服部印刷では、3名の新入社員が入社し、4月がスタートした。


大熊社労士:
 こんにちは。
福島さん:
 こんにちは、先生。
宮田部長:
 先程、無事入社式が終わりました。
大熊社労士:
 そうですか。今年は3名の方が入社されたのですね。
宮田部長宮田部長:
 そうです。今週中はビジネスマナーや社内ルールなどの集合研修を行った上で、来週からは現場でしっかり研修を積んでもらいます。
大熊社労士:
 そうなのですね。さて、福島さん。社会保険、雇用保険の手続きは順調ですか?
福島さん:
 はい、今日すべての情報がそろったので、手続きを進めます。
宮田部長:
 新入社員のうちの1人は、社長のお知り合いのお子さんなんです。将来は父親の事業を継ぐそうですが、それまでみっちり我が社で研修するそうです。
大熊社労士:
 そうですか。しっかり成長してもらって、将来的には、御社の良きパートナーとなればいいですね。
宮田部長:
 はい、その目的のようです。
福島さん:
 この社員ですが遠方の方なので、当社がアパートを借上げて、そこに住んでもらうようにしました。
宮田部長:
 先月、アパートの物件探しも一緒に行ってきましたよ。見て回るのも大変だったなぁ。
大熊社労士:
 それは、お疲れ様でした。ところで、アパートの家賃は全額御社負担ですか?
宮田部長:
 いいえ、本人にも負担してもらっています。確か…。
福島さん:
 25,000円です。今月から給与天引きします。
大熊社労士:
 一部を本人が負担しているのですね。その負担額によっては、社会保険の現物給与として含める必要があるかどうか確認しなければいけませんね。
宮田部長:
 ありゃりゃ〜。現物給与とは、確かにそんな取扱いもあったな〜。
福島照美福島さん:
 会社が借上げするパターンは初めてのことで、私も現物給与のことまで考えが及びませんでした。具体的にどう確認すればよろしいですか?
大熊社労士:
 はい、社会保険では、給与や賞与の全部または一部が通貨以外のもので支払われる場合の現物給与の価額として、厚生労働大臣が定めています。この現物給与の価額は毎年4月に改定されています。
宮田部長:
 ふう〜ん。現物給与の価額というものがあったのですね。
大熊社労士:
 はい、リーフレットで今年の価額を見てみましょう。会社の所在地は、愛知県ですから、畳1畳につき1,470円となります。部屋の広さは何畳になりますか?
福島さん:
 6畳1間とキッチンです。
大熊社労士大熊社労士:
 キッチンやトイレ、廊下などの部分は換算せず、あくまでも居間などの居住用の部屋のみが対象となります。そうすると、6畳×1,470円=8,820円ですから、この8,820円と自己負担額とを比較します。
宮田部長:
 自己負担額は25,000円ですから、自己負担額の方が多いです。
大熊社労士:
 自己負担額が多ければ、現物給与に該当しません。結果、報酬に含める必要はありません。
宮田部長:
 それでは、自己負担額が少なかった場合は、現物給与として含めるってことですか?
大熊社労士:
 はい、そのとおりです。含める金額は、現物給与の価額から自己負担額を差し引いた額となります。
福島さん:
 なるほど。そのように考えるのですね。今回は報酬に含める必要がなく安心しました。
宮田部長:
 しかし、現物給与のことは盲点だったな〜。
大熊社労士:
 そうですね。ここはよく見落とされるポイントですので、今回現物給与のことも認識いただけてよかったです。それにしても、今後の新人さんたちの成長が楽しみですね。宮田部長も、しっかりフォローをお願いします!
宮田部長:
 はい、わかりました!

>>>to be continued

[大熊社労士のワンポイントアドバイス]
大熊社労士のワンポイントアドバイス

 こんにちは、大熊です。今回は、現物給与の取扱いについて確認しました。借上げ社宅や寮費、食事の供与など、現物支給している場合には、それが現物給与に該当するかどうかの確認が必要です。健康保険、船員保険、厚生年金保険および労働保険においては、「厚生労働大臣が定める現物給与の価額(平成24年厚生労働省告示第36号)」として毎年4月に改定、告示されます。その価額に基づき、現物給与に該当した場合には、社会保険の報酬に含め標準報酬月額を決定することが必要です。住宅と食事の供与ではそれぞれ算出方法が異なりますので、リーフレットを確認し、正確に算出するようにしましょう。
参考リンク
日本年金機構:「平成30年4月から現物給与の価額が改定されます」リーフレット
http://www.nenkin.go.jp/service/kounen/hokenryo-kankei/hoshu/20150511.files/2018.pdf

(小浜ますみ)

当社ホームページ「労務ドットコム」にもアクセスをお待ちしています。

facebook最新情報の速報は「労務ドットコムfacebookページ」にて提供しています。いますぐ「いいね!」」をクリック。
http://www.facebook.com/roumu