大熊社労士の分かりやすい人事労務管理相談室

人事労務コンサルタント大熊が人事労務管理の様々な問題をストーリー仕立てで解決します!

税務

平成27年は源泉徴収の税額表が変更になります!

 12月も中旬となり、そろそろ来年に向けての情報提供をしようと思い、大熊は服部印刷に向かった。


大熊社労士:
 こんにちは。そろそろ12月の給与計算・年末調整に向けて大詰めの処理を迎えられている頃ですよね?
宮田部長宮田部長:
 はい、今年は福島さんがバリバリやってくれているし、何よりも大熊先生に色々な情報をもらったので、落ち着いて処理ができていますよ!
福島さん:
 宮田部長にも協力していただいて、いまのところスムーズに進んでいます!
大熊社労士:
 さて、そのような場面で恐縮ですが、1点、来年の税金のことでご案内してもよろしいですか?
宮田部長:
 え〜!また来年も何か変わるのですか?
大熊社労士:
 想像通りの嘆きですね(笑)。そうなんです。ただ、今回の内容で影響のある人はかなり限られてくる...、該当する方はいないかも知れないかも知れませんけどね。
福島照美福島さん:
 そのようにお聞きするとホッとしますね。それで大熊先生、どのような変更があるのですか?
大熊社労士:
 はい、来年以降の所得税の税率について、実は増税になる人がいるのです。対象者は、課税所得4,000万円超の人ですので、かなり限られますよね。
宮田部長:
 私の何年分の給料なんだろう...。
大熊社労士:
 実は平成25年にこの改正は行われており、平成27年1月1日以後に支払うべき給与等について適用されることになっています。課税所得4,000万円超の人は税率が45%になるのですが、これに伴い「給与所得の源泉徴収税額表(月額表、日額表)」と「賞与に対する源泉徴収税額の算出率の表」が改正されています。
福島さん:
 なるほど!つまり、新しい所得税の税額表が届くってことですね!
大熊社労士:
 はい、おっしゃるとおりでして、既にかなり前から国税庁のホームページには「平成27年分 源泉徴収税額表等」が掲載されていますよ。
宮田部長:
 ん〜、数字の羅列で何が変わったのか分からないじゃないですか。
大熊社労士大熊社労士:
 あはは、確かにそうですね。変更になった点は先ほども申し上げた課税所得4,000万円超の人の部分ですので、8ページになります。他にも17ページに区分が追加されていたりしますよ。
福島さん:
 当社では、役員を含めて、そこまで高額な所得者はいないので、直接的な影響はなさそうです。
大熊社労士:
 それは良かったです...という表現がよいかは微妙ですが、給与計算のソフト会社からは、税額表の変更プログラムなどが送られてくるかと思いますので、念のために確認、更新をしておいてくださいね。
宮田部長:
 了解しました。私もそれくらいもらえるくらいがんばるぞ〜!(笑)
大熊社労士:
 期待していますね!(笑)

>>>to be continued

[大熊社労士のワンポイントアドバイス]
大熊社労士のワンポイントアドバイス
 こんにちは、大熊です。今日は源泉徴収税額表の変更について紹介しました。源泉徴収税に関する改正は、平成28年分も行われることになっており、平成28年分及び平成29年分以後の「給与所得の源泉徴収税額表(月額表、日額表)」等も変更になることが既に案内されています。税務署からの案内についても給与計算担当者はしっかりとアンテナを張っておきましょう。
参考リンク
国税庁「平成27年分 源泉徴収税額表等」
https://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/zeigakuhyo2014/01.htm
国税庁「平成26年4月 源泉所得税の改正のあらまし」
https://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/pdf/h26aramashi.pdf


(宮武貴美)
http://blog.livedoor.jp/miyataketakami/

当社ホームページ「労務ドットコム」にもアクセスをお待ちしています。

facebook最新情報の速報は「労務ドットコムfacebookページ」にて提供しています。いますぐ「いいね!」」をクリック。
http://www.facebook.com/roumu

今年の年末調整では国民年金保険料の2年前納をした人に要注意!

