大熊社労士の分かりやすい人事労務管理相談室

人事労務コンサルタント大熊が人事労務管理の様々な問題をストーリー仕立てで解決します!

労働保険

永年勤続表彰金は労働保険や社会保険の対象になりますか?

 先日、大熊より年度更新の話があったことから、福島さんは早速年度更新の賃金集計を始めた。
先日のblog記事はこちら
2018年5月7日「今年の労働保険年度更新手続きでは何か変更点がありますか?」
http://blog.livedoor.jp/ookumablog/archives/65795979.html


福島さん:
 こんにちは、先生。先日より年度更新の賃金集計を始めました。
大熊社労士:
 早めに取り掛かったのですね。さすがです。
福島さん:
 ありがとうございます。ところが、早速、疑問が出て来てしまいました。
大熊社労士:
 はい、何でしょうか?
福島照美福島さん:
 昨年から永年勤続表彰金を支払うことになり、給与台帳にも記載があるのですが、この永年勤続表彰金は労働保険の賃金に含める必要があるのでしょうか?
大熊社労士:
 そうだったのですね。ちなみにそれはどのような運用をされているのですか?
宮田部長:
 今回、勤続10年以上の者を対象として、20年、30年と10年刻みで該当者を表彰し、表彰金を支給しました。
大熊社労士:
 なるほど。それは素晴らしいですね。自社で永く勤務してもらいたいという目的で、永年勤続表彰制度を復活、または新たに設ける会社も増えてきています。永年勤続表彰金は、労働保険では原則賃金に含めなくてよいのですが、実態も確認したいので、表彰金の金額も教えてもらえますか?
宮田部長:
 はい、10年は3万円、20年は5万円、30年は10万円、そして40年が20万円です。
大熊社労士:
 そうですか。その金額であれば特に高額という訳ではありませんし、いわゆる祝金として社会通念上の範囲を超えるような金額ではないですね。結論としては、賃金に含めなくてよいということになるでしょう。
福島さん:
 そうですか。賃金として含めなくてよいのですね。でも…、給与台帳を再度確認したら、永年勤続表彰金の金額も含めて雇用保険料を算出しています。雇用保険料を多く天引きしてしまっているということですよね?
大熊社労士:
 そのようですね。永年勤続表彰金は雇用保険料の対象にはなりませんから、その金額分の雇用保険料を対象者に戻す必要がありますね。
福島さん:
 はい、わかりました。給与計算ソフトも、永年勤続表彰金を雇用保険料の対象にしてしまっているので、マスターを修正します。
宮田部長宮田部長:
 そうすると、この永年勤続表彰金は社会保険も対象にならないということでいいですよね?
大熊社労士:
 はい、御社の場合はそう考えてよいと思います。この永年勤続表彰金について、社会保険の対象となるかどうか、過去に社会保険審査会で裁決された事案があります(平成18年9月29日社会保険審査会裁決)。当時の社会保険事務所が永年勤続表彰金に係る賞与支払届が未届となっているとして、その会社に賞与支払届の提出を督促し提出させたというものです。
福島さん:
 永年勤続表彰金は毎月支給されるものではないから、賞与として届出を求めたってことですね?
大熊社労士:
 そうなんです。その会社は社会保険事務所の求めに応じ、賞与支払届を提出したのですが、それを不服として社会保険審査会に審査請求をしました。
宮田部長:
 それでどうなったのですか?
大熊社労士:
 はい、その社会保険審査会の裁決では、次の理由によって、賞与として取り扱わなくともよいとしました。
一定の勤続年数に達した者を永年勤続者とし、職種、労務の内容に関係なく、一律に支給するものとされている。
永年勤続者の表彰は会社の創立記念日に行われ、該当者には心身のリフレッシュを図る目的で5日間の特別休暇が与えられ、休暇付与に伴う資金援助の性質を持つものとして本件表彰金が支給されるとされている。
支払われる金額も社会通念上いわゆるお祝い金の範囲を超えるといい難い…等
 ちなみに、の金額は、10年が12万円、20年が18万円、30年が24万円、40年が24万円でした。
福島さん:
 そうすると、我が社の場合はの特別休暇制度は該当しませんが、には該当しています。
大熊社労士大熊社労士:
 そうですね。社会保険の報酬となるかどうかは、「労働者が労働の対償として受けるもの」や、「労働者の通常の生計に充てられるもの」という観点でも判断されますが、御社の永年勤続表彰金はそれらにも該当しませんので、結果、社会保険も賞与として届出しなくてもよいということになります。
福島さん:
 賞与支払届が必要となるかどうかまで、考えが及びませんでしたので、今日先生に確認できて、よかったです。
大熊社労士:
 この永年勤続表彰金の取扱いについて、もう一度整理しますね。労働保険については、「就業規則・労働協約等の定めがあるとないとを問わず賃金とはならない」と厚生労働省の年度更新のパンフレットにも記載があります。一方で社会保険については、一律賞与の取扱いにはならないという訳ではなく、回数や就業規則の規定、上記に照らし合わせ、いくつかの条件で判断されます。労働保険と社会保険では取扱いが違うことにも注意が必要です。
宮田部長:
 なんだか、ややこしいですね。
福島さん:
 でも、我が社の場合、いずれも労働保険、社会保険の対象ではないという結論ですから、早速、間違って雇用保険料の対象としてしまった保険料の差額調整をします。
大熊社労士:
 はい、そうしてください。また、不明点でてきましたら、いつでも連絡ください。
福島さん:
 はい、よろしくお願いします!

