon在庫入荷
12刷60,000部突破!
11月10日発売
大津章敬最新刊(共著)
人事労務メルマガ
Profile
職場のルールブックテンプレート

社労士向け自動更新ホームページ2


大熊ブログ単行本発売中
最新刊「日本一わかりやすい!人事労務管理相談室」8月20日発売

名南経営 専門誌執筆実績
名南経営 専門誌執筆実績
日本一わかりやすい退職金・適年制度改革実践マニュアル
Recent Comments
Recent TrackBacks
大津章敬人事制度単行本
記事検索
大津章敬共著発売中
2008年版退職金・企業年金ハンドブック
名南経営4つ目のブログ「リーフレットバンク」
名南経営4つ目のブログ「人事労務管理・社会保険などのリーフレットをダウンロードできるブログ」
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:


深石助成金

無期転換セミナー

マナー・コンプラインストラクター

監督署調査

大津章敬チャンスセミナー

定額残業

介護施設人事制度・助成金

向井弁護士

ストレスチェック




社労士法人名南経営 無料セミナー
職場の難問Q&A 医療・介護編

労務ドットコム facebookファンページ

服部英治最新単行本「最新/医療機関の就業規則・諸規程完全マニュアル」
単行本「規律の乱れを見逃さない!職場のルールブック 作り方と活用法」5月20日発売
組織風土診断ソフト10年振りの全面改定
組織風土診断ソフト10年振りの改定
Archives
登場人物紹介:大熊純雄
大熊社労士
 中小企業を専門とする35歳の中堅人事コンサルタント/社会保険労務士。2005年に加藤社長の紹介から、服部印刷の適年改革を手掛ける。今回、服部社長より人事労務顧問を打診され、2007年より受託。
登場人物紹介:服部淳司
服部社長
 株式会社服部印刷の社長。服部印刷は中部地方にある社員数50名、資本金3,000万円の印刷業。1965年に服部社長の父が創業したが、2000年に創業者の死亡により、服部が2代目社長に就任。仕事には厳しいが、社員想いの優しい社長。
登場人物紹介:宮田和正
宮田部長

 株式会社服部印刷の総務部長。経理出身のため、人事労務は苦手。
登場人物紹介:福島照美
福島照美

 株式会社服部印刷の総務部担当者。高卒新卒入社の5年目社員。日頃は給与計算や人事労関連の手続、その他庶務を担当している。
業務案内
□賃金・賞与制度改革
□退職金・企業年金制度改革
□人事評価制度設計
□就業規則整備
□社会保険等諸手続
□給与計算代行
□各種セミナー講師
その他人事労務に関する業務はお任せ下さい。
  • ライブドアブログ