大熊社労士の分かりやすい人事労務管理相談室

人事労務コンサルタント大熊が人事労務管理の様々な問題をストーリー仕立てで解決します!

介護支援取組助成金の支給要件が変更になりました

 先週、2016年6月24日から介護支援取組助成金の支給要件が変更になるという告知を厚生労働省のホームページで見かけてから、説明したお客様は取組みを進められているか気になっていた。支給要件が変更された後ではあるが、服部印刷で確認することとした。


大熊社労士:
 こんにちは。今日も社会保険の話をと思っていたのですが、少し早めにお知らせしておいた方がよいと思う内容が出てきたので、それを先にお伝えしますね。
宮田部長:
 早めに!?それはきちんと聞いておかないと。どのような内容ですか?
大熊社労士:
 はい、5月の始めに、介護に関する助成金のお話をしたのを覚えていますか?
該当の記事はこちら
2016年5月9日「介護休業に関する取組みの実施で60万円の助成金が支給されます」
http://blog.livedoor.jp/ookumablog/archives/65740871.html
宮田部長宮田部長:
 えぇ、もちろん!実はあれからすぐに福島さんがいろいろ段取りをしてくれたんです。5月中に申請をすることを目標に設定したのですが、無事に申請できましたよ。あ、もちろん、講師は私がやりましたので、私も頑張ったのですけどね(笑)。
大熊社労士:
 それはよかった!ホッとしました。
福島さん:
 ホッとしたのですか?そんなに宮田部長の講師が心配だったとは(笑)
宮田部長:
 福島さん、それはどういうこと!(怒)
大熊社労士:
 いえいえ、そういうことではなくて(笑)。実は、つい先日、この助成金の支給要件が変更になったのです。以前、この介護支援取組助成金は、従業員の仕事と介護の両立に関する「取組み」を行なった事業主に支給されるものだと説明したかと思います。現実に介護休業を取得した人が出た場合という要件に比べてとても取り組みやすいものになっていました。
宮田部長:
 研修の資料も厚生労働省のホームページに公開されているので、その勉強さえすれば私にだって講師が務まりましたしね。
大熊社労士:
 あはは。でも、勉強されたことは確かですよね。
福島さん:
 大熊先生、それで、どのような変更が行なわれたのですか?
大熊社労士:
 はい、支給要件に「介護関係制度の設計・見直し」と「働き方改革の取組」の2点が追加されました。「介護関係制度の設計・見直し」とは、「育児・介護休業法に定める介護関係制度について、法律を上回る制度を導入すること」であり、「働き方改革の取組」とは、「年次有給休暇の取得促進」や「時間外労働時間の削減」です。
服部社長服部社長:
 いきなりハードルがかなり上がりましたね。中小企業だと、これから増えるであろう介護休業の制度に対し、法律を上回る制度を導入することは現実的に難しいと思います。もう一つの年次有給休暇の取得促進や残業の削減もやりたいけれども、受注が増えると、やはり目の前の仕事を片付けなければとなりますからね。もちろん、主旨は十分理解していますけれども。
大熊社労士:
 確かにそうですね。私も助成金の申請はなかなか困難になったと感じました。しかも、取組みの手順も示され、きちんと手順を踏んで申請をすることになります。具体的にはこちらの資料になります。
宮田部長:
 え!研修の受講者が8割以上でなければならないのですか?当社はアンケートは多くの従業員が出してくれたけれども、研修の受講者は6割いたかなぁというところでしたよ。
福島照美福島さん:
 そうですね。就業時間内にやりましたけど、告知から開催まであまり時間がなかったこともあり、出たいけれども出られないという従業員もいましたね。5月中に申請までやってしまおうという目標に少し無理があったのかなぁと反省もしました。
服部社長:
 まぁ、窓口設置の告知もしたし、今後、相談ごとがあれば総務に話が入るだろうから、よかったのだと思うよ。
大熊社労士:
 そうですね。さて、資料で先ほど説明した追加された支給要件を確認しておきましょうか。左下が「介護関係制度の設計・見直し」ですが、法律を上回る制度の導入として、「休業・休暇等の取得回数、取得単位、休業した期間(時間)の有給化」の記載があります。例えば、介護休暇を無給から有給にするということが考えられるのでしょうね。そして、右側4分の1程度が「働き方改革の取組」です。ここで注意しておかなければならないこととして、3ヶ月の間、実績を把握する必要があるということです。
福島さん:
 「前年同期と比較」と書いてあるということは、1年前の状況を調べる必要があるのですね。たいへんですね。
大熊社労士:
 そうなのです。しかも、取組みの手順は、左側の第1段階から進めることになりますので、社内研修等を終わらせた後の3ヶ月間の実績を把握することになります。
宮田部長:
 えぇ〜、じゃぁ、いまから取組みを始めたとして、6月がもうすぐ終わるから・・7月・8月・9月・・・最短でも10月の申請という感じですかね?
大熊社労士大熊社労士:
 そうなるでしょうね。来年1月には、改正育児・介護休業法が施行されますが、省令等がまだ決定していないため、それを踏まえた規程の改定もできず、社労士としてはやりづらい状況になりそうです。
宮田部長:
 なるほど、いろいろあるのですね。
服部社長:
 私もこの助成金の問題は新聞でチラッとみかけた覚えがありますが、弊社が申請した時期は支給要件が甘かったのでしょうね。宮田部長と福島さんには早い取組みを行ってくれたことに感謝しつつ、その取組みの中で行なったことが助成金をもらうためだけじゃなく、従業員のためになるように更なるバックアップをお願いしますね。
宮田部長:
 もちろんです。
福島さん:
 今回、多くの従業員が出してくれたアンケートについては、来年の規程改正に役立てたいと思っています。
服部社長:
 ありがとう。大熊さん、引き続きよろしくお願いしますね。

