大熊社労士の分かりやすい人事労務管理相談室

人事労務コンサルタント大熊が人事労務管理の様々な問題をストーリー仕立てで解決します!

【無期転換】(2)無期転換は従業員からの申出により行います

 前回、服部印刷で平成25年に施行された改正労働契約法の説明を大熊は行った。今回もその続きとして無期転換の対応について話を始めた。
前回の記事はこちら
2016年8月22日「【無期転換】(1)雇止めという選択肢」
http://blog.livedoor.jp/ookumablog/archives/65750057.html


大熊社労士:
 さて、今日は無期転換の対応の続きをお話しましょう。
福島照美福島さん:
 大熊先生が前回、帰られてから、早速、有期雇用者のリストを作成したのですが、平成25年4月1日以前から働いていただいているパートさんが多く、平成30年4月から無期転換の対象となる人がほとんどでした。
服部社長:
 やっぱりそうだったね。多少の人員補充で新しいパートさんもいるけれども、他は安定して働いてもらっているからね。
宮田部長:
 福島さんが頑張ってくれたから、私も早速、各部の部長に確認を取ったのだけれども、内心はずっと働いてもらいたいって思っていたパートさんがほとんどでしたよ。
服部社長:
 そう考えると前回のような問題のあるパートさんを除き、当社は無期転換を推奨していきたいものだね。
大熊社労士:
 そうですね。無期雇用になることで、働いている人は安心感を抱くでしょうし、会社としても長く勤めてもらえる期待が高まるはずです。
福島さん:
 そして、部長たちは契約更新の面談の手間もなくなり、私も雇用契約書の作成の手間がなくなる!(笑)
大熊社労士:
 確かにそうですね。近年は有期雇用となると、雇止めのこともきちんと考えながら、契約更新をしていかなければならないので、事務手続きの負担も大きくなっています。それが少しでも減るのはある意味、うれしいことなのかも知れませんね。
服部社長服部社長:
 ところで大熊さん、私の認識だと、無期雇用に転換できる権利は、特に申出がなくても発生すると認識していたのですが、間違いありませんか?
大熊社労士:
 はい、有期雇用が反復更新され通算5年を超えた場合に、自動的に権利が発生します。ただ、その権利を行使するかどうかは、また別の話になります。つまり、権利は発生しても権利を行使するかは別物ということです。
宮田部長:
 え!そうなのですね。でも、無期転換を希望しない人なんているのですか?だって、期間の定めがあるかなしか以外は、変わらないのですよね?
大熊社労士:
 原則としてそうですね。ただ、「まぁ、いまのままでいいや」といったう思いを抱いている人はいるのかも知れません。
福島さん:
 う〜ん、となると、大熊先生、無期転換をしたい人は、何らかの形で申出をしてもらうことが必要ですか?
大熊社労士:
 さすがするどいですね。口頭で「無期になりたいです!」と申し出てもらうのもいいのですが、やはり書面で残しておいたほうがよいでしょう。「無期労働契約転換申込書」というような書式も出ていますので、こちらを提出してもらうような段取りで進めましょう。
福島さん:
 承知しました。ところで、この無期転換の申込書ですが、例えば次の更新の2ヶ月前までに提出してもらうようなことは可能ですか?先ほどの話ですと、転換を希望しない人もいるかも知れないということでしたので、そうなると、5年を超えた後でも有期雇用の契約書の更新などが必要になりますよね?
大熊社労士大熊社労士:
 そうですね、更新が必要になりますね。そうなると契約書の準備や面談の設定も必要になりますので、その事務手続きの時間も考慮に入れて2ヶ月前までに、期限を設定することは可能でしょう。ただし、ここからが重要なのですが、その2ヶ月前の申込み期日に間に合わなかったからと言って、無期転換の権利がなくなるわけではありません。したがって、例えば、契約更新の10日前に無期転換の申出があった場合でも、その申出は有効になります。
服部社長:
 つまり、期限はあくまでも事務手続き上のお願い事項的な位置づけということですね。
大熊社労士:
 まさにおっしゃるとおりです。
宮田部長宮田部長:
 ふと、就業規則に無期転換申出のルールを書いておいた方がよいのではないかと思ったのですが、お願い事項であれば、まぁ、どっちでもよいですかね?
大熊社労士:
 いえいえ、書いておいた方がいいですよ。社内手続きとしては重要になりますからね。ただ、先ほども申し上げたように、無期転換の権利がなくなるわけではありませんので、「2ヶ月前までに申し出ないと申込みをすることができない」というような書き方はダメですよ!
宮田部長:
 私のやりそうな書きすぎ事例ですね(笑)。注意します。
服部社長:
 あはは。就業規則を直した後は大熊さんにちゃんと見てもらうようにね。
宮田部長:
 承知しました!
大熊社労士:
 それ以外にも就業規則に書いて欲しいことがありますので、次回はそれを説明しておくことにしましょう。
服部社長:
 引き続きよろしくお願いします。