 大熊は、11月初旬に発表された年末調整に関わる国民年金保険料の取扱いについて説明しようと、服部印刷を訪れた。


大熊社労士:
 こんにちは。いよいよ年末調整の作業も大詰めですよね?
福島照美福島さん:
 はい。従業員からの申告書もすべて集まり、チェックを進めている段階です。毎年感じるのですが、年末調整の申告は複雑ですね。
大熊社労士:
 そうですね。それで今日は、その年末調整でお伝えしなければならないことがあるのです。
宮田部長:
 また、何か変更があったとかじゃないですよね〜?
大熊社労士:
 ドキッ。どうしてわかったのですか?(笑)
宮田部長:
 え?え?え〜!!!!
大熊社労士:
 (笑) 実は、国民年金保険料の取扱いで変更というか・・・取扱いの明示があったのです。御社で対象となる方は少ないとは思うのですが、説明しておきましょうね。
福島さん:
 私がザッと見た感じですと、国民年金保険料の申告をしていた従業員は、2〜3名でした。日本年金機構から送られてきた証明書もきちんと添付されていましたよ。
大熊社労士:
 そうですか、その情報があると、話が進めやすいですね。ありがとうございます。さて、説明しようと思っていた内容ですが、対象になるのは、平成26年中に国民年金保険料を支払った人で「2年前納」という制度を利用した人になります。
宮田部長:
 2年前納?
大熊社労士:
 はい。2年前納というのは、平成26年4月から始まった国民年金保険料の納付方法で、2年度分の保険料を口座振替でまとめて納めるという制度です。この制度を利用すると、2年間で14,000円程度の割引になるため、お得なんですよ。
宮田部長:
 そうか、国はなるべく納付率を上げようとしているということですね。14,000円となると結構大きいですね。
大熊社労士大熊社労士:
 そうですね。さて、2年前納のイメージを持っていただけたので、この制度が年末調整に影響する点について話を進めましょうか。2年度分を先に払うので、一般的に考えれば、年末調整で適用できる社会保険料控除は、今年ということになりますよね?
福島さん:
 そうですね。
大熊社労士:
 ところが日本年金機構からの発表によると、なんと選択ができることになっているのです。選択というのは、〜干曚鯒爾瓩診に控除するか、各年分の保険料に相当する額を各年に控除するか、の2つからになります。
宮田部長:
 個人が選択できるというのはすごいですね。ね、福島さん。
福島さん:
 確かになんとなく斬新な感じがしますね。う〜ん、2年前納だから△粒毒を選択すると、納付した保険料の半分を今年の社会保険料控除として取扱えばいいのでしょうか?
大熊社労士:
 本当はそのように考えたいのですが、実は2年前納が「2年度分」の前納のために、平成26年4月に納付したものは、平成26年が9ヶ月分、平成27年が12ヶ月分、平成28年が3ヶ月分となるのです。
宮田部長:
 え〜!3年間も覚えておかないとダメだなんて...。
福島さん:
 宮田部長の深い嘆きは置いておいて、2年前納をした人には〕僂發靴は⇒僂両斂製颪送られてくるのですか?なんとなく流れがわからないイメージです。
大熊社労士:
 よい質問ですね。それがややこしくて、今年の証明書は2年前納をしたというものを利用することになります。手元に届いているものですね。そして、これに加えて申告者本人が「社会保険料(国民年金保険料)控除額内訳明細書」というものを作ることになります。この明細書は日本年金機構のホームページからダウンロードできるのでご確認くださいね。
福島さん:
 この明細書の記入も大変そうですね。
大熊社労士:
 そうですね。総務担当者泣かせですね。整理をすると、,鯀択した人は、送付されてきた証明書のみを添付し、全額を社会保険料控除として記入する。△鯀択した人は、送付されてきた証明書と明細書を添付し、平成26年分の保険料のみを社会保険料控除として記入する。こういうことになりますね。
宮田部長宮田部長:
 なるほど。ただ、全員に周知する必要もないだろうから、福島さん、2〜3人だったっけ?対象者に連絡することにしようか。
福島さん:
 そうですね。私が見た限りでは2年前納した従業員はいませんでしたが、再度確認して必要であれば連絡することにしますね。大熊先生、ありがとうございました。