>>>to be continued

[大熊社労士のワンポイントアドバイス]
大熊社労士のワンポイントアドバイス
 こんにちは、大熊です。変更された支給要領は厚生労働省のホームページで公開されていますので、申請を検討される場合にはご確認ください。なお、今後、2016年6月24日以降のQ&Aも公開されるようです。
関連blog記事
2016年5月9日「介護休業に関する取組みの実施で60万円の助成金が支給されます」
http://blog.livedoor.jp/ookumablog/archives/65740871.html

参考リンク
厚生労働省「事業主の方への給付金のご案内」
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kodomo/shokuba_kosodate/ryouritsu01/


(宮武貴美)
http://blog.livedoor.jp/miyataketakami/

当社ホームページ「労務ドットコム」にもアクセスをお待ちしています。

facebook最新情報の速報は「労務ドットコムfacebookページ」にて提供しています。いますぐ「いいね!」」をクリック。
http://www.facebook.com/roumu

社会保険適用拡大(4)社会保険適用の要件「1年以上の雇用見込み」はどう判断しますか?

 大熊は、今日も社会保険適用拡大の説明を宮田部長と福島さんにする予定をしていた。
前回までの記事はこちら
2016年6月13日「社会保険適用拡大(3)4分の3未満で社会保険に加入するのはどんな人ですか?」
http://blog.livedoor.jp/ookumablog/archives/65743547.html
2016年6月6日「社会保険適用拡大(2)新たな4分の3基準を確認しておきましょう」
http://blog.livedoor.jp/ookumablog/archives/65743542.html
2016年5月23日「社会保険適用拡大(1)パートタイマーへの社会保険の適用拡大が始まります」
http://blog.livedoor.jp/ookumablog/archives/65742081.html