>>>to be continued

[大熊社労士のワンポイントアドバイス]
大熊社労士のワンポイントアドバイス
 こんにちは、大熊です。「無期労働契約転換申込書」を受け取った会社は、「無期労働契約転換申込み受理通知書」により、本人に通知をするといった対応も求められます。申込書と併せて、整備を進めておきましょう。

関連blog記事
2016年8月22日「【無期転換】(1)雇止めという選択肢」
http://blog.livedoor.jp/ookumablog/archives/65750057.html
2013年5月15日「無期労働契約転換申込み受理通知書」
http://blog.livedoor.jp/shanaikitei/archives/55564209.html
2013年5月8日「無期労働契約転換申込書」
http://blog.livedoor.jp/shanaikitei/archives/55564208.html
2015年4月13日「[有期雇用特措法(3)]4月から労働条件通知書の様式変更が必要です」
http://blog.livedoor.jp/ookumablog/archives/65703810.html
2015年4月6日「[有期雇用特措法(2)]高度専門職の有期雇用特例について説明します」
http://blog.livedoor.jp/ookumablog/archives/65702793.html
2015年3月30日「[有期雇用特措法(1)]定年後の有期雇用契約の特例を適用する場合にはこの手続きが必要です」
http://blog.livedoor.jp/ookumablog/archives/65702789.html
2015年3月11日「労働条件通知書(一般労働者 有期雇用特別措置法による対象者用)」
http://blog.livedoor.jp/shanaikitei/archives/55616901.html
2015年3月2日「4月に施行される有期雇用特別措置法のパンフレット ダウンロード開始」
http://blog.livedoor.jp/roumucom/archives/52066505.html
2015年2月23日「4月からパートさんの労働条件通知書を変更しなければなりませんよね?」
http://blog.livedoor.jp/ookumablog/archives/65694366.html
2014年12月1日「定年後に嘱託社員になった従業員の無期転換ルールが変更になります」
http://blog.livedoor.jp/ookumablog/archives/65691406.html
2014年11月22日「来年から定年再雇用者と高度専門知識を有する有期雇用者は労働契約法の無期転換から除外に」
http://blog.livedoor.jp/roumucom/archives/52056534.html
2013年2月18日「定年後に嘱託社員になった従業員が5年勤務したら無期転換になるのですか?」
http://blog.livedoor.jp/ookumablog/archives/65599459.html


(宮武貴美)
http://blog.livedoor.jp/miyataketakami/

当社ホームページ「労務ドットコム」にもアクセスをお待ちしています。

facebook最新情報の速報は「労務ドットコムfacebookページ」にて提供しています。いますぐ「いいね!」」をクリック。
http://www.facebook.com/roumu