>>>to be continued


[大熊社労士のワンポイントアドバイス]
大熊社労士のワンポイントアドバイス 
こんにちは、大熊です。年度更新の計算を進める時期になりました。賃金総額の集計では、賃金に含めるもの、含めないものの区分けをする必要があります。永年勤続表彰金は、原則労働保険の賃金の対象外として取扱いますが、社会保険は、上記 銑の基準等を参考に判断されることになります。名目上永年勤続表彰金で支給されていても、実際は評価や業績等に基づき支給される性格のものであれば、労働保険や社会保険料の対象となりますので、支給目的等をよく確認したうえで、賃金となるか、ならないかの区分を行うようにしましょう。


関連blog記事
2018年5月7日「今年の労働保険年度更新手続きでは何か変更点がありますか?」
http://blog.livedoor.jp/ookumablog/archives/65795979.html

参考リンク
厚生労働省「労働保険徴収関係リーフレット一覧」
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/hoken/gyousei/index.html

(小浜ますみ)

当社ホームページ「労務ドットコム」にもアクセスをお待ちしています。

facebook最新情報の速報は「労務ドットコムfacebookページ」にて提供しています。いますぐ「いいね!」」をクリック。
http://www.facebook.com/roumu


今年の労働保険年度更新手続きでは何か変更点がありますか?