>>>to be continued

[大熊社労士のワンポイントアドバイス]
大熊社労士のワンポイントアドバイス
 こんにちは、大熊です。今年はマイカー通勤者等の通勤手当の非課税枠拡大に始まり、改正や取扱いの明示がばたばたした感がありますね。この2年前納ですが、△鯀択した場合、平成27年・平成28年に申告者本人が各年について年金事務所に証明書発行依頼をかける必要がありますので、ご注意ください。
関連blog記事
2014年11月11日「[年末調整]国民年金保険料2年前納で各年に社会保険料控除を受ける場合の留意点」
http://blog.livedoor.jp/roumucom/archives/52055481.html
2014年11月10日「[年末調整]国民年金保険料を2年前納した場合の社会保険料控除取扱い」
http://blog.livedoor.jp/roumucom/archives/52055480.html

参考リンク
日本年金機構「平成26年に国民年金保険料を2年前納した場合の社会保険料控除について」
http://www.nenkin.go.jp/n/www/info/detail.jsp?id=28306
日本年金機構「Q.2年前納した保険料の社会保険料控除はどのような方法で行うのか。」
http://www.nenkin.go.jp/n/www/faq/detail.jsp?id=28310&faq_genre=195
国税庁「2年前納された国民年金保険料の社会保険料控除について」
https://www.nta.go.jp/gensen/nenkin_zennou/index.htm

(宮武貴美)
http://blog.livedoor.jp/miyataketakami/

当社ホームページ「労務ドットコム」にもアクセスをお待ちしています。

facebook最新情報の速報は「労務ドットコムfacebookページ」にて提供しています。いますぐ「いいね!」」をクリック。
http://www.facebook.com/roumu

このように段取りすれば年末調整はスムーズに進みます

 大熊が車を止めると、服部印刷の玄関では、福島さんがニコニコと笑顔で待ってくれていた。


福島照美福島さん:
 大熊先生、こんにちは。年末調整も近づいてきて、そろそろ様々な準備を進めないとと思っているところです。先日、宮田部長にそのお話をしていたら、私がお休みしている間に大熊先生にずいぶん親切に段取り方法を教えてもらったと聞きました。
大熊社労士:
 あぁ、もう2年くらい前の話ですね。宮田部長がすごく慌てていたのをいまでも覚えていますよ(笑)。
福島さん:
 でも、先生に色々教えてもらったんでしょ?いいなぁ...。
大熊社労士:
 それでは、今日はそのお話と年末調整についてお話しましょうか。
福島さん:
 やった!よろしくお願いします。あ、宮田部長も復習のため、呼んで参りますね。

