「厚生年金」早分かり!

わかる説明・団塊世代の老後の生活・くらし・・・。 老後の「厚生年金」や「共済年金」は、「国民年金」に比べ、もらう金額が数段多い。当たり前のことだ(と考えられている)。払ってきた保険料の額が国民年金より数段多く払ってきたからだとされている。定年後のくらしが不安だからサラリーマン同志で自衛したのだ。 なお、投稿記事中、社会保険事務所とあるのは年金事務所と読み替えてください。

離婚による年金分割制度

離婚による年金の分割方法は?

ブログネタ
年金はむずかしい? に参加中!
 【】 平成19年4月1日からは離婚すると「夫の厚生年金を妻と分割できる」と聞きましたが、どのような内容でしょうか?

 【】 最大半分に分割できます。何を?→「夫+妻の保険料納付記録合計」を!

 (1)[合意分割] 平成19年4月1日以後に離婚する場合、婚姻期間中の厚生年金の保険料納付記録(夫婦の合計)について、50%を上限として2人で分割することができるようになりました。
 ただし、年金分割は、あくまでも厚生年金や共済年金の報酬比例部分(2階部分)に限られ、1階部分の基礎年金等(国民年金等)、3階部分の厚生年金基金の上乗せ給付や確定給付企業年金等の給付は分割されません。

 また、原則として、離婚をした日の翌日から2年以内に年金分割の請求をする必要があり、分割割合は当事者間で協議します。必要書類を添付して、社会保険事務所へ提出し、当事者間で合意がなされない場合は、裁判で按分割合を決めます。

 事実上婚姻関係にある人も対象になりますが、その場合、分割の対象となるのは、当事者の一方が被扶養配偶者として国民年金法上の第3号被保険者として認定されていた期間に限られます(平成19年4月からの離婚時の厚生年金の分割制度)。

 (2)[3号分割] 平成20年4月1日からの「離婚時の第3号被保険者期間の厚生年金の分割制度」では、平成20年4月1日以降の第3号被保険者期間について、当事者の一方からの請求により厚生年金の保険料納付記録の50%を自動的に分割できるようになりました。

 ※ 妻が夫から分割を受けても、自分が年金を受けられる年齢になるまではもらえません。また、妻も最低25年以上国民年金の加入期間を満たしていなければ、せっかく分割の決定を受けてももらえないので、自分の加入期間をチェックしてください。

 

 

「厚生年金」早わかりのページのTOPへ戻る

 

離婚時の厚生年金の分割制度

ブログネタ
年金はむずかしい? に参加中!

平成19年4月1日より、「離婚時の厚生年金の分割制度」がスタートした。

◆分割の仕組み

婚姻期間中の夫婦双方の厚生年金の保険料納付記録の合計を、離婚した場合に限り、その当事者間で分割することが認められ、平成19年4月1日に成立した離婚が対象になる。離婚の成立が平成19年4月1日以降であれば、この前の保険料納付記録も分割の対象にすることができる。

◆分割の請求

分割の請求は、当事者間で協議し、分割割合について合意した上で、社会保険事務所にする。もし、合意にいたらない場合には、どちらか一方の求めによって、裁判所が分割割合定めることができる。分割割合の上限は50%婚姻期間中の厚生年金の保険料納付記録の夫婦の合計のうち、分割を受けるほうの分割後の持ち分の割合)。

◆分割の効果

分割を受けることになった場合、その効果は、報酬比例部分に限られる。保険料納付記録の分割を受けた方は、自身の厚生年金の受給資格(老齢、障害等)に応じて、増えた保険料納付記録をもとに計算された年金を受給することになるが、老齢厚生年金の場合、自身が老齢に達するまでは支給されない。なお、原則として、分割された保険料納付記録は年金額算定の基礎とされるが、受給資格期間等には算入されない。また、もし分割を行った元夫(妻)が亡くなっても、年金の受給には影響はない。

 

 

「厚生年金」早わかりのページのTOPへ戻る

 

離婚時の厚生年金分割

ブログネタ
年金はむずかしい? に参加中!

離婚時に厚生年金を分ける年金分割制度。

例えば、妻が専業主婦(第3号被保険者)の場合、夫の厚生年金の最大半分を離婚後の妻が生涯受けられる制度だ。

分けられる対象となる年金は、あくまで夫の厚生年金部分だ。夫の国民年金は含まれない。また、その厚生年金部分が自動的に半分もらえるわけではない。2008年3月以前の期間に相当する年金部分は、話し合いで最大半分もらえるのだ。そして2008年4月以降の分については、夫婦の同意が不要で自動的に2分割される。共働きの場合は、この分(4月以降の分)も話し合いとなる。

さらに、婚姻期間中に保険料を払った分だけが分割の対象になる。単純に夫の年金の半分がもらえるものと勘違いしないことだ。

年金分割には様々なケースがあり、思わぬ落とし穴があるから、社会保険事務所で十分聞いておくことだ。

国民年金 → こちら

 

共済年金 → こちら

 

年金?わけがわからない → こちら

 

「年金記録」については → こちら

 

 

「厚生年金」早わかりのページのTOPへ戻る

 

最新記事