ブログネタ
年金はむずかしい? に参加中!


●60歳以降どうなる?

平成18年4月より高年齢者雇用安定法が改正され、会社は年金支給開始年齢の段階的引き上げに合わせて、

。僑戯个泙把蠻を引き上げるか、

定年そのものを廃止するか、あるいは

D蠻はあくまでも60歳だが、65歳まで勤務延長もしくは再雇用という形で勤務したいと希望する者すべてを60歳以降も継続雇用する、

という制度のいずれかを設けなければならなくなりました。

この制度の導入に関しての動向をみると、社員によっては60歳でリタイアしたいという意見も少なからずあることを尊重し、あくまでも定年は60歳とし、定年時においていったん退職し、その翌日に嘱託等の身分で再雇用するの継続雇用制度を選択している会社が多いようです。

いずれにしても、ますます在職老齢年金高年齢雇用継続給付金と60歳以降の給与の関係が密接になってきます。

●65歳時の年金額は増えます

60歳の再雇用時においては、嘱託等としての新たな雇用契約を結ぶことになります。これに伴い、給与が低下するケースが多く見られます。社会保険では、定年時の特例により、同日に、定年による資格喪失と再雇用として資格取得することが認められていますので、契約と同時に、現行の賃金水準に見合った保険料となります。引き続き社会保険に加入しますので、65歳時にもらえる年金額は増えます。

一方、給与が低下することで、在職老齢年金の支給停止額は緩和され、(裁定請求時の)当初の見込み額よりも支給額が増えることとなります。かつ、一定の要件を満たせば、60歳から65歳の間で高年齢雇用継続給付金の受給が可能となります。

高年齢雇用継続給付金は、雇用保険からの給付ですので失業給付などと同様に所得税がかかりませんので、翌年以降の住民税の軽減にもつながります。

これにより給与がさがっても在職老齢年金と高年齢雇用継続給付金を利用することで、可処分所得をできるかぎり現状に近い水準に保つことができます。





「厚生年金」早わかりのページのTOPへ戻る