国土交通省中部地方整備局建設業法令遵守推進本部は、
平成30年6月~8月に行った立入検査の実施状況を公表しました。

公表内容はこちら
→http://www.cbr.mlit.go.jp/kisya/2018/09/0915.pdf

中部地整管内の大臣許可業者19社に対し、事務所での立入
検査を実施し、改善を要すべき事項が確認された11社に対して、
改善を求める勧告が実施されたようです。

主な勧告内容としては、契約書の不備や契約書面の不作成、
下請代金の支払遅延等の是正を求めるものとのこと。

具体的な項目に対する勧告件数は、以下の通りです。

・下請代金の見積書の受領関係 5社
・下請代金の期日内での支払い関係 5社
・追加・変更契約の書面締結関係 3社
・下請契約の書面締結関係 3社
・営業所専任技術者の配置関係 1社

弊社にも、勧告書に対する改善報告のご相談や、役職員への
研修のご依頼がきております。

もし、勧告を受けてしまい、是正に向けて相談をしたいという
事業者様がお見えになりましたら、お気軽にお問い合わせください。