大熊社労士の分かりやすい人事労務管理相談室

人事労務コンサルタント大熊が人事労務管理の様々な問題をストーリー仕立てで解決します!

同一労働同一賃金(1)正社員とパートの給料を同じにしないといけないのですか?

 服部印刷を訪れた大熊を待っていたのは今年初めて会う服部社長だった。
服部社長:
 大熊さん、こんにちは。今年お目にかかるのは初めてでしたよね。今年もよろしくお願いします。
大熊社労士:
 こちらこそよろしくお願いします。最近は、新聞を見ても人事労務に関する記事が毎日のように掲載されており、激動の年になりそうですよ。
服部社長服部社長:
 あ、そうそう、それですが、同一労働同一賃金に関することが昨年末に話題になっていましたよね。これ、結構気になっていまして。
宮田部長:
 同一労働同一賃金!?同じ仕事なら同じ給料ってことですか?
大熊社労士:
 はい、おっしゃるとおりです。現状、一般的には正社員と非正規社員・・・非正規には契約社員やパートタイマー、派遣労働者のことを指すわけですが・・・、この両者の間で待遇の違いがかなりあります。
宮田部長:
 月給と時給とかってことですか?
大熊社労士:
 確かに月給と時給の違い、安定しているかどうかという違いがありますが、それよりも例えば月給を時間換算した場合の時給額の違いとか、賞与の有無や各種手当の違い、更には福利厚生の差など。かなりありますよね。
宮田部長宮田部長:
 確かに。同じような仕事をしていても、正社員の方が時給額がかなり高くなっていると直感としてもそのように感じます。
大熊社労士:
 そうですね。そのような違いについて、同じ仕事をしているにも関わらず、処遇が異なっているのは問題ではないか。同じ仕事をしているのであれば、その価値は同じだから、同様の処遇にすべきだ、ということです。もちろん、時給額は同じで働く時間の長さにより、正社員が多い給与をもらうということには問題ないのですけどね。
服部社長:
 ずっと昔は正社員が基幹的な業務を行い、パートはあくまでも補助的業務ということで、労働条件が大きく違った。両者に意識の違いもあり、パートは比較的時間を自由に使うことができた。それがいまでは非正規が全労働者の4割を占め、会社も正社員と近しい業務にパートを使うようになっている。そんな背景があるのでしょうね。
大熊社労士:
 そうですね。待遇の差を説明できない時代がやってきているのでしょう。特に諸外国と比べると、日本は非正規の待遇が極端に低くなっていることもあり、問題意識が高くなっているのです。
宮田部長:
 でも、何で、昨年末に話題になったのですか?
大熊社労士:
 実は、この問題は以前からいろいろ取り沙汰されており、首相官邸で「働き方改革実現会議」が発足、議論がされてきました。そして、平成28年12月20日に「同一労働同一賃金ガイドライン案」というものが出されたのです。
福島さん:
 「案」・・・ですか?
大熊社労士:
 さすがに細かなところ、聞き逃しませんね。現状は正社員と非正規の間で、賃金が異なるなどの待遇差がある場合に、どのような待遇差が不合理で、どのような待遇差が不合理でないかを、待遇ごとに事例も含めて示したものになります。特に法的な拘束力があるわけではないのですが、今後、法改正に向けた検討が行われる予定であり、ガイドライン案は、今後、関係者の意見や改正法案についての国会審議を踏まえて、最終的に確定されることになっています。
服部社長:
 現状「法的拘束力がない」というのはポイントになりそうですね。
大熊社労士大熊社労士:
 そうですね。もちろん、法的拘束力がないからといって、大きな待遇の差があってもよいのだ、ということにはなりませんが、例えばいますぐパートさんの時給を上げる必要があったり、パートさんにも相応の賞与を払えというわけではありません。ただし、1点注意が必要と感じているのは、現行の労働契約法、パートタイム労働法でも、正社員と非正規の間の不合理な待遇差を禁止しています。ですので、きちんと自社の状況を把握し、分析をしておく必要があります。
服部社長:
 なるほど。うちもパートさんがいるので、一度、どの程度の違いがあるかの比較は現状の漠然とした感じからもう少し具体的なものに落とし込んでまとめておいた方がよさそうですね。
大熊社労士:
 そうですね。
福島照美福島さん:
 私の方で、来年度の昇給の参考資料を作ろうと思っていたので、その際に、部署や業務内容、勤続年数というで時給相当額の資料を作ってみますね。
服部社長:
 よろしく頼むね。
大熊社労士:
 今回はガイドライン案の内容にあまり入れませんでしたので、次回、内容をも少し見てみることにしましょう。
宮田部長:
 よろしくお願いいたします。

