大熊社労士の分かりやすい人事労務管理相談室

人事労務コンサルタント大熊が人事労務管理の様々な問題をストーリー仕立てで解決します!

パートタイマー

学生バイトを雇うときにはどのような点に注意が必要ですか?

 服部印刷では、一時的に受注が集中したため、短期的にアルバイトを雇うこととした。


宮田部長:
 先生、先日から短期的に受注が集中しているので、アルバイトを雇うことにしました。
大熊社労士:
 おや、それは嬉しい悲鳴ですね。もう面接はされたのですか?
宮田部長:
 はい、2週間前に面接して、2ヶ月弱、夏休みの期間を中心に来てもらおうと思います。
大熊社労士:
 大学生ですか?高校生ですか?
宮田部長宮田部長:
 大学生2人です。工場で製本作業を手伝ってもらうのですが、いまのところ、週3日の勤務を予定しています。アルバイトを雇ったのは、ずいぶん前のことなので忘れてしまったのですが、何か注意しなければいけないことはありましたか?
大熊社労士:
 基本的な考えは、アルバイトであっても一人の労働者であるということです。ですので、労働条件はきちんと書面で渡すといったことになります。その際ですが、未成年者であっても労働契約は、本人と結ぶことになっています。親や後見人と結ぶことにはなりません。
福島さん:
 はい、労働条件通知書は準備しています。
大熊社労士:
 今回は大学生であり、18歳以上なので問題はありませんが、18歳未満のアルバイトであった場合は、残業や休日労働はさせることはできません。また、安全上危険な業務や衛生上有な業務などをさせてはいけないと制約も設けられています。
宮田部長:
 えっ?18歳未満というと、高校生は残業はさせてはいけなかったのでしたか?忙しいので、ひょっとしたら、1日8時間を超えて残業になることもあるかも知れないのですが、大学生であれば大丈夫ですね。高校生であれば、大学生よりも時給を低く設定できるかなとも思いましたが、大学生にしておいてよかったです。
大熊社労士:
 そうですね。特に夏休みが中心ということですので、1日8時間を超えても学業に影響はないのではないかと思いますし、大学生でよかったのかなと感じます。あ、残業させることはできますが、当然、残業時間数は36協定で定める範囲内であることや、割増賃金の支払いも必要であることに変わりはありませんので、間違った認識にならないようにしてくださいね。
福島照美福島さん:
 はい、給与計算のときに注意すると共に、現場にも注意喚起をしておきます。
大熊社労士:
 そうですね。最近は「ブラックバイト」と呼ばれ、最初に合意した以上のシフトを入れたり、一方的に急なシフト変更を要求したり、更には長時間働かせて割増賃金を支払わなかったり、という会社もあり、問題となっています。もちろん、まずはそのようなことが起こらないように注意することが必要ですが、それには現場の協力が必要ですからね。
宮田部長:
 確かに実際に仕事を指示するのは現場ですからね。
大熊社労士:
 ちなみに、厚生労働省は今月末まで学生向けに「アルバイトの労働条件を確かめよう」キャンペーンを実施しています。
宮田部長:
 それはどのようなキャンペーンなのですか?
大熊社労士大熊社労士:
 はい、数年前から実施されていて、特に多くの新入学生がアルバイトを始める4月から7月に大学等と連携して、アルバイトのトラブル事例のポスターを構内に掲示したり、リーフレットを配布したり、また、都道府県労働局職員の出張相談も行ったりしています。学生側もあらかじめ必要な知識を持つことでトラブルを避けようということが狙いです。学生側には、労働法クイズとして何問正解できるかなどのパンフレットを作成していますし、事業主側には、「アルバイトの労働条件に関する自主点検表」を作成し、自社の労働条件の確認を促しています。
福島さん:
 そんなパンフレットとか自主点検表が出ていたのですね。
宮田部長:
 確かに学生自身も知識をしっかりと持つことって重要ですよね。・・・という私もまだまだ勉強の身ですが。
大熊社労士:
 労使双方が知識を持って、しっかりと働き・働かせ、賃金をもらう・払うという当たり前のことができれば、トラブルは防止できると思っています。今後もしっかりやっていきましょう。
宮田部長:
 わかりました。工場の責任者にも伝えておきます。