 ゴールデンウィークも明け、いよいよ労働保険の年度更新時期となるため、大熊は服部印刷を訪れた。


福島さん:
 こんにちは、先生。
大熊社労士:
 こんにちは、福島さん。連休中はリフレッシュされましたか?
福島照美福島さん:
 はい、近場ですが家族でハイキングに行ってきました。子どもは喜んで走りまわっていましたし、私も森林浴でばっちりリフレッシュできました!
大熊社労士:
 それはよかったですね。
宮田部長:
 私は連休中、家族の買い物に付き合い、ぐったりです。私以外の家族は元気ハツラツでしたがね。
大熊社労士:
 あはは、それはお疲れ様でした。でもご家族で過ごすことができてよかったですね。連休が明けて、日常に戻りましたが、そろそろ労働保険の年度更新の手続きを進める時期になりました。
宮田部長:
 はぁ、もうそんな時期ですか、年度更新に算定基礎届と、何かと忙しくなりますね。
福島さん:
 年度更新の手続きについて、今年は何か変更点がありますか?
大熊社労士:
 はい、今年は、労災保険について3年に1度の保険率改定の年となっています。多くの業種は据え置きでしたが、引き下がった業種が20業種、引き上がった業種が3業種ありました。
宮田部長:
 我が社の業種は、引き下がっていますか?
大熊社労士:
 残念ながら、印刷業は、1,000分の3.5のままで据え置きです。
宮田部長宮田部長:
 そうですか。まぁ、アップしなかったのでよしとしますか。労災保険率が上がる、下がるって、事故の発生状況で決まるのでしたよね?
大熊社労士:
 はい、そうです。労災保険率については、業種全体を54業種に分けて、各業種ごとに過去3年間に起きた災害発生状況等を考慮して原則3年ごとに改定することになっています。その3年ごとのタイミングが今年にあたる訳です。
宮田部長:
 印刷業は、災害発生率が変わらなかったということか…。
大熊社労士:
 ちなみに、全業種の平均労災保険率は1,000分の4.5ですが、従前は1,000分の4.7でしから、全体としては引き下がったことになります。この平均労働保険率ですが、平成元年からの推移を見てみると、平成4年が一番高く1,000分の11.2だったんです。平成4年から徐々に下がってきていて、現在は1,000分の4.5となりました。
宮田部長:
 へぇ〜、そうなんですね。随分下がっていますね。
大熊社労士:
 危険な作業を伴う建設業や製造業では、近年、職場の潜在的な危険性等を見つけ出して除去する「リスクアセスメント」の取組みが定着浸透してきており、重大事故を起こさない対応が進んだことが、要因の一つとされています。
福島さん:
 労働災害自体が減っているということはいいことですね。
宮田部長:
 このまま事故も減って、労災保険率もどんどん下がっていって欲しいものですね。
大熊社労士:
 本当にそうですね。そしてもう一つの雇用保険率についてですが、こちらは失業給付の受給状況や積立金の状況等によって決定され、原則毎年4月1日に改定されることになっています。
福島さん:
 今年は変更なしですね。
大熊社労士:
 はい、そうです。ですので、御社の場合、今年の年度更新については、保険料率は変更ありませんので、確定保険料、概算保険料ともに同じ料率で算出することになります。申告書が届いたら、記載してある保険料率も確認してくださいね。
福島さん:
 わかりました。他に注意することはありますか?
大熊社労士大熊社労士:
 そうですね、今年の新たな注意点ではありませんが、昨年(平成29年)1月1日から、65歳以上で採用され週20時間以上かつ31日以上の雇用見込みがある人は雇用保険の被保険者になることになりましたから、雇用保険の免除対象高年齢労働者として取扱うことも忘れないようにしてくださいね。
福島さん:
 そういえば、免除対象高年齢労働者の雇用保険料が免除される期限は、まだ先でしたよね?
大熊社労士:
 はい、平成31年度までです。
福島さん:
 平成31年度ということは、平成32年3月までということですね。平成32年4月以降は雇用保険料の天引きが必要になること、忘れないようにしなきゃ!
大熊社労士:
 はい、そのときには私からもご案内しますが、給与計算のチェックシートにも記載しておいてくださいね。
宮田部長:
 高年齢者からも雇用保険料を天引きする世の中になるのですね。世知辛いな〜。
大熊社労士:
 宮田部長のお気持ちもわかりますが、まずは今年の年度更新について、しっかりチェックをお願いしますね!
宮田部長:
 はい、了解しました。

>>>to be continued

[大熊社労士のワンポイントアドバイス]
大熊社労士のワンポイントアドバイス
 こんにちは、大熊です。労働保険の年度更新の時期となりました。5月下旬から6月上旬にかけて労働局より申告書が送付されます。今年は、労災保険率において3年に1度の改定の年となっていますので、自社での保険率の改定がないか確認が必要です。また、EXCELで使える年度更新申告書計算支援ツールが厚生労働省のホームページでダウンロードできるようになっていますので、活用して計算を進めましょう。
年度更新申告書計算支援ツールのダウンロードはこちらから
http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/roudouhoken01/yousiki.html


関連blog記事
2018年4月6日「厚生労働省 今年もEXCELで使える年度更新申告書計算支援ツールのダウンロードを開始」
http://blog.livedoor.jp/roumucom/archives/52148443.html

参考リンク
厚生労働省「労働保険年度更新に係るお知らせ」
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/hoken/roudouhoken21/index.html
厚生労働省「労働保険徴収関係リーフレット一覧」
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/hoken/gyousei/index.html
厚生労働省 第68回労働政策審議会労働条件分科会労災保険部会資料「労災保険料率等について」
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12602000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Roudouseisakutantou/0000188414.pdf
法令等データベース「労働者災害補償保険法施行規則等の一部を改正する省令の施行について(平成30年2月8日基発0208第1号)」
http://wwwhourei.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T180209K0020.pdf


(小浜ますみ)

当社ホームページ「労務ドットコム」にもアクセスをお待ちしています。

facebook最新情報の速報は「労務ドットコムfacebookページ」にて提供しています。いますぐ「いいね!」」をクリック。
http://www.facebook.com/roumu

今年の労働保険年度更新はどのような点に気をつけるべきですか?

