2012年11月06日

銀座 柳画廊

偶然
図書館で目に留まった本が
野呂洋子さんが御書きになった『画廊経営』という本でした。
経営書というより 
美術に対する考え方に惹かれて一気に読んでしまった感じです。
 
銀座に行ったら『柳画廊』へ行ってみたいと思っていました。 
『日動画廊』 で 場所を教えて頂きました。

入ると社員の方が 展示を変えている所でした。
幸運な事に社長様が店内にいらして
私が奥様の本を読んで伺ったとお話しましたら
奥から わざわざ来て下さいました。

初めて突然お伺いしたにも関わらず
お二人にお会いでき
椅子に掛けて ゆっくりお話しさせて頂けるとは 
思ってもみない事でした。
本や ブログに書いていらっしゃる通り
美術について 熱く語って下さいました。

社長様は頭脳明晰な銀座の紳士。
奥様は情熱的で輝いている方でした。
お二人とも憧れてしまう様な素敵な方でした。

これからの教育には美術や音楽などの
情操教育が大変大事だと語っておられました。
私も同感です。

当館の文化財建物は
美術を集結したものだと 今回工事で知る事ができました。
なぜなら ひとつひとつが手作りだと分かったからです。
この建物を通して
地域や多くの方々に 美術や音楽などの芸術を発信し
教育に繋げる事ができたなら素晴らしいと思いました。
今回成田 大野屋で実施される
『アート博覧会』がそのような形になれると嬉しいです!


野呂夫妻にすっかり感化されてしまったようです。

お忙しいところ
素晴らしい機会を与えて頂きまして ありがとうございました。
感謝申し上げます。
085





oonoya371 at 00:43│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字