>>>to be continued

[大熊社労士のワンポイントアドバイス]
大熊社労士のワンポイントアドバイス
 こんにちは、大熊です。厚生労働省では、数年前からいわゆる「ブラックバイト」撲滅のために、「アルバイトの労働条件を確かめよう」キャンペーンを実施しています。過去には高校生や大学生のアルバイトの意識調査を行い、その調査結果を踏まえて、アルバイトをする学生側にも予め働くことの知識を得てもらうための啓蒙活動をしています。学生アルバイトは学業と仕事の両立への配慮が必要であり、学業が本分となります。会社は両立ができるように適切な労務管理を心掛けることが必要です。
参考リンク
厚生労働省「「アルバイトの労働条件を確かめよう!」キャンペーンを全国で実施」
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000158976.html
確かめよう労働条件「アルバイトを雇う際に確認するポイント」
http://www.check-roudou.mhlw.go.jp/parttime/index.html

(小浜ますみ)

当社ホームページ「労務ドットコム」にもアクセスをお待ちしています。

facebook最新情報の速報は「労務ドットコムfacebookページ」にて提供しています。いますぐ「いいね!」」をクリック。
http://www.facebook.com/roumu

社会保険適用拡大(1)パートタイマーへの社会保険の適用拡大が始まります

 大熊は先日、日本年金機構から公開された「短時間労働者に対する健康保険・厚生年金保険の適用拡大Q&A集」を確認した上で、服部印刷に向かった。
リーフレットバンク「短時間労働者に対する健康保険・厚生年金保険の適用拡大Q&A集」
http://blog.livedoor.jp/leafletbank/archives/51408571.html
大熊社労士:
 ここのところ急激に暑くなって来て、いよいよ本格的な暑さがやってきたという感じですね。
宮田部長宮田部長:
 本当に。クールビズの始まりが5月からでよかったですよ。5月も下旬になってくると日中の暑さがすごいですからね。
大熊社労士:
 そうですね。さて、今日はこれから訪れる夏を飛び越して、秋から始まる社会保険の適用拡大の話をしましょう。
宮田部長:
 大熊先生、気が早いですね。まだビヤガーデンにも行けてないのに。社会保険の適用拡大・・・ですか?
大熊社労士:
 はい。かなり前に決まった法律なのですけれども、1週間に20時間以上働くパートさんにも社会保険(健康保険・厚生年金保険)を適用していきますよ、というものです。
宮田部長:
 え!え!えぇぇぇ!?そりゃたいへんじゃないですか。うちのパートさんは、ご主人の扶養の範囲内ということで働いている人もいます。それが扶養から外れてしまうってことですよね?税金が高くなってしまうじゃないですか!
大熊社労士:
 いろいろ頭が混乱されているようですね(苦笑)。少しだけ整理をしておきましょうね。いま宮田部長がおっしゃっていたパートさんはおそらく、健康保険の扶養(国民年金の第3号被保険者)と、所得税法上の控除対象配偶者になっているのでしょうね。
福島さん:
 はい、そうだと思います(笑)
大熊社労士:
 ですね。今回は、社会保険の適用拡大に関する話です。今後は週20時間以上働くなど、一定の条件に該当したパートさんについても社会保険に加入することになります。社会保険に加入するということですので、ご主人の健康保険の扶養は外れることになり、国民年金は第2号被保険者になることになります。ただし、これが所得税法上の控除対象配偶者ではなくなることとイコールではありません。
福島照美福島さん:
 あくまでも、加入する健康保険と国民年金の被保険者種別が変わるということですよね。
宮田部長:
 じゃあ、別に税金のことを気にすることはないんだね。ん、待てよ、社会保険に加入するということは、社会保険料の負担が発生するということですよね?
大熊社労士:
 はい、そうです。これまではご主人の扶養になっていたわけですから、健康保険料も国民年金保険料も払わなくてもよい(払われている)状態となっていました。それがパートさん自らが被保険者として支払うことになります。そして、原則として同額の会社負担がありますので、会社の社会保険料も増えるということになります。
宮田部長:
 そ、そうですよね!そりゃたいへんじゃないですか!!大熊先生、どうしてもっと早く教えてくれなかったのですか?
大熊社労士大熊社労士:
 その理由ですが、御社がひとまずは適用対象外だからです。今回の社会保険の適用拡大は、企業全体で見て被保険者数が500人超のところが適用となります。まぁ、大企業から適用になるということですよね。
宮田部長:
 な、なぁんだぁ。じゃ、うちはいままでどおりということですね。
大熊社労士:
 はい、当面、基本的な考え方はいままでどおりと理解していただいて問題ありません。ただし、2点ほど注意が必要になります。まず、1点目は社会保険に加入するパートさんの基準が変更になったことです。これは、次回以降詳しくお話をしようと思っているのですが、いわゆる4分の3要件、4分の3基準がきちんと整理されました。そして、2点目は御社の従業員の奥様等にご注意ください。
福島さん:
 あ!なるほど!
大熊社労士:
 福島さんは気づかれましたね。さすがです。
宮田部長:
 ???(; ̄ー ̄)...ン?
大熊社労士:
 (笑) 従業員の奥様(ご主人)の中には、大企業で社会保険に加入しない程度の労働時間で働いている人がいらっしゃるかも知れません。御社の従業員の扶養になっているということですね。この方たちが、もしかすると勤務先で社会保険に加入することになるかも知れません。
宮田部長:
 そうかぁ。そうなると、うちの方でも手続きが発生するということですね。
大熊社労士:
 そうですね。御社で扶養を外す手続きをしなければなりませんし、それを忘れてしまうと、健康保険証が2枚・・・なんてことになりますからね。そして、その前提として従業員さんから相談があるかも知れません。適用になるのは大企業からかも知れませんが、内容はしっかり確認しておきましょうね。
宮田部長:
 了解しました。
福島さん:
 私も少しだけ勉強した覚えがあるのですが、きちんと勉強したいので、次回、説明していただけませんか。
大熊社労士:
 そうですね。承知しました。

