大熊社労士の分かりやすい人事労務管理相談室

人事労務コンサルタント大熊が人事労務管理の様々な問題をストーリー仕立てで解決します!

その他

労働基準監督官は突然やってくるのですか?

 大熊が服部印刷を訪れると、今日も服部社長が出迎えてくれた。


服部社長服部社長:
 大熊さん、朝晩の冷え込みが厳しくなりましたね。
大熊社労士:
 本当に。少し風邪気味ですので、用心しないとと思っていたところでした。ところで、服部社長にお迎えいただいたということは何かご相談ごとでも?
服部社長:
 えぇ、ちょっと確認したいことがありまして。先日、知り合いの会社に労働基準監督署の調査が入ったそうです。その調査が、実は突然、「ふらり」と労働基準監督官が会社に来たみたいでして・・・。
大熊社労士:
 なるほど。労働基準監督署の監督指導は臨検監督(りんけんかんとく)と呼ばれていて、労働基準監督署が主体的もしくは計画的に事業場を選んで行うものや、労働者からの申告に基づいて行うもの等があります。労働基準監督署に呼び出しがあるものもあれば、その会社のように突然、やってくるものもありますよ。
宮田部長:
 え!突然やってくるのは問題じゃないんですか?だってだって、こちらにも心の準備ってものが必要じゃないですかー!
大熊社労士:
 あはは、心の準備ですか(笑)。
宮田部長宮田部長:
 
笑わないでくださいよ〜。だって、労働基準監督署がやってくるなんて、一大事じゃないですか!
福島さん:
 宮田部長、何で一大事なんですか!私たち、いつもちゃんとやっているので見られて困ることなんて、ないと思いますよ!
大熊社労士:
 あはは、さすが福島さんです。先ほども申し上げたように、計画に基づいて行われるものもあります。なので、冷静に対応すれば問題ありません。
宮田部長:
 そ・・・そうなんですね。で・・・でも、突然来るなんてひどいじゃないですか。1週間後に来るよ、とか連絡してくれれば、私だって心の準備ができ増すけど。それって、問題にはならないのですか?
大熊社労士:
 あはは。宮田部長の問題は「心の準備」ができるかどうか、なのですね。実は、突然、つまり予告なしに事業場に来ることは何ら問題ないのです。予告することで、宮田部長のように心の準備をするだけであればよいのですが、場合によっては、問題を隠蔽したり、労働時間の記録を改ざんしたりする事業場が出てくることも考えられます。そのようなこともあって、予告なしに来るのでしょう。
宮田部長:
 なるほど、確かに時間があるとよからぬことをしそうな人も出てきそうですね。
大熊社労士大熊社労士:

 そうでしょ!また、そもそも予告なしでの立ち入りが国際的にも認められているのです。ILOの条約で、「正当な証明書を所持する労働監督官は、次の権限を有する。」として「監督を受ける事業場に、昼夜いつでも、自由に且つ予告なしに立ち入ること。」が掲げられているのです。
服部社長:
 ほほぉ、国際条約で認められているのですね。
福島さん:
 しかも、昼夜いつでも、なんですね。
宮田部長:
 すごいですね。でもでも、予告なしに来ると、社長はもちろん、私や福島さんも不在で誰も対応できないということもありうるじゃないですか。そういうときはどうなるのですか?
大熊社労士:
 そうですね、それは心配になりますよね。ただ、通常の調査であれば、担当者不在のときには、別の日時に変更してくれますので、そこまで心配することはありませんよ。でも、宮田部長が対応されて、「社長が不在ですので対応できません」となると、それは認めらないと思いますのでご注意くださいね。
宮田部長:
 ありゃ、先読みされてしまいました。やっぱりダメですか!?(笑)

福島照美福島さん:
 総務部長なんですから、しっかりしてくださいよ!あ、私がお休みのときに来て「福島がいないので・・・」なんてことも言っちゃダメですからね!
大熊社労士:
 そりゃそうだ(笑)。
服部社長:
 大熊さん、大丈夫ですよ、部長はきっと、すばらしい対応をしてくれるはず。期待していますよ。
宮田部長:
 あちゃー、社長にそのように釘を刺されると、もはや逃げ道はないですね。がんばります(笑)
大熊社労士:
 そうですね。日常的な管理はしっかりされていますので、しっかりと対応していくことにしましょう。何か、指導事項があれば一緒に解決していきましょうね。
宮田部長:
 よろしくお願いいたします。

>>>to be continued

[大熊社労士のワンポイントアドバイス]
大熊社労士のワンポイントアドバイス
 こんにちは、大熊です。今回は労働基準監督官の立ち入りについて説明しましたが、立ち入りや調査を拒んだり、妨げたりした場合、労働基準法により処罰される場合があります(労働基準法第120条)。日常的な労務管理に力をいれ、調査があっても是正事項のないように進めていきましょう。


