建設業許可が得意な行政書士の大野です!!

現在、監理技術者については、監理技術者資格者証及び監理技術者講習の制度がありますが、主任技術者にはこのような仕組みがありません。しかしながら、近いうちに、主任技術者の登録制度が創設されそうです。

国土交通省は、悪質な不正行為を行った技術者に対し処分規定を設けることを検討しており、主任技術者の登録制度を設けることで、「登録取消」という形で処分を与えることが可能になります。

主任技術者の登録制度ができれば、現場で行われる実務経験の要件確認や、建設業許可・経営事項審査の申請の際の技術職員名簿の審査などの負担が軽減されることが期待されます。

監理技術者と同様に5年程度の更新制が導入される予定です。






建設業許可なら行政書士法人名南経営へ!
cropped-head


「許認可申請業務」と「相続・遺言関連業務」なら
行政書士法人名南経営にお任せください。
head1
 
contact