 服部印刷に向かう途中、日に日に暑くなっている日差しを受け、「クールビズを根付かせた政府はすごいな」と毎年思うことを、やはり今年も感じた大熊であった。
福島さん:
 大熊先生、おはようございます。いよいよ、社会保険・労働保険の手続きが忙しい時期になりますね。
大熊社労士:
 そうですね。労働保険の年度更新の作業のために、私もいろいろ準備しているところですよ。
福島照美福島さん:
 私も早めに準備を進めようと思っているところです。今年は雇用保険料率が変更になっているので、注意点といえば、それくらいでしょうか?
大熊社労士:
 まぁ、まずは雇用保険料率というところですが、他にも注意点がありますので、整理していきましょう。
宮田部長:
 福島さんがやってくれたのをチェックする立場だから、私もしっかりと聞いておかないと!
大熊社労士:
 そうですね。さて、福島さんが話題に出してくれた保険料率から確認しておきましょう。まず、労災保険料率ですが、こちらは平成28年度から変更ありません。正確に言うと、平成27年4月1日に改定され、そこから平成28年度も平成29年度も変更がありません。
福島さん:
 確か、3年に1回、変更されるというものでしたよね。
大熊社労士大熊社労士:
 そうですね。一方の雇用保険料率については既にご案内したとおり、今年度から変更されています。具体的には失業等給付の保険料率について、引下げとなっています。二事業分は変更なしですので、これも押えておきましょうね。
福島さん:
 当社の場合、平成28年度の確定分については1,000分の11、平成29年度の概算分については1,000分の9で計算することになりますね。
大熊社労士:
 はい、5月末ごろから6月頭に送られてくる労働保険の申告書を確認の上、計算してくださいね。それから、おそらく今年特有の注意点がいまからお話するものです。
宮田部長:
 今年特有ですか?
福島さん:
 ・・・う〜ん・・・あ!高齢者ですね!
大熊社労士:
 さすがです!昨年度、変更になった点といえば、雇用保険の被保険者の範囲が拡大された、というものがありましたよね。以前説明したこちらです。
宮田部長:
 あぁ、そうでした。今年1月から65歳以降に新しい会社で雇われた人も雇用保険に入るのでしたね。
大熊社労士:
 遅くとも3月31日までに手続きをするということでしたよね。これまで雇用保険の対象ではなかった人は、新たに平成29年1月1日以降は被保険者となる。
福島さん:
 ですから、忘れずに雇用保険の被保険者に含めなければなりませんね。
大熊社労士:
 そのとおり!でも、注意してくださいね。平成31年度までは雇用保険料が免除となりますので、年度更新の集計では、免除対象高年齢労働者として扱う必要があります。
福島さん:
 そっかぁ・・・しかも1月からなのですね。
大熊社労士:
 そうです。ですから、この年度更新という機会に65歳以上の人を再度洗い出し、雇用保険の資格取得がされているのか、その取得日はいつなのかを確認しておくとよいでしょうね。
宮田部長宮田部長:
 確かに取得をし忘れている人がいるかも知れませんしね。そうなると、雇用保険料率は下がっても、65歳以上で新たに雇用保険の被保険者になった人が多いと、結局、全体の保険料は高くなってしまうかも知れませんね。
大熊社労士:
 ん?いやいや、「免除対象高年齢労働者」ですから、雇用保険料は会社負担のものもあわせて免除になっているので、この点もよく注意してくださいね(笑)。
宮田部長:
 あ、そうでしたね。ということは私みたいに、勘違いして従業員本人の給与から雇用保険料を引いてしまっていないかも確認事項になりそうですね。
大熊社労士:
 おっしゃるとおりです。これは今年のみではありませんが、月次の給与計算ではあまりチェックしないような、気づいたら労働時間が多くなっていた人・少なくなっていた人の雇用保険の取得・喪失の確認もこの機会に実施することをお勧めします。
福島さん:
 そうですね。確認することにしてみます。
大熊社労士:
 また何か不明点があればご連絡ください。
宮田部長:
 はい!了解しました。