大熊社労士大熊社労士:
 さて、今回も社会保険適用拡大の説明をしていきましょう。4分の3未満であっても、社会保険に加入することとなる人の要件について確認していきたいと思います。まず4つの要件は以下の通りでしたよね。
週の所定労働時間が20時間以上であること
雇用期間が1年以上見込まれること
賃金の月額が8.8万円以上であること
学生でないこと
福島さん:
 そうそう、それでの確認を前回したんでしたよね。
大熊社労士:
 そうでしたね。特にの賃金の範囲がややこしいので注意をしてくださいねということでしたね。そして、これまた少しややこしいのがです。
宮田部長:
 雇用期間が1年がややこしいのですか?
大熊社労士:
 そうなんです。「見込まれること」ですからね。例えば、1年間継続勤務した人ならば、ややこしくないのですけれど、見込まれるという表現になるとたちまち、短期間の契約の人は?となってしまいます。
宮田部長:
 そうかぁ。確かに6ヶ月契約の人で更新するかもしれないね、というような人というのはなかなか判断が難しいですよね。
大熊社労士:
 まさにそのような人は問題になりそうですよね。この点に関しては、日本年金機構が公開したリーフレットによれば、以下のように整理が行なわれています。
a.期間の定めがなく雇用される場合
b.雇用期間が1年以上である場合
c.雇用期間が1年未満であり、次のいずれかに該当する場合
・雇用契約書に契約が更新される旨または更新される可能性がある旨が明示されている場合
・同様の雇用契約により雇用された者について更新等により1年以上雇用された実績がある場合
宮田部長:
 いろいろなパターンがあるものですね。
大熊社労士:
 そうなのです。宮田部長がおっしゃるのは、c.のケースですよね。このケースですと「更新される可能性がある」と判断されるのでしょうね。ですので、6ヶ月の契約が更新されて1年の契約となるので、最初から加入する人ということになるのでしょう。
宮田部長:
 なるほど〜。これからはパートさんの契約について、社会保険加入するかの確認も含め、より慎重に適切な内容にしていかなければなりませんね。
大熊社労士:
 そうですね。
福島照美福島さん:
 大熊先生、ふと思ったのですが、今「最初から加入する」とおっしゃったじゃないですか。今回、適用拡大が平成28年10月。このときの「最初」ってどうなるんですか?
大熊社労士:
 さすが、鋭い質問ですね(笑)。例えば・・・どうでしょう、平成28年4月1日に時給1,000円、週25時間で働く1年の有期契約を結んだ場合で考えましょう。当然ながら、平成28年4月1日から平成28年9月30日までは社会保険の適用対象外であり、加入しません。それが、平成28年10月1日からは適用の可能性が出てくる。
宮田部長:
 うんうん。大企業にお勤めになっているという前提ですね。
福島さん:
 学生アルバイトでもなく。
大熊社労士:
 みなさん、補足ありがとうございます(笑)。この場合、法施行日である10月1日時点でその後1年間の雇用期間が見込まれるかが判断されることになります。たとえ、平成28年4月1日時点で1年以上の雇用見込があったとしても、契約の更新がされないことが前提になっていれば、平成28年10月1日時点では、平成29年3月31日まで半年間しか雇用が見込まれないため、社会保険の適用にはならず、加入しないことになります。
宮田部長:
 へぇ。なるほど〜。
大熊社労士:
 ただし、契約更新がないとされつつも、実際には契約が更新され、1年以上の雇用が見込まれるようになった場合には、その時点から被保険者になることになります。もちろん、社会保険加入を防ぐために、最初の契約を契約更新があるかも知れないような状況で「契約更新なし」とするようなことは問題でしょうから、実態に合わせた適切な契約が必要になります。
宮田部長宮田部長:
 確かに。最近は、何か別の理由のために、あるべき姿を曲げてしまうと、どこかの都合が悪くなり・・・これが労務管理の問題だと労使トラブルに発展する、そんなことを感じています。抜け道を探すのではなく、実態を見て、適切に進めることが求められるのでしょうね。
大熊社労士:
 素晴らしい!!!その調子で労務管理を進めていきましょう。ありがとうございます。
宮田部長:
 よろしくお願いします。

>>>to be continued

[大熊社労士のワンポイントアドバイス]
大熊社労士のワンポイントアドバイス
 こんにちは、大熊です。今回も4つの要件を確認しました。4つ目の要件「学生でないこと」ですが、これも雇用保険と同じ取扱いになります。卒業見込証明書を有する人で、卒業前に就職し、卒業後も引き続き同じ事業所に勤務する予定の人などは、被保険者になるため、気をつけましょう。

関連blog記事
2016年6月13日「社会保険適用拡大(3)4分の3未満で社会保険に加入するのはどんな人ですか?」
http://blog.livedoor.jp/ookumablog/archives/65743547.html
2016年6月6日「社会保険適用拡大(2)新たな4分の3基準を確認しておきましょう」
http://blog.livedoor.jp/ookumablog/archives/65743542.html
2016年5月23日「社会保険適用拡大(1)パートタイマーへの社会保険の適用拡大が始まります」
http://blog.livedoor.jp/ookumablog/archives/65742081.html
2016年6月6日「社会保険適用拡大(2)新たな4分の3基準を確認しておきましょう」
http://blog.livedoor.jp/ookumablog/archives/65743542.html
2016年5月23日「社会保険適用拡大(1)パートタイマーへの社会保険の適用拡大が始まります」
http://blog.livedoor.jp/ookumablog/archives/65742081.html
2016年5月18日「通達で示された社会保険適用拡大後の「4分の3基準」取り扱い」
http://blog.livedoor.jp/roumucom/archives/52104501.html
2016年5月17日「必見!ついに公開されたパートタイマーへの社会保険適用拡大のQ&A」
http://blog.livedoor.jp/roumucom/archives/52104428.html
2016年5月18日「短時間労働者に対する健康保険・厚生年金保険の適用拡大Q&A集」
http://blog.livedoor.jp/leafletbank/archives/51408571.html


(宮武貴美)
http://blog.livedoor.jp/miyataketakami/

当社ホームページ「労務ドットコム」にもアクセスをお待ちしています。

facebook最新情報の速報は「労務ドットコムfacebookページ」にて提供しています。いますぐ「いいね!」」をクリック。
http://www.facebook.com/roumu

社会保険適用拡大(3)4分の3未満で社会保険に加入するのはどんな人ですか?

