ブログネタ
年金はむずかしい? に参加中!


正規の社員になることが難しいご時世だ。そんな中、幸いにしてフツーのサラリーマンになれた人、つまり、厚生年金に加入できた人は恵まれている。

厚生年金の保険料は給料から天引きされている。給与明細書から2万円引かれていたら、事業主がそれに2万円をプラスして計4万円の保険料を納めていることになる。この4万円という保険料は、給料が30万円程度の人だ。

企業が誰もを正規社員にすることを嫌がる理由の一つは、この半額負担をしなければならない点にもある。

さて、この4万円の保険料には、国民年金の保険料も含まれていることになっている。だから、サラリーマンも65歳になったら国民年金(老齢基礎年金)をもらえるようになる。さらに、この4万円の保険料には、配偶者である専業主婦の国民年金保険料も含まれている。

なお、共済年金の人の「掛け金」についても、同様に考えてよい。





「厚生年金」早わかりのページのTOPへ戻る