-----宮田部長も打合せに加わった-----

大熊社労士:
 さて、それでは始めましょうか。
宮田部長宮田部長:
 大熊先生、ちょうど今年のスケジュールを練っているところでした。先日の非課税通勤手当の範囲も引上げられましたし、これまでは賞与額の決定日等は、福島さんに聞かれるまで伝えることができなかったのですが、やはり段取りが重要!ということで、先に決めておかなくてはね、と思いまして。いま、考えているスケジュールはこんな感じです。
福島さん:
 あ!分かりやすい!
宮田部長:
 えへへ。
大熊社労士:
 こう見ると、やはり日程がタイトであることがよく分かりますね。特に11月も12月も20日から25日の間に祝日が入るので、銀行振込みの期日が一日前倒しになりますね。
福島さん:
 そうなんです。給与支給日の25日が土曜日や日曜日でない分、まだ良かったなぁと感じていました。
大熊社労士:
 確かにそうですね。さて、では以前もお話したポイントを振り返っておきましょうか。まず、社員向けの説明文を用意しておきたいですよね。特に16歳未満の子どもについて記載する欄が変更になって、混乱したりしていますからね。
福島さん:
 説明文とは、このような用語や書き方の説明を渡すということですね。
大熊社労士:
 はい、そのとおりです。各種申告書は、総務担当者は従業員の分を何枚も見るので、記入の仕方ももちろん理解していますが、従業員にしたら、1年に1回しか出会わない書類ですからね。最近は、国税庁から出ている「平成26年分給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」「平成26年分給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書」の書き方を配布するケースもあるようですよ。
福島さん:
 国税庁からもこういうものが出されていたのですね。
大熊社労士大熊社労士:
 はい、かなり詳しく書いてありますよ。さらには、管理職向けにちょっとした説明会のようなものを開き、説明を加えるような企業もあるようです。書類の回収のお願いと記入する際のポイントということで。なるべく確認作業が少なくて済むように、ということで、注意点をアナウンスしています。ただ今年は大きな改正点がないので、まぁ、細かな説明会のようなものまでは必要ないのかな、と個人的には思っています。
福島さん:
 私も、事前に国税庁のホームページにある「平成26年分 年末調整のしかた」に事前に目を通したのですが、多くの従業員に関係のある改正点はないため、安心していました。
大熊社労士:
 そうですね。一つ、オススメするとしたら、私の友人の社労士がブログに書いていたのですが、かんぽ生命からかなりわかりやすい生命保険料控除証明書の見方が出ているようです。おそらく、生命保険料控除証明書に同封されてくるのだとは思いますが、きちんと見ない方もいると思うので、会社としてアナウンスしてもよいかも知れませんね。
宮田部長:
 へぇ、確かに分かりやすいですね。工夫してみますね。
大熊社労士:
 書類が集まるとそのチェックをし、給与計算ソフトへその内容を入力することになりますが、スケジュールを見ても分かるように賞与の計算があるので、回収→チェック→疑義解消がポイントになりますね。あ、それから、大丈夫だとは思いますが、給与計算ソフトによってはバージョンアップや源泉徴収票の用紙の発注といった細かなこともありますので忘れないようにしてくださいね。
福島さん:
 はい、了解しました。ところで、今年は源泉徴収票の様式は昨年と同じですか?
大熊社労士:
 はい、特に変更はありません。これは、またいずれ詳しくお話をしなければなりませんが、平成28年からは源泉徴収票の様式が大きく変更になりますので、お気をつけくださいね。
福島さん:
 サイズまで変更になるのですね。承知いたしました。今年は宮田部長がスケジュールを作ってくれたので、スムースに進みそうで安心しています。宮田部長ありがとうございます!
宮田部長:
 いや、そんなお礼なんて照れますよ。何か相談ごとがあったら、遠慮なく、言って欲しいな。
福島さん:
 了解しました!では、回収・チェック、私と一緒によろしくお願いします!(笑)

>>>to be continued

[大熊社労士のワンポイントアドバイス]
大熊社労士のワンポイントアドバイス
 こんにちは、大熊です。今回は、年末調整の進め方についてお話しました。今年は大きな変更点はありませんが、段取りよく進むように、スケジュールを立てて進めていきましょう。
関連blog記事
2014年11月3日「今年の年末調整ではマイカー通勤者の通勤手当の非課税遡及分をこのように調整します」
http://blog.livedoor.jp/ookumablog/archives/65688599.html
2014年10月27日「マイカー通勤者の通勤費非課税額が多くなったのですか?」
http://blog.livedoor.jp/ookumablog/archives/65687789.html
2014年11月4日「年末調整で間違えやすいポイントの説明用資料」平成26年度版ダウンロード開始」
http://blog.livedoor.jp/roumucom/archives/52054794.html
2014年10月24日「平成26年版にリニューアル「すぐに使える年末調整提出書類の社員説明用資料」ダウンロード開始」
http://blog.livedoor.jp/roumucom/archives/52053595.html
2014年10月9日「[年末調整]これはわかりやすい!かんぽ生命が公開する「保険料払込証明書の見方」」
http://blog.livedoor.jp/miyataketakami/archives/41252356.html
2014年10月9日「平成28年より源泉徴収票がA5サイズに変更」
http://blog.livedoor.jp/roumucom/archives/52052055.html