>>>to be continued

[大熊社労士のワンポイントアドバイス]
大熊社労士のワンポイントアドバイス
 こんにちは、大熊です。いよいよパートタイマーへの社会保険の適用拡大の情報が明らかになってきました。今後、適用の対象となる企業(特定適用事業所)には、8月ごろからに通知が来る予定ですので、きちんと確認し、やるべきことの整理をしておきましょう。
関連blog記事
2016年5月18日「通達で示された社会保険適用拡大後の「4分の3基準」取り扱い」
http://blog.livedoor.jp/roumucom/archives/52104501.html
2016年5月17日「必見!ついに公開されたパートタイマーへの社会保険適用拡大のQ&A」
http://blog.livedoor.jp/roumucom/archives/52104428.html
2016年5月18日「短時間労働者に対する健康保険・厚生年金保険の適用拡大Q&A集」
http://blog.livedoor.jp/leafletbank/archives/51408571.html

(宮武貴美)
http://blog.livedoor.jp/miyataketakami/

当社ホームページ「労務ドットコム」にもアクセスをお待ちしています。

facebook最新情報の速報は「労務ドットコムfacebookページ」にて提供しています。いますぐ「いいね!」」をクリック。
http://www.facebook.com/roumu

4月からパートさんの労働条件通知書を変更しなければなりませんよね?