 大熊は、労働保険の年度更新の対応や社会保険の算定基礎の対応があるものの、定例の服部印刷への訪問は欠かさずに出向くことにしていた。
前回の記事はこちら
2016年6月6日「社会保険適用拡大(2)新たな4分の3基準を確認しておきましょう」
http://blog.livedoor.jp/ookumablog/archives/65743542.html
2016年5月23日「社会保険適用拡大(1)パートタイマーへの社会保険の適用拡大が始まります」
http://blog.livedoor.jp/ookumablog/archives/65742081.html


大熊社労士:
 さて、今日はいよいよパートさんで社会保険に加入することになる人の要件を確認しておきましょうか。
宮田部長:
 お!いよいですね。
福島照美福島さん:
 前々回のお話で、企業全体で見て被保険者数が500人超のところが適用になるとのことでしたので、まず、当社は適用対象外ということでしたよね?
大熊社労士:
 はい、その通りです。まずは、1つ目がその要件になります。そして、その他に以下の4つの要件があります。
週の所定労働時間が20時間以上であること
雇用期間が1年以上見込まれること
賃金の月額が8.8万円以上であること
学生でないこと
宮田部長:
 なるほど、ということは、いま雇用保険に加入している人は全員加入となるということですね。こりゃ結構な人数になりそうですね。
大熊社労士:
 確かに,僚気僚蠶袁働時間が20時間以上であることというのは雇用保険の加入要件と同じで、考え方も雇用保険と同じなのですが、4つの要件すべてに該当した際に適用拡大の対象となるのです。
福島さん:
 ということは、例えば、時給が比較的低めのパートさんは、月給にして8.8万円に到達しないので、例え、週20時間以上働いていても対象外となるということですね。
服部社長大熊社労士:
 まさにその通りです。そして、いま福島さんが注目してくれた賃金の部分ですが、注意しなければならない点があります。8.8万円の判断ですが、まずは時給や日給などで払われるものについては、月額に換算し、各諸手当等を含めた所定内賃金の額で行なうことになります。その際に、除外される賃金が複数あります。まずは臨時に支払われるものや1ヶ月を超える期間ごとに支払われるものです。結婚の祝金やボーナスのようなものが該当します。次に時間外や休日、深夜に対して払われる割増賃金です。最後に、最低賃金法に含まれない賃金も除外することになっています。ピンと来るのは通勤手当ではないでしょうか。その他、精皆勤手当や家族手当もこの賃金となりますので除外することになります。
福島さん:
 これは確かに要注意ですね。
宮田部長宮田部長:
 でも、大熊先生、正社員が入社したときに出す資格取得届には残業代の見込み額を含めて書きますよね。なのに、パートさんの場合には、入れないということですか?
大熊社労士:
 おぉ、鋭い指摘ですね。そこは少し整理しておく必要があります。適用拡大となるパートさん、つまり社会保険に加入することとなるパートさんの判断には、割増賃金等は含めずに8.8万円の基準を判断するのですが、実際に4つの要件すべてに該当し、社会保険に加入することになった場合の報酬月額には、含めることになります。あ、もちろん、結婚の祝金といった臨時のものはこちらにも含みませんし、ボーナスは賞与として扱うことになりますけどね。
福島さん:
 ということは加入することになれば正社員と同じ扱いをしてよいということですね。
大熊社労士:
 はい、その通りです。ややこしいんですけどね・・・。
福島さん:
 あと、もうひとつ確認しておきたいのですが、厚生労働省のホームページだったかに「106万円以上だと社会保険に加入することになる」なんて表現が載っていたように思います。年収でも見ることになるのですか?
大熊社労士:
 福島さんもよい質問が出てきますね。これに関しては、月額の賃金のみで判断することになっています。扶養の範囲は年収で表されることも多いですし、分かりやすいように8.8万円≒106万円という表現が用いられているのでしょうね。
宮田部長:
 や・・・ややこしい・・・もうわが社が適用対象外でよかったですよ。
大熊社労士:
 あはは。そうですね。ただ、いずれ、この適用対象外の範囲が狭まる可能性もありますので、ある程度仕組みは理解しておいてくださいね。おっとこんな時間だ。もう少し4つの要件について説明したかったのですが、それは次回に回すことにしましょう。
宮田部長:
 ありがとうございました。