>>>to be continued

[大熊社労士のワンポイントアドバイス]
大熊社労士のワンポイントアドバイス
 こんにちは、大熊です。同一労働同一賃金は今後、注目すべき人事労務分野のひとつになります。厚生労働省では専用のページ「同一労働同一賃金特集ページ」を開設し情報をまとめていますので、注目していきましょう。
参考リンク
首相官邸「働き方改革の実現」
http://www.kantei.go.jp/jp/headline/ichiokusoukatsuyaku/hatarakikata.html
首相官邸「同一労働同一賃金ガイドライン案」
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/hatarakikata/dai5/siryou3.pdf
厚生労働省「同一労働同一賃金特集ページ」
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000144972.html

(宮武貴美)
http://blog.livedoor.jp/miyataketakami/

当社ホームページ「労務ドットコム」にもアクセスをお待ちしています。

facebook最新情報の速報は「労務ドットコムfacebookページ」にて提供しています。いますぐ「いいね!」」をクリック。
http://www.facebook.com/roumu

来年度の社会保険料はどうなりそうですか?

 新年、最初の服部印刷への訪問。今年も楽しい面談になりそうな予感をしながら大熊は門をくぐった。


宮田部長:
 大熊先生、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
大熊社労士:
 こちらこそよろしくお願いいたします。
福島さん:
 大熊先生は年末年始、ゆっくりすることができたのですか?
大熊社労士大熊社労士:
 そうですね。のんびりできましたが、今年も人事労務の分野では大きな動きがありそうなので、気持ちはソワソワした感じがありましたよ。さて、注目する話題はいくつかあるのですが、今日はその話題はちょっと置いておいて、来年度の社会保険料がどうなるかという動向について確認しておきましょう。正式な決定はこれから国会での法改正や厚生労働大臣の認可を経てということになりますけどね。
福島さん:
 うわぁ!ありがとうございます!助かります!
大熊社労士:
 それではまず社会保険からお話をしましょう。協会けんぽの健康保険料率は協会けんぽの運営委員会の資料を見る限り、全支部の平均の保険料率10.0%を維持するか、もしくは引き下げるかということで動いているようです。
宮田部長:
 引き下げなんてあるのですね。へぇ。
大熊社労士:
 そうですね。財政状況が多少良いようですので、引き下げも視野に入れつつ、調整をしているようです。そして、もう一つが介護保険料率ですが、こちらについては引き上げの方向です。
宮田部長:
 介護保険料率は引き上げられちゃうんですね。
大熊社労士:
 はい、こちらも同じ運営委員会の資料によりますが、1.58%から1.65%(これを労使折半)への引き上げ予定のようです。ちなみに引き上げは例年と同じ4月納付分から行われる予定です。
宮田部長宮田部長:
 介護保険料率が引き上げになるのであれば、せめて健康保険料率は引き下げになって欲しいなぁ、一人の納付者としての発言ですが。
大熊社労士:
 そうですね。いずれにしても注目をしていきましょう。そして、厚生年金保険料率ですが、これは平成17年9月以降、毎年9月(10月納付分)に引き上げられてきて、いよいよ平成29年9月から18.3%(これを労使折半)に固定されます。
福島さん:
 なんだか、毎年9月に変更になるというイメージでしたがいよいよ変わるのですね。
大熊社労士:
 そうですね。個人的には数年後に法改正とかでまたまた定期的に変更されるなんてことのないようにして欲しいなぁと思っています。
福島さん:
 宮田部長も大熊先生も今日は個人の意見が出ていて面白いですね。あ、そういえば忘れがちな子ども・子育て拠出金(旧:児童手当拠出金)も確か引上げられる見込みなのですよね。
大熊社労士:
 はい、そうですね。1年前のブログなりますが、こちらに書いてあるとおり、平成29年度は0.23%になることが見込まれています。
宮田部長:
 あぁ、なおさら健康保険料率が下がって欲しい。
福島照美福島さん:
 宮田部長〜、子ども・子育て拠出金は全額会社負担ですよ。宮田部長のお小遣いには影響しませんので、心配しなくても大丈夫ですよ。
宮田部長:
 あ、そうだったか。よかった・・・って、福島さん、よくお小遣いの心配をしていることが分かったね!
福島さん:
 だいたい想像がつきますよ(笑)。
大熊社労士:
 それでは、あとは宮田部長の安心材料ということで、労働保険の話をしておきましょう。まず労災保険料率ですが、これは3年に1回の改正となります。前回は平成27年度に変更になりましたので、次回は平成30年。つまり、改正の予定はありません。
宮田部長:
 労災保険だから・・・私のお小遣いには影響しませんね。
大熊社労士:
 はい、全額会社負担ですし、そもそも変更なしなので、影響しませんよ(笑)。そして、雇用保険料率ですが、財政状況がかなりよいため、法改正を行い、法律で決まってる現在の保険料率を引き下げられるようにする予定です。
宮田部長:
 お!それは朗報ですね。で、どれくらい引き下げられる予定ですか?もしかしてもう労働者負担をなくしちゃおう!とかですか!?
大熊社労士:
 実はそのような議論もあったようですが、予定では1,000分の2(これを労使折半)の引き下げ予定です。介護保険料率の引き上げとほぼ相殺されてしまいそうで、宮田部長のお小遣いはこれまでどおりという結果になりそうです(笑)。
宮田部長:
 りょ・・・了解しました。確か、多くが4月から変更ですよね?こうなったら社長にいつもより昇給するようにお願いしよう。
大熊社労士:
 あはは、確かにそれが賢明かもしれませんね。一応、雇用保険も4月で、健康保険も変更があるとすれば4月納付分からになりそうです。
福島さん:
 ありがとうございます。また正式に決定しましたら教えてください。よろしくお願いいたします。