 寒い中、大熊が服部印刷に到着すると、福島さんが玄関口で待ってくれていた。さっそく、会議室に通してもらい、話を聞くことにした。


福島照美福島さん:
 こんにちは、大熊先生。先日、パートさんの契約更新の準備を始めて「そういえば」と思い出したことがあるのですが、確認してもよろしいですか?
大熊社労士:
 えぇ、もちろんです。どのようなことですか?
福島さん:
 はい、以前、今年の4月から、改正パートタイム労働法が施行になるとお聞きしました。その際に、労働条件通知書(雇用契約書)の様式が変更になるとおっしゃっていたかと思います。そろそろ、その様式も出ましたか?
労働条件通知書大熊社労士:
 あ!すっかり忘れていました、すみません。はい、実は昨年11月に厚生労働省から、発表がありました。えっと・・・書式が・・・あ、こちらですね。
宮田部長:
 福島さん、それってなんだったっけ?
福島さん:
 もぉ、宮田部長、忘れちゃったのですか?来年4月からパートさんの相談窓口になってくださいね、って先日、確認したじゃないですか。
宮田部長:
 あ〜、そんなこともあったね。そっか、福島さんからのその依頼って、パートタイム労働法が絡んでいたんだね。
大熊社労士:
 えぇ、そうですよ。改正パートタイム労働法では、「雇用管理の改善等に関する事項に係る相談窓口」の設置の義務化がされます。つまり、福島さんがおっしゃった相談窓口になってくださいね、という話になるのです。
宮田部長:
 なんだかそんな話を聞いた覚えありますね(苦笑)。
福島さん:
 それで今回の改正では、相談窓口の設置をした上で、その窓口を周知しなければならなくて、今回、大熊先生にお聞きしたのです。
宮田部長:
 あ、確か、書面にいれなければならないとかおっしゃっていたやつですね。
大熊社労士大熊社労士:
 お二人ともそのとおりです。先ほどの書式をご覧いただければわかりますが、2ページ目の「その他」の欄に「雇用管理の改善等に関する事項に係る相談窓口」という項目が追加され、「部署名」、「担当者職氏名」、「連絡先」が加わっています。通達では、相談窓口の明示の具体例として、担当者の氏名、担当者の役職または担当部署等が考えられるとしているので、これに沿った形での追加になりましたね。
福島さん:
 それでは、来年度の契約からはこの書式の内容を利用させていただきますね!
大熊社労士:
 ちなみに、この相談窓口は、福島さんが作成される契約書の文書等での明示のほか、事業所内でパートさんが目にすることができる場所に「相談窓口があるよ、ここだよ、」ということを掲示し、周知することが望ましいとされています。これは義務ではないのですが、以前、服部社長がパートさんの意見も吸い上げたいということをおっしゃっていたので、例えば、ハラスメント窓口等と一緒に従業員の相談事項を引き受ける窓口として周知・徹底してもよいかも知れませんね。
宮田部長宮田部長:
 そうですね。まずは設置することが重要なのかも知れませんが、本当に意味のあることとは、それが運用されることでしょうから、考えてみます。
福島さん:
 なんだか、宮田部長が頼もしくみえましたよ、いま(笑)。
大熊社労士:
 それでは福島さん、書式の変更よろしくお願いします。
福島さん:
 はい、承知いたしました!
宮田部長:
 大熊先生、今日もありがとうございました。

>>>to be continued

[大熊社労士のワンポイントアドバイス]
大熊社労士のワンポイントアドバイス
 こんにちは、大熊です。いよいよ改正パートタイム労働法の施行が近づいてきました。パートタイマーに対する労働条件等の明示は、通常の正社員よりも範囲が広く、今回の改正で、「昇給の有無」、「賞与の有無」、「退職手当の有無」、「相談窓口」の4つとなりました。他の項目も漏れがないかをこの機会に確認しておきましょう。
関連blog記事
2014年11月5日「改正パートタイム労働法に沿った労働条件通知書&パンフレットダウンロード開始」
http://blog.livedoor.jp/roumucom/archives/52054916.html
2014年7月29日「パートタイマーへ交付する労働条件の様式変更等が定められたパートタイム労働法の省令・指針の改正」
http://blog.livedoor.jp/roumucom/archives/52044128.html
2014年7月28日「来春より様式変更が求められるパートタイム労働者の労働条件通知書」
http://blog.livedoor.jp/ookumablog/archives/65667382.html
2014年7月18日「改正パートタイム労働法に合わせて改定される省令・告示の内容」
http://blog.livedoor.jp/roumucom/archives/52042847.html
2014年7月10日「改正パートタイム労働法の施行日は平成27年4月1日で決定」
http://blog.livedoor.jp/roumucom/archives/52042018.html
2014年5月8日「差別的取扱いの禁止を拡大する改正パートタイム労働法の内容」
http://blog.livedoor.jp/roumucom/archives/52034912.html
2014年4月24日「パートタイム労働法が変わります!」
http://blog.livedoor.jp/leafletbank/archives/51314980.html

