ブログネタ
年金はむずかしい? に参加中!


 平成19年度に、年金制度が大きく変わりました。主婦の方々にも大きく影響する改正がありました。次のように4つの大きなポイントがあり、その他にもいくつかの改正がありました。

 1.離婚後の厚生年金の分割制度の導入

 2.遺族厚生年金の見直し
 
 (1)夫の死亡時に18歳未満(18歳になった年度の末日までまたは一定の障害の状態にある場合は20歳まで)の子を養育していない30歳未満の妻等・・・5年間に限り、遺族厚生年金が支給されます(子を養育しなくなったときに妻が30歳未満の場合には、その時点から5年間)。

 (2)遺族厚生年金に加算される中高齢寡婦加算・・・これまでは35歳以上でしたが、平成19年4月1日以降は、夫の死亡時に40歳以上の妻が支給対象となりました。

 (3)夫が死亡した妻の遺族厚生年金・・・妻自身の老齢厚生年金が優先して全額支給され、遺族厚生年金のとの差額を受給することとなりました。

 3.65歳以降の老齢厚生年金の繰り下げ支給制度の導入

 4.70歳以上の働く高齢者に在職老齢年金制度の適用



「厚生年金」早わかりのページのTOPへ戻る