国土交通省は、建設工事の下請けに対する主任技術者の配置義務を緩和する方向で検討に入ったようです。

現在は、元請・下請に関わらず、建設業者が(建設業許可業者)が、工事を施工する場合には、主任技術者の配置が義務付けられています。

改正案は、「同じ業種の専門工事の中で、上位の元請が主任技術者を配置すれば、下位の下請における主任技術者の配置義務を例外的に緩和する」というものです。

例えば、元請が電気工事の主任技術者を配置した場合、電気工事を請け負った下請は主任技術者を配置する必要はありません。当該元請から電気通信工事を請け負った下請けは主任技術者を配置する必要があります。

まだ検討段階ですので、どうなるかわかりませんが、情報が入り次第お伝えいたします。






建設業許可なら行政書士法人名南経営へ!
cropped-head


「許認可申請業務」と「相続・遺言関連業務」なら
行政書士法人名南経営にお任せください。
head1
 
contact