>>>to be continued

[大熊社労士のワンポイントアドバイス]
大熊社労士のワンポイントアドバイス
 こんにちは、大熊です。今日は適用拡大の要件で分かりづらい賃金の部分を説明しました。次回も4つの要件についてもう少し確認しておくことにしましょう。
関連blog記事
2016年6月6日「社会保険適用拡大(2)新たな4分の3基準を確認しておきましょう」
http://blog.livedoor.jp/ookumablog/archives/65743542.html
2016年5月23日「社会保険適用拡大(1)パートタイマーへの社会保険の適用拡大が始まります」
http://blog.livedoor.jp/ookumablog/archives/65742081.html
2016年5月18日「通達で示された社会保険適用拡大後の「4分の3基準」取り扱い」
http://blog.livedoor.jp/roumucom/archives/52104501.html
2016年5月17日「必見!ついに公開されたパートタイマーへの社会保険適用拡大のQ&A」
http://blog.livedoor.jp/roumucom/archives/52104428.html
2016年5月18日「短時間労働者に対する健康保険・厚生年金保険の適用拡大Q&A集」
http://blog.livedoor.jp/leafletbank/archives/51408571.html


(宮武貴美)
http://blog.livedoor.jp/miyataketakami/

当社ホームページ「労務ドットコム」にもアクセスをお待ちしています。

facebook最新情報の速報は「労務ドットコムfacebookページ」にて提供しています。いますぐ「いいね!」」をクリック。
http://www.facebook.com/roumu



最新刊 6月30日発売
人事労務メルマガ
Profile
職場のルールブックテンプレート

社労士向け自動更新ホームページ2


大熊ブログ単行本発売中
最新刊「日本一わかりやすい!人事労務管理相談室」8月20日発売

名南経営 専門誌執筆実績
名南経営 専門誌執筆実績
日本一わかりやすい退職金・適年制度改革実践マニュアル
Recent Comments
Recent TrackBacks
大津章敬人事制度単行本
記事検索
大津章敬共著発売中
2008年版退職金・企業年金ハンドブック
名南経営4つ目のブログ「リーフレットバンク」
名南経営4つ目のブログ「人事労務管理・社会保険などのリーフレットをダウンロードできるブログ」
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

社労士サミット2016
女性活躍
LGBT
運送業
服部英治医療福祉
法改正セミナー
均衡待遇
派遣
歯科人事労務管理
無期転換セミナー
大津章敬チャンスセミナー
向井弁護士
社労士法人名南経営 無料セミナー
職場の難問Q&A 医療・介護編

労務ドットコム facebookファンページ

服部英治最新単行本「最新/医療機関の就業規則・諸規程完全マニュアル」
単行本「規律の乱れを見逃さない!職場のルールブック 作り方と活用法」5月20日発売
組織風土診断ソフト10年振りの全面改定
組織風土診断ソフト10年振りの改定
Archives
登場人物紹介:大熊純雄
大熊社労士
 中小企業を専門とする35歳の中堅人事コンサルタント/社会保険労務士。2005年に加藤社長の紹介から、服部印刷の適年改革を手掛ける。今回、服部社長より人事労務顧問を打診され、2007年より受託。
登場人物紹介:服部淳司
服部社長
 株式会社服部印刷の社長。服部印刷は中部地方にある社員数50名、資本金3,000万円の印刷業。1965年に服部社長の父が創業したが、2000年に創業者の死亡により、服部が2代目社長に就任。仕事には厳しいが、社員想いの優しい社長。
登場人物紹介:宮田和正
宮田部長

 株式会社服部印刷の総務部長。経理出身のため、人事労務は苦手。
登場人物紹介:福島照美
福島照美

 株式会社服部印刷の総務部担当者。高卒新卒入社の5年目社員。日頃は給与計算や人事労関連の手続、その他庶務を担当している。
業務案内
□賃金・賞与制度改革
□退職金・企業年金制度改革
□人事評価制度設計
□就業規則整備
□社会保険等諸手続
□給与計算代行
□各種セミナー講師
その他人事労務に関する業務はお任せ下さい。
  • ライブドアブログ