大津章敬最新刊「人が育って定着する 中小企業の「人事評価・賃金制度」つくり方・見直し方」本日発売

大津章敬 弊社人事コンサルタントの大津章敬の最新刊「人が育って定着する 中小企業の「人事評価・賃金制度」つくり方・見直し方」が本日発売になりました。大津個人としては11年ぶりとなる人事制度に関する書籍。非常に分かりやすい内容になっておりますので、ぜひお買い求めください!
人が育って定着する 中小企業の「人事評価・賃金制度」つくり方・見直し方
著者:大津章敬
ページ数:240ページ
出版社:日本実業出版社
ISBN-10:4534054181
ISBN-13:978-4534054180
発売日:2016年8月25日

[購入]
 amazonでの購入は以下よりお願いします。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534054181/roumucom-22

[出版記念セミナーを全国10都市で開催]
 本書の出版記念セミナーを北は札幌から南は那覇まで、全国10都市で開催します。是非こちらにもご参加ください。
https://www.lcgjapan.com/seminar/2016jinzai/

(大津章敬)

当社ホームページ「労務ドットコム」にもアクセスをお待ちしています。

facebook最新情報の速報は「労務ドットコムfacebookページ」にて提供しています。いますぐ「いいね!」」をクリック。
http://www.facebook.com/roumu

