ブログネタ
年金はむずかしい? に参加中!

育児休業をするなら、保険料免除の特典があります。これは、自分で申請しないと特典が受けられませんから、「知らなかった」と後悔することのないようにしましょう。

子供が3歳未満だと、育児休業期間中の厚生年金・健康保険の保険料が免除されます。

この期間中は、保険料を納付しなくても納付したものとして扱われますので、年金の受給において不利になることがありません。被保険者本人だけでなく、会社が負担している分(半分)も免除になります。

保険料が免除される期間は、育児休業を開始した月(開始日が属する月)から、育児休業が終了する月(終了日が属する日の翌日が属する月)までです。

また、3歳未満の子供を養育するため、たとえば勤務時間を短くしたために給与が下がったような場合などでも会社を通じて、また、退職した場合は自ら社会保険事務所に届ければ、年金額の計算においては、子が生まれる前の給与のままの保険料を支払ったものとみなされます。つまり、本人は実際に低減された給与に応じた保険料を納めますが、将来の年金受取額は低下しないということです。

これは、被保険者が申し出ることが前提となっていますので、「知らなかった」と後悔することのないようにしましょう。いずれも、2年前までさかのぼって申請できます。



「厚生年金」早わかりのページのTOPへ戻る