ブログネタ
年金はむずかしい? に参加中!


夫がサラリーマンとして在職中は、専業主婦の妻の年金保険料(国民年金保険料)は夫の給料から厚生年金保険料の天引きの中に含まれて差し引かれているかたちになっている。

しかし、夫が退職したら、給料天引きがなくなるのだから、妻の年金保険料納入もストップしてしまう。

国民年金は、60歳まで納めなくてはならない。たとえ、夫の退職時に妻は25年以上の保険料を納めており、年金をもらえる資格期間を満たしていても・・・。

妻は夫が退職したら、自分の方から市区町村の窓口へ出向いて国民年金を納める手続きをしなければならない。

そのままにして手続きをとらないと、未納ということになり、もらえる年金が少なくなるか、最悪25年に満たない場合まったくもらえないことにもなりかねない。

夫の在職中に妻が既に60歳に達して、年金の受給資格期間(25年)を満たした場合でも、40年に満たない場合には40年に達するまで保険料を納めて年金を増やすことができる。





「厚生年金」早わかりのページのTOPへ戻る