そろそろ無期転換に関して対応を検討しましょう(1)雇止めという選択肢

 大熊が服部印刷に到着し、応接室の窓に目をやると服部社長が座っているのが見えた。


大熊社労士:
 こんにちは。今日は服部社長もご参加ですか?
服部社長服部社長:
 えぇ、最近は総務周りのことについて、宮田部長と福島さんに安心して任せていられるから、大熊さんと話す機会があまり作れていなかったのですが、少し気になることがあり、今日は待っていましたよ。
大熊社労士:
 そうですか。それで、どのようなことですか?
服部社長:
 えぇ、パートさんや契約社員のことなんですけどね。例の労働契約法でしたっけ?そろそろ対応を検討しましょうと、あるセミナーに参加したときに耳にしまして。
大熊社労士:
 なるほど。私も最近はいろいろなところで、その講師と同じように説明していますよ。
宮田部長:
 え?労働契約法って、何か改正されるんでしたっけ?ここのところ聞いた覚えがないなぁと思っていたんですけどね。
福島照美福島さん:
 確か、5年経つと契約社員が期間の定めのない社員になれるというのがありましたよね?ただ、まだ先のことだったような覚えがあるのですけど・・・。
大熊社労士:
 まず、いまのところすぐに労働契約法が改正される予定はありません。そして、福島さんがおっしゃった有期労働契約が無期労働契約に転換できるというものですが、平成25年4月の改正労働契約法で創設された制度で、制度施行されてから5年が経過した平成30年4月から、無期契約に転換する人が出てくると基本的には考えられています。
宮田部長:
 そうなると、まだ1年半あるから、対応なんてまだまだ先でいいじゃないですか〜。
大熊社労士:
 確かに無期転換の申込み権が発生するのは、労働契約が反復更新されて5年を超えたときからになりますので、先ほど説明した平成30年4月が問題になるのですが、実際には、有期契約というと、3ヶ月〜1年契約が多く、特に平成25年4月以前から労働契約を締結している1年契約の人を考えると、平成29年4月の契約が無期転換前最後の契約となるのです。
宮田部長:
 ん?でも、そこではまだ、5年以内なので、特に問題ないんじゃないのですか?
福島さん:
 でも、宮田部長、もし、その人を無期契約にしないとしたら・・・平成29年4月の契約で契約更新はしません、と伝えておいた方がいいんじゃないですか?
宮田部長:
 え〜、そんなことできるの!?
大熊社労士大熊社労士:
 福島さん、するどいですね。無期契約にしないという、たま〜に出る福島さんのクールな部分がでましたね(笑)。さて、この部分、慎重に考えなければならないところなのですが、まず、無期契約にしないというのであれば、福島さんのご指摘のように、できる限り、最後の労働契約で更新しない旨の通知を行っておいた方がよいです。いわゆる「雇止め告示」というものに従うことであり、この告示では有期契約を3回以上更新していたり、1年を超えて継続雇用している有期労働者に対し、契約を終了する場合には、少なくとも30日以上前に「更新しないよ」と伝えなさい、とされています。
宮田部長:
 なるほど〜。
大熊社労士:
 ただし、先ほど、宮田部長が心配されたように、いまの説明は雇止めをするときの手順を示したものであり、雇止めをしたときにトラブルになるかならないかは別の話です。雇止めの事案ごとに有効性は個別に考える必要があります。
宮田部長:
 やっぱりそうですよね〜。
福島さん:
 でも、そうは言っても、無期契約になったらいまの時代、65歳までずっと雇用ですよ!すべての人に対して無期に転換してくださいね〜、とはなかなか言えませんよ!
大熊社労士:
 さすがクール福島(笑)。そうなんです。有期で雇用してきたものの、無期転換は難しいという人もいるかも知れません。そういう人には、区切りをつけておかなければなりません。
服部社長:
 うちの場合は、パートさんと一部、契約社員がいるか。基本は全員、無期転換してもらえればいいけれども、この前、パートさんでかなりわがままを言う人がいるという話があったよね、宮田部長。
宮田部長宮田部長:
 確かにいますね。以前はさほど目立たなかったのですけど、これまでどおりの勤務シフトなのに、文句を言い、他のパートさんにシフトの入れ替えを強要し、さらには遅刻や欠勤もしてくる。注意をすると「どうせパートで時給なんだから、働いていない分、会社は給料を払わなくていいだけじゃない」と開き直るといった態度です。
大熊社労士:
 なるほど。
福島さん:
 最近は、毎回、上司からきちんと指導をしてもらっているのですけど、その上司が若いので「何であんたにそんなこと言われなくちゃならないのよ」と反論されて、周りがあきれ返っていましたよ。
大熊社労士:
 そうですか、ひどいですね。その方の雇止めの有効性は、その他の部分も勘案する必要がありますが、例えば、そのような方が無期契約として長期働くことになると、職場の雰囲気は悪化する可能性が高いですよね。それこそ無期転換となる前に雇止めを考えなければなりません。
宮田部長:
 なるほど〜。
大熊社労士:
 そのために、まずは現状の有期契約労働者を洗い出すと共に、その人たちが担当している業務、そして、その業務の今後の予定についても考え、無期転換への対応を考える必要があるのです。
服部社長:
 なるほど。パッと考えると、現状、担当してもらっている業務は継続的に続くものがほとんどで、本当の繁忙のときには、さらに臨時で短期パートを募集したり、学生アルバイトを利用したりしているので、業務的には無期に転換してもらってもよさそうですね。
福島さん:
 そうですね。ですので、先ほどのように勤務成績や勤務態度に問題がないかを確認するようにしますね。
宮田部長:
 そうだね。じゃ、福島さんがリストで洗い出しをしてくれたら、私が各部署に確認するようにするよ。よろしくね。

>>>to be continued

[大熊社労士のワンポイントアドバイス]
大熊社労士のワンポイントアドバイス
 こんにちは、大熊です。無期転換を行う場合、その無期転換の申出はどのように行うか、無期転換後の労働条件はどうするかと言った内容が問題になります。次回は、この続きとして、それらの点を確認することにしましょう。