>>>
to be continued

[大熊社労士のワンポイントアドバイス]
大熊社労士のワンポイントアドバイス
 こんにちは、大熊です。
厚生労働省は、「年度更新申告書計算支援ツール」として「算定基礎賃金集計表」に被保険者数や賃金額等を入力することで、申告書の記入イメージが自動的にできあがるExcelのツールを無償公開しています。このようなツールもうまく活用しながら、早めに作業に取り掛かるようにしましょう。
http://blog.livedoor.jp/roumucom/archives/52129044.html
関連blog記事
2017年5月8日「厚生労働省 今年もEXCELで使える年度更新申告書計算支援ツールのダウンロードを開始」
http://blog.livedoor.jp/roumucom/archives/52129044.html
2016年9月19日「来年から雇用保険の被保険者範囲が拡大されます」
http://blog.livedoor.jp/ookumablog/archives/65753263.html

参考リンク
厚生労働省「労働保険年度更新に係るお知らせ」
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/hoken/roudouhoken21/index.html

(宮武貴美)
http://blog.livedoor.jp/miyataketakami/

当社ホームページ「労務ドットコム」にもアクセスをお待ちしています。

facebook最新情報の速報は「労務ドットコムfacebookページ」にて提供しています。いますぐ「いいね!」」をクリック。
http://www.facebook.com/roumu

記事検索
最新刊1月18日発売
宮武貴美最新刊
名南労務 正社員募集中
福間みゆき最新刊
働き方改革で話題継続


人事労務メルマガ
Profile

名南経営

職場のルールブックテンプレート

社労士向け自動更新ホームページ2


最新刊「日本一わかりやすい!人事労務管理相談室」8月20日発売

名南経営 専門誌執筆実績
名南経営 専門誌執筆実績
日本一わかりやすい退職金・適年制度改革実践マニュアル
Recent Comments
Recent TrackBacks
大津章敬人事制度単行本
名南経営4つ目のブログ「リーフレットバンク」
名南経営4つ目のブログ「人事労務管理・社会保険などのリーフレットをダウンロードできるブログ」
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

LCG10周年
助成金2019
ドリサポ
障害者施設
外国人労働
岡崎弁護士判例
法改正・助成金
服部プロモ
人材採用
トラック運送業
社労士法人名南経営 無料セミナー

5月開催
総務初任担当者が基本として押さえておきたい労務【超基礎】講座
労働保険の年度更新と社会保険の算定基礎〔2019年版〕

【満席】2019年5月30日(木)14:00〜15:30
【追加日程】2019年5月30日(木)10:30〜12:00
職場の難問Q&A 医療・介護編

労務ドットコム facebookファンページ

服部英治最新単行本「最新/医療機関の就業規則・諸規程完全マニュアル」
単行本「規律の乱れを見逃さない!職場のルールブック 作り方と活用法」5月20日発売
組織風土診断ソフト10年振りの全面改定
組織風土診断ソフト10年振りの改定
Archives
登場人物紹介:大熊純雄
大熊社労士
 中小企業を専門とする35歳の中堅人事コンサルタント/社会保険労務士。2005年に加藤社長の紹介から、服部印刷の適年改革を手掛ける。今回、服部社長より人事労務顧問を打診され、2007年より受託。
登場人物紹介:服部淳司
服部社長
 株式会社服部印刷の社長。服部印刷は中部地方にある社員数50名、資本金3,000万円の印刷業。1965年に服部社長の父が創業したが、2000年に創業者の死亡により、服部が2代目社長に就任。仕事には厳しいが、社員想いの優しい社長。
登場人物紹介:宮田和正
宮田部長

 株式会社服部印刷の総務部長。経理出身のため、人事労務は苦手。
登場人物紹介:福島照美
福島照美

 株式会社服部印刷の総務部担当者。高卒新卒入社の5年目社員。日頃は給与計算や人事労関連の手続、その他庶務を担当している。
業務案内
□賃金・賞与制度改革
□退職金・企業年金制度改革
□人事評価制度設計
□就業規則整備
□社会保険等諸手続
□給与計算代行
□各種セミナー講師
その他人事労務に関する業務はお任せ下さい。
  • ライブドアブログ