ブログネタ
年金はむずかしい? に参加中!


高年齢雇用継続給付金?、なんだか舌を噛みそうな長ったらしい用語だ。

こまごまとした説明は煩わしいから省略する。要するに、高年齢雇用継続給付金というには、定年(60歳以降)で会社をいったん辞めて、再度働く(再就職)したばあい、給料がダウンしてしまうのが通常だ。

そこで国は、低い給料でも働き続けることに”ご苦労さん“という意味で、ダウンした給料を補って(全額補うんじゃないぞ!)くれるという制度だ。

この高年齢雇用継続給付金の支給条件・支給期間・支給額などのややこしいことは知らなくてもいい。まあ、普通は、再就職後会社に「この書類を出せ」といわれたら出せばいい。ただ、失業保険を全部もらいきったあとで就職した場合は出ない。

年金は在職によって減額されるが、この高年齢雇用継続給付金をもらうことによってさらに減額されるが、差し引きはプラスになる。

なお、この申請手続きは個人がやってもいいのだが、最終的には会社が関わらないと(代表者印が必要)出来ないから、“私は、高年齢雇用継続給付金を受けられるか?”と、聞いてみることだ・・・。





「厚生年金」早わかりのページのTOPへ戻る