関連blog記事
2015年4月13日「[有期雇用特措法(3)]4月から労働条件通知書の様式変更が必要です」
http://blog.livedoor.jp/ookumablog/archives/65703810.html
2015年4月6日「[有期雇用特措法(2)]高度専門職の有期雇用特例について説明します」
http://blog.livedoor.jp/ookumablog/archives/65702793.html
2015年3月30日「[有期雇用特措法(1)]定年後の有期雇用契約の特例を適用する場合にはこの手続きが必要です」
http://blog.livedoor.jp/ookumablog/archives/65702789.html
2015年3月11日「労働条件通知書(一般労働者 有期雇用特別措置法による対象者用)」
http://blog.livedoor.jp/shanaikitei/archives/55616901.html
2015年3月2日「4月に施行される有期雇用特別措置法のパンフレット ダウンロード開始」
http://blog.livedoor.jp/roumucom/archives/52066505.html
2015年2月23日「4月からパートさんの労働条件通知書を変更しなければなりませんよね?」
http://blog.livedoor.jp/ookumablog/archives/65694366.html
2014年12月1日「定年後に嘱託社員になった従業員の無期転換ルールが変更になります」
http://blog.livedoor.jp/ookumablog/archives/65691406.html
2014年11月22日「来年から定年再雇用者と高度専門知識を有する有期雇用者は労働契約法の無期転換から除外に」
http://blog.livedoor.jp/roumucom/archives/52056534.html
2013年2月18日「定年後に嘱託社員になった従業員が5年勤務したら無期転換になるのですか?」
http://blog.livedoor.jp/ookumablog/archives/65599459.html


(宮武貴美)
http://blog.livedoor.jp/miyataketakami/

当社ホームページ「労務ドットコム」にもアクセスをお待ちしています。

facebook最新情報の速報は「労務ドットコムfacebookページ」にて提供しています。いますぐ「いいね!」」をクリック。
http://www.facebook.com/roumu

大津章敬 11年振りの人事制度本8月25日発売


最新刊発売中
名南M&A7月22日発売
人事労務メルマガ
Profile
職場のルールブックテンプレート

社労士向け自動更新ホームページ2


大熊ブログ単行本発売中
最新刊「日本一わかりやすい!人事労務管理相談室」8月20日発売

名南経営 専門誌執筆実績
名南経営 専門誌執筆実績
日本一わかりやすい退職金・適年制度改革実践マニュアル
Recent Comments
Recent TrackBacks
大津章敬人事制度単行本
記事検索
大津章敬共著発売中
2008年版退職金・企業年金ハンドブック
名南経営4つ目のブログ「リーフレットバンク」
名南経営4つ目のブログ「人事労務管理・社会保険などのリーフレットをダウンロードできるブログ」
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

出版記念セミナー
社労士サミット2016
女性活躍
LGBT
運送業
服部英治医療福祉
法改正セミナー
均衡待遇
派遣
歯科人事労務管理
無期転換セミナー
大津章敬チャンスセミナー
向井弁護士
社労士法人名南経営 無料セミナー
職場の難問Q&A 医療・介護編

労務ドットコム facebookファンページ

服部英治最新単行本「最新/医療機関の就業規則・諸規程完全マニュアル」
単行本「規律の乱れを見逃さない!職場のルールブック 作り方と活用法」5月20日発売
組織風土診断ソフト10年振りの全面改定
組織風土診断ソフト10年振りの改定
Archives
登場人物紹介:大熊純雄
大熊社労士
 中小企業を専門とする35歳の中堅人事コンサルタント/社会保険労務士。2005年に加藤社長の紹介から、服部印刷の適年改革を手掛ける。今回、服部社長より人事労務顧問を打診され、2007年より受託。
登場人物紹介:服部淳司
服部社長
 株式会社服部印刷の社長。服部印刷は中部地方にある社員数50名、資本金3,000万円の印刷業。1965年に服部社長の父が創業したが、2000年に創業者の死亡により、服部が2代目社長に就任。仕事には厳しいが、社員想いの優しい社長。
登場人物紹介:宮田和正
宮田部長

 株式会社服部印刷の総務部長。経理出身のため、人事労務は苦手。
登場人物紹介:福島照美
福島照美

 株式会社服部印刷の総務部担当者。高卒新卒入社の5年目社員。日頃は給与計算や人事労関連の手続、その他庶務を担当している。
業務案内
□賃金・賞与制度改革
□退職金・企業年金制度改革
□人事評価制度設計
□就業規則整備
□社会保険等諸手続
□給与計算代行
□各種セミナー講師
その他人事労務に関する業務はお任せ下さい。
  • ライブドアブログ