ブログネタ
年金はむずかしい? に参加中!


定年でいったん会社を退職し、あるいは引き続き働く場合、年金が一部カットされたり、あるいは全額支給停止されます(これを、在職老齢年金と呼んでいる)。

このカットされたり、全額支給停止されるのは、

厚生年金に加入している場合です。

厚生年金にしていない場合にはカットや停止はありません。

つまり、アルバイトやパートで働く場合には、いくら給料が高くても年金はカットされたり、停止されることはありません。

ただ、フル勤務でありながら、厚生年金に加入しないなどということはできません。

厚生年金に加入した場合、年金はカットやされますが、その加入期間分の年金は増えます(フツウはあまり増えないが)。

なお、あまり例はありませんが、在職によるカットは厚生年金に加入した場合ですから、共済年金に加入(公務員とし働く)した場合もカットや停止はありません。





「厚生年金」早わかりのページのTOPへ戻る