参考リンク
確かめよう労働条件「労働基準監督官の仕事」
http://www.check-roudou.mhlw.go.jp/law/kantokukan.html

(宮武貴美)
http://blog.livedoor.jp/miyataketakami/

当社ホームページ「労務ドットコム」にもアクセスをお待ちしています。

facebook最新情報の速報は「労務ドットコムfacebookページ」にて提供しています。いますぐ「いいね!」」をクリック。
http://www.facebook.com/roumu

あけましておめでとうございます

500

みなさん、あけましておめでとうございます。

昨年も労務ドットコムをご愛顧頂き、ありがとうございました。昨年はマイナンバーに始まり、女性活躍推進やストレスチェック、そして育児介護休業法改正など様々なトピックがありました。また年末にかけては電通の過労うつ自殺事件も大きな社会的関心事となり、過重労働対策の重要性が更に高まる年となりました。

来年は働き方改革が一斉にスタートする年となりそうです。極度の人材不足を背景に、人事労務管理の巧拙が企業の存続にも大きな影響を与える時代となっていきます。名南経営および労務ドットコムでは、今後もみなさんの企業の人事労務管理のレベルアップに繋がるような最新情報を提供していきます。今年も引き続き、よろしくお願いいたします。

社会保険労務士法人名南経営 代表社員 大津章敬

今週はお休みします

大熊社労士こんにちは 大熊です。

このブログは毎週月曜日に更新していますが、かなりの業務多忙の状態にあり、少なくとも今週は更新をお休みさせていただき、お客様の業務を優先させて頂こうと思います。開設以来、毎週更新してきましたので苦渋の選択でありますし、楽しみにしていただいているみなさんには本当に申し訳ありませんが、ご理解ください。

よろしくお願いします。

当社ホームページ「労務ドットコム」にもアクセスをお待ちしています。

facebook最新情報の速報は「労務ドットコムfacebookページ」にて提供しています。いますぐ「いいね!」」をクリック。
http://www.facebook.com/roumu

記事検索
最新刊1月18日発売
宮武貴美最新刊
名南労務 正社員募集中
福間みゆき最新刊
働き方改革で話題継続


人事労務メルマガ
Profile

名南経営

職場のルールブックテンプレート

社労士向け自動更新ホームページ2


最新刊「日本一わかりやすい!人事労務管理相談室」8月20日発売

名南経営 専門誌執筆実績
名南経営 専門誌執筆実績
日本一わかりやすい退職金・適年制度改革実践マニュアル
Recent Comments
Recent TrackBacks
大津章敬人事制度単行本
名南経営4つ目のブログ「リーフレットバンク」
名南経営4つ目のブログ「人事労務管理・社会保険などのリーフレットをダウンロードできるブログ」
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

LCG10周年
助成金2019
ドリサポ
障害者施設
外国人労働
岡崎弁護士判例
法改正・助成金
服部プロモ
人材採用
トラック運送業
社労士法人名南経営 無料セミナー

5月開催
総務初任担当者が基本として押さえておきたい労務【超基礎】講座
労働保険の年度更新と社会保険の算定基礎〔2019年版〕

【満席】2019年5月30日(木)14:00〜15:30
【追加日程】2019年5月30日(木)10:30〜12:00
職場の難問Q&A 医療・介護編

労務ドットコム facebookファンページ

服部英治最新単行本「最新/医療機関の就業規則・諸規程完全マニュアル」
単行本「規律の乱れを見逃さない!職場のルールブック 作り方と活用法」5月20日発売
組織風土診断ソフト10年振りの全面改定
組織風土診断ソフト10年振りの改定
Archives
登場人物紹介:大熊純雄
大熊社労士
 中小企業を専門とする35歳の中堅人事コンサルタント/社会保険労務士。2005年に加藤社長の紹介から、服部印刷の適年改革を手掛ける。今回、服部社長より人事労務顧問を打診され、2007年より受託。
登場人物紹介:服部淳司
服部社長
 株式会社服部印刷の社長。服部印刷は中部地方にある社員数50名、資本金3,000万円の印刷業。1965年に服部社長の父が創業したが、2000年に創業者の死亡により、服部が2代目社長に就任。仕事には厳しいが、社員想いの優しい社長。
登場人物紹介:宮田和正
宮田部長

 株式会社服部印刷の総務部長。経理出身のため、人事労務は苦手。
登場人物紹介:福島照美
福島照美

 株式会社服部印刷の総務部担当者。高卒新卒入社の5年目社員。日頃は給与計算や人事労関連の手続、その他庶務を担当している。
業務案内
□賃金・賞与制度改革
□退職金・企業年金制度改革
□人事評価制度設計
□就業規則整備
□社会保険等諸手続
□給与計算代行
□各種セミナー講師
その他人事労務に関する業務はお任せ下さい。
  • ライブドアブログ