参考リンク
厚生労働省「パートタイム労働法の改正について」
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000060383.html


(宮武貴美)
http://blog.livedoor.jp/miyataketakami/

当社ホームページ「労務ドットコム」にもアクセスをお待ちしています。

facebook最新情報の速報は「労務ドットコムfacebookページ」にて提供しています。いますぐ「いいね!」」をクリック。
http://www.facebook.com/roumu

記事検索
最新刊1月18日発売
宮武貴美最新刊
名南労務 正社員募集中
福間みゆき最新刊
働き方改革で話題継続


人事労務メルマガ
Profile

名南経営

職場のルールブックテンプレート

社労士向け自動更新ホームページ2


最新刊「日本一わかりやすい!人事労務管理相談室」8月20日発売

名南経営 専門誌執筆実績
名南経営 専門誌執筆実績
日本一わかりやすい退職金・適年制度改革実践マニュアル
Recent Comments
Recent TrackBacks
大津章敬人事制度単行本
名南経営4つ目のブログ「リーフレットバンク」
名南経営4つ目のブログ「人事労務管理・社会保険などのリーフレットをダウンロードできるブログ」
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ドリサポ
大津章敬就業規則
助成金2019
LCG10周年
障害者施設
外国人労働
岡崎弁護士判例
法改正・助成金
服部プロモ
人材採用
社労士法人名南経営 無料セミナー

5月開催
総務初任担当者が基本として押さえておきたい労務【超基礎】講座
労働保険の年度更新と社会保険の算定基礎〔2019年版〕

【満席】2019年5月30日(木)14:00〜15:30
【追加日程】2019年5月30日(木)10:30〜12:00
職場の難問Q&A 医療・介護編

労務ドットコム facebookファンページ

服部英治最新単行本「最新/医療機関の就業規則・諸規程完全マニュアル」
単行本「規律の乱れを見逃さない!職場のルールブック 作り方と活用法」5月20日発売
組織風土診断ソフト10年振りの全面改定
組織風土診断ソフト10年振りの改定
Archives
登場人物紹介:大熊純雄
大熊社労士
 中小企業を専門とする35歳の中堅人事コンサルタント/社会保険労務士。2005年に加藤社長の紹介から、服部印刷の適年改革を手掛ける。今回、服部社長より人事労務顧問を打診され、2007年より受託。
登場人物紹介:服部淳司
服部社長
 株式会社服部印刷の社長。服部印刷は中部地方にある社員数50名、資本金3,000万円の印刷業。1965年に服部社長の父が創業したが、2000年に創業者の死亡により、服部が2代目社長に就任。仕事には厳しいが、社員想いの優しい社長。
登場人物紹介:宮田和正
宮田部長

 株式会社服部印刷の総務部長。経理出身のため、人事労務は苦手。
登場人物紹介:福島照美
福島照美

 株式会社服部印刷の総務部担当者。高卒新卒入社の5年目社員。日頃は給与計算や人事労関連の手続、その他庶務を担当している。
業務案内
□賃金・賞与制度改革
□退職金・企業年金制度改革
□人事評価制度設計
□就業規則整備
□社会保険等諸手続
□給与計算代行
□各種セミナー講師
その他人事労務に関する業務はお任せ下さい。
  • ライブドアブログ