>>>to be continued

[大熊社労士のワンポイントアドバイス]
大熊社労士のワンポイントアドバイス
 こんにちは、大熊です。今日は来年度の社会保険料率の動向をみました。法改正も必要な事項があるので、確定になったものから今後、ご案内していく予定です。今月で満10周年を迎えた大熊社労士ブログを引き続きご愛顧ください。


参考リンク
協会けんぽ「第81回全国健康保険協会運営委員会資料」
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/home/g7/cat720/h28/dai81kai/281227


(宮武貴美)
http://blog.livedoor.jp/miyataketakami/

当社ホームページ「労務ドットコム」にもアクセスをお待ちしています。

facebook最新情報の速報は「労務ドットコムfacebookページ」にて提供しています。いますぐ「いいね!」」をクリック。
http://www.facebook.com/roumu

あけましておめでとうございます

500

みなさん、あけましておめでとうございます。

昨年も労務ドットコムをご愛顧頂き、ありがとうございました。昨年はマイナンバーに始まり、女性活躍推進やストレスチェック、そして育児介護休業法改正など様々なトピックがありました。また年末にかけては電通の過労うつ自殺事件も大きな社会的関心事となり、過重労働対策の重要性が更に高まる年となりました。

来年は働き方改革が一斉にスタートする年となりそうです。極度の人材不足を背景に、人事労務管理の巧拙が企業の存続にも大きな影響を与える時代となっていきます。名南経営および労務ドットコムでは、今後もみなさんの企業の人事労務管理のレベルアップに繋がるような最新情報を提供していきます。今年も引き続き、よろしくお願いいたします。

社会保険労務士法人名南経営 代表社員 大津章敬

大津章敬 11年振りの人事制度本8月25日発売


最新刊発売中
名南M&A7月22日発売
人事労務メルマガ
Profile
職場のルールブックテンプレート

社労士向け自動更新ホームページ2


大熊ブログ単行本発売中
最新刊「日本一わかりやすい!人事労務管理相談室」8月20日発売

名南経営 専門誌執筆実績
名南経営 専門誌執筆実績
日本一わかりやすい退職金・適年制度改革実践マニュアル
Recent Comments
Recent TrackBacks
大津章敬人事制度単行本
記事検索
大津章敬共著発売中
2008年版退職金・企業年金ハンドブック
名南経営4つ目のブログ「リーフレットバンク」
名南経営4つ目のブログ「人事労務管理・社会保険などのリーフレットをダウンロードできるブログ」
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

宮武
医業
田澤
育児・介護休業トラブル、マタハラトラブル
藤咲
人事制度出版記念セミナー
社労士法人名南経営 無料セミナー
職場の難問Q&A 医療・介護編

労務ドットコム facebookファンページ

服部英治最新単行本「最新/医療機関の就業規則・諸規程完全マニュアル」
単行本「規律の乱れを見逃さない!職場のルールブック 作り方と活用法」5月20日発売
組織風土診断ソフト10年振りの全面改定
組織風土診断ソフト10年振りの改定
Archives
登場人物紹介:大熊純雄
大熊社労士
 中小企業を専門とする35歳の中堅人事コンサルタント/社会保険労務士。2005年に加藤社長の紹介から、服部印刷の適年改革を手掛ける。今回、服部社長より人事労務顧問を打診され、2007年より受託。
登場人物紹介:服部淳司
服部社長
 株式会社服部印刷の社長。服部印刷は中部地方にある社員数50名、資本金3,000万円の印刷業。1965年に服部社長の父が創業したが、2000年に創業者の死亡により、服部が2代目社長に就任。仕事には厳しいが、社員想いの優しい社長。
登場人物紹介:宮田和正
宮田部長

 株式会社服部印刷の総務部長。経理出身のため、人事労務は苦手。
登場人物紹介:福島照美
福島照美

 株式会社服部印刷の総務部担当者。高卒新卒入社の5年目社員。日頃は給与計算や人事労関連の手続、その他庶務を担当している。
業務案内
□賃金・賞与制度改革
□退職金・企業年金制度改革
□人事評価制度設計
□就業規則整備
□社会保険等諸手続
□給与計算代行
□各種セミナー講師
その他人事労務に関する業務はお任せ下さい。
  • ライブドアブログ