参考リンク
国税庁「[手続名]給与所得者の扶養控除等の(異動)申告」
https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/annai/1648_01.htm
国税庁「[手続名]給与所得者の保険料控除及び配偶者特別控除の申告」
https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/annai/1648_05.htm
国税庁「平成26年分 年末調整のしかた」
https://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/nencho2014/01.htm


(宮武貴美)
http://blog.livedoor.jp/miyataketakami/

当社ホームページ「労務ドットコム」にもアクセスをお待ちしています。

facebook最新情報の速報は「労務ドットコムfacebookページ」にて提供しています。いますぐ「いいね!」」をクリック。
http://www.facebook.com/roumu

記事検索
最新刊1月18日発売
宮武貴美最新刊
名南労務 正社員募集中
福間みゆき最新刊
働き方改革で話題継続


人事労務メルマガ
Profile

名南経営

職場のルールブックテンプレート

社労士向け自動更新ホームページ2


最新刊「日本一わかりやすい!人事労務管理相談室」8月20日発売

名南経営 専門誌執筆実績
名南経営 専門誌執筆実績
日本一わかりやすい退職金・適年制度改革実践マニュアル
Recent Comments
Recent TrackBacks
大津章敬人事制度単行本
名南経営4つ目のブログ「リーフレットバンク」
名南経営4つ目のブログ「人事労務管理・社会保険などのリーフレットをダウンロードできるブログ」
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ドリサポ
大津章敬就業規則
助成金2019
LCG10周年
障害者施設
外国人労働
岡崎弁護士判例
法改正・助成金
服部プロモ
人材採用
社労士法人名南経営 無料セミナー

5月開催
総務初任担当者が基本として押さえておきたい労務【超基礎】講座
労働保険の年度更新と社会保険の算定基礎〔2019年版〕

【満席】2019年5月30日(木)14:00〜15:30
【追加日程】2019年5月30日(木)10:30〜12:00
職場の難問Q&A 医療・介護編

労務ドットコム facebookファンページ

服部英治最新単行本「最新/医療機関の就業規則・諸規程完全マニュアル」
単行本「規律の乱れを見逃さない!職場のルールブック 作り方と活用法」5月20日発売
組織風土診断ソフト10年振りの全面改定
組織風土診断ソフト10年振りの改定
Archives
登場人物紹介:大熊純雄
大熊社労士
 中小企業を専門とする35歳の中堅人事コンサルタント/社会保険労務士。2005年に加藤社長の紹介から、服部印刷の適年改革を手掛ける。今回、服部社長より人事労務顧問を打診され、2007年より受託。
登場人物紹介:服部淳司
服部社長
 株式会社服部印刷の社長。服部印刷は中部地方にある社員数50名、資本金3,000万円の印刷業。1965年に服部社長の父が創業したが、2000年に創業者の死亡により、服部が2代目社長に就任。仕事には厳しいが、社員想いの優しい社長。
登場人物紹介:宮田和正
宮田部長

 株式会社服部印刷の総務部長。経理出身のため、人事労務は苦手。
登場人物紹介:福島照美
福島照美

 株式会社服部印刷の総務部担当者。高卒新卒入社の5年目社員。日頃は給与計算や人事労関連の手続、その他庶務を担当している。
業務案内
□賃金・賞与制度改革
□退職金・企業年金制度改革
□人事評価制度設計
□就業規則整備
□社会保険等諸手続
□給与計算代行
□各種セミナー講師
その他人事労務に関する業務はお任せ下さい。